FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2020.05
22

TB:0
04:10
Category : GPZ900R
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



ヤフーストアの閉店に伴いにえガレのフリマに移行しました。

《関連記事》
ヤフーストアの閉店に伴うにえガレの対応

A.S.H.やRZ用スライドメタルなどをお求めの方は、ぜひご利用くださいm(u_u)m





900Rのフォークオイル粘度の変更
フォークオイルの交換ついでに900Rのステムにグリスアップ&ストッパーの加工

先日、フォークオイル粘度の変更と、ステムの整備を行いました。

大変好ましい特性になったのですが、フロントブレーキをかけると停止直前にジャダーが発生するので、ステムのスロッテッドナットを1度増し締めしました。

その翌週。

あの乗り味を楽しめるのかぁ~とルンルン気分で朝練に。

ってあれれ???

一発目の交差点で違和感。舵角のつきが違う…。

動的なフロントの高さも気になります。リアのプリロードを若干かけて前後のバランスをとってみたものの、まるでダメ。
根本的に何かがおかしい。

スロッテッドナットを増し締めしたから???
いやいや、たったあれだけのことで、ここまでハンドリングは悪化しない。

ヒントを探らないといけないから200キロほど走りました。

結論、原因は#73と#58を混合したフォークオイルです。

先日の記事でも書いた通り、#73は明らかにドロっとしていますのでメインで使うものではありません。
PDバルブの調整限界を超えたので仕方なく混ぜたわけですが…。

こないだ絶好調だったのは気温が高かったせいでしょう。
調子の悪さを感じた日は、肌寒いくらいでした。その差は約10度。


外気温の影響は少なからず出るものですが、ここまでひどいとは…。

この日の200キロの走行は「拷問」でした。腕はパンパン。下半身もこわばってバキバキです。

そのままベッドに倒れこみたい気分でしたが、さっさと対処してしまいましょう。

フォークオイルを変更します。#73は使うけど50mlに減らしました。

20011213.jpg


ステムも分解して鋼球も新しいものに交換です。

20011214.jpg


市街地レベルの試運転ではネガはなし。ふぅ。




この日は散々でした。チェーンブロックをつるしているパイプがめげました。
フロントを外そうとした瞬間だったので、何とか持ちこたえましたが、危うく900Rを倒してしまうところでした。

20011212.jpg


何かの調子に座屈しちゃったんでしょうね。

座屈が始まると、そこに一気に応力が集中するのであっけなくこうなります…。

20011217.jpg


やれやれ。



☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 作業依頼受け付けております(^-^)/
 お気軽にお問い合わせ ください。
 ~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
2020.05
15

TB:0
04:07
Category : GPZ900R
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



ヤフーストアの閉店に伴いにえガレのフリマに移行しました。

《関連記事》
ヤフーストアの閉店に伴うにえガレの対応

A.S.H.やRZ用スライドメタルなどをお求めの方は、ぜひご利用くださいm(u_u)m





私の900RはA6でAVDSという機能がフロントフォークについています。
機能は殺していますが複雑な経路は残ったままです。フォークオイルを交換する際、エアを抜くのに少々時間がかかります。

900Rのフォークオイル交換の待ち時間を使って、ガタが出始めたステムのグリスアップをやってしまいましょう。

加えて、分厚いラジエターに交換したらラジエターのメッシュステーの固定部とステムが干渉するようになった件の対策も講じておきましょう。


上側からチェーンブロック、下側にはスタンドを設置し車体を保持します。どちらか一方では不安なので!

20011135.jpg


部分的に塗装をはぎ、濡れウェスで養生したのち、溶接でストッパーに肉を盛ります。

20011114.jpg

20011116.jpg


ハンドルロックが使える限界まで肉を盛りたいので何度も確認しながら作業を進めます。

20011117.jpg


こんなもんかな。ステム側とフレーム側のストッパーが点で当たっていますが、まぁいいでしょう。

20011118.jpg


対策は講じたもののギリギリです…。
ハンドルロック部分を削ってやれば、もっと肉を盛れますが、切れ角が犠牲になります。これでヨシとしましょう。

20011119.jpg





急に作業したのでステムの鋼球は再利用します。

20011120.jpg


見た目は分かりませんが、鋼球は消耗品です。
(新品のデータと比較しているので間違いありません…)

20011121.jpg


今までのデータと比較すると消耗がはやい。そもそも5000キロでガタがで始めてる時点で異常だよなぁ。

グリースが原因かも。どうもシ〇コ〇ンのグリースは劣化がはやいような気がします。
2年ほどお試しで使ってきたけど、これまでのグリース(OMEGA)に戻そうと思います。

私が使っているのは青の57と赤の88です。今回は青でいきますか。

20011126.jpg


テーパーローラーにグリースを塗るのは結構大変です。
転動面はアンダーブラケットとフレーム側だけではありませんので、上からべたべた塗るだけでは用をなしません。

内部までしっかり押し込む必要があります。私はピックツールで示したすき間からしつこく押し込むようにしています。
真剣にやると20分くらいかかります。やっぱりテーパーローラーきらいだ…。

20011127.jpg


スロッテッドナットを締め付ける際のツールは「軍手」です。ステム整備の基本は手締めです!

20011128.jpg


手締めで締め付け可能なポイントにマークをいれます。ここから何度締め付けるか?をデータ化することで再現性を担保しています。

20011129.jpg


ステム調整は、例えばマーカーのライン1本分の違いで特性が変化するほどにシビアです。
最初からトルクのかかるツールで締め付けると管理などできるわけもないのです。

メーカーによっては締め付けトルクで管理するようマニュアルに書いているところもあります。
経験上、トルクレンチでの管理で「最適」を狙うのは「無理」です。

調整完了です。鋼球を再利用したので実走後に再調整が必要かもしれません。

20011137.jpg


最後にトップナットを自分で決めた規定値で締め付けます。ここはそこそこトルクが高いのでトルクによる管理でも再現性があります。

20011130.jpg


ステムの整備スパンは持って8000キロです。
使用しているベアリングなどによって多少前後はありますが。

グリースも劣化しますので、走行距離がさほどであっても2年から3年スパンで整備したいところです。



☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 作業依頼受け付けております(^-^)/
 お気軽にお問い合わせ ください。
 ~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
2020.05
14

TB:0
04:01
Category : GPZ900R
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



ヤフーストアの閉店に伴いにえガレのフリマに移行しました。

《関連記事》
ヤフーストアの閉店に伴うにえガレの対応

A.S.H.やRZ用スライドメタルなどをお求めの方は、ぜひご利用くださいm(u_u)m





セッティングが進むにつれ、フロントフォークの圧側のダンピング不足を感じるようになってきました。

フォークオイルも劣化してきたので交換しましょう。

ご覧の通り、かなりの汚れです。

20011112.jpg

20011113.jpg


ダンピング不足はフォークオイルの劣化だけでもないので、PDバルブで調整したいところです。

が、減衰調整用のスプリングのプリロード量が、標準「2回転」に対し6回転…。
このスプリングの調整限界を超えていると思います。

ここまでくるとプリロードではなくスプリングレートの変更で対処すべきでしょう。ワンオフするしかないですねー。

20011123.jpg


過去のデータも踏まえて設計したいので、当座はフォークオイルの粘度変更でお茶を濁します。

今までA.S.H.の#58を使っていましたが、#58と#73をブレンドして使います。

20011125.jpg


お茶を濁すと表現したのは、#73は使いたくないのが本音だからです。

A.S.H.のフォークオイルの美点は、しっかりダンピング特性と流動性の高さがバランスしているところにあります。
(一般的なフォークオイルはダンピングを利かせようと粘度をあげると動作が悪くなるものがが、A.S.H.は動作性が高くダンピングもしっかり効く)

#73は、#33~#58と比較すると、あきらかにドロっとしていますので、A.S.H.の美点を活かすことができません。
あくまで#73はブレンド前提の味付け用で、メインで使うべきではないということです。

また味付け用とはいえ、ドロっとしたオイルを混ぜて使うのではなく、#40や#58で対応できるよう、主たる減衰機構≒PDバルブで調整するべきです。

くわえて、ブレンドで欲しい特性を得るのって、結構難しいんですよね…。
例えば1:1で混ぜると中間粘度になるのか?というとそうではないので、トライアンドエラーするしかないからです。

今回、ブレンド比率は、ブレンドオイルを入れたフォークを押し引きしながら仮決めしました。
ひとまず#73:#58=2:1にしました。あとは実走で確認ですね。




パーツクリーナーでは汚れや古い油膜を落としきれませんので、部品は洗い油でしっかり洗浄します。

スラストベアリングやPDバルブは新油に浸し、しっかりオイルを行き渡らせます。

20011131.jpg


ワンオフスプリングの状態も良好です。テカリや目立った消耗は皆無です。

20011132.jpg


プリロード調整用のカラーの径がやや小さいので、アダプターを入れています。
こういう小さな積み重ねが効いてきますので、手は抜けません。

20011133.jpg





フォークオイルを軽視されている方が多いと感じます。

走行中のフォークは常に上下動を繰り返しています。劣化したオイルでは部品の消耗を食い止めることはできません。
あの少量のオイルで潤滑を担っているので、無交換などあり得ませんし、いつ交換したのか分からないなんてのは論外です。

意外としられていませんが、触れないほどに高温にもなります。相当劣悪な環境ということです。

交換を怠るとアウターチューブの消耗が激しく進みます。スライドメタルを交換すればよいというものでもないのです。
アウターチューブは、比較的早期に「販売終了」になりますからね。

今以上に劣化や消耗させないよう最大限の努力をおこなうべきかと。オイル交換と同時期交換で好い加減だと思いますよ。



☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 作業依頼受け付けております(^-^)/
 お気軽にお問い合わせ ください。
 ~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
2020.04
10

TB:0
04:05
Category : GPZ900R
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



ヤフーストアの閉店に伴いにえガレのフリマに移行しました。

《関連記事》
ヤフーストアの閉店に伴うにえガレの対応

A.S.H.やRZ用スライドメタルなどをお求めの方は、ぜひご利用くださいm(u_u)m





コアの分厚い社外品のラジエターに交換します。


オイルクーラーを撤去したので、不要なステーを加工します。

20010859.jpg


残留応力でどっちに飛ぶか分からないので、こういうときは手のこを使います。
ほらね。カットしたのにすき間がないでしょ。あるところから切断抵抗が変わり、サンダーを取られることがあります。

20010858.jpg


ついでなので他の不要な部分もカットします。

20010860.jpg

20010871.jpg


ペンキで塗装します。そろそろ仕様も固まってきたので、パウダーコートでもしようかなぁ。

20010861.jpg



ラジエターを装着していきます。

20010864.jpg


全然厚みが違います。こりゃ期待できますねぇ。
塗膜がびっくりするほど弱いので慎重に作業していきましょう!

20010865.jpg



試しにタップを通してみたらめっちゃ固い。

20010866.jpg


うげぇ。穴位置がズレまくっています。他にも穴が合わないところが…というかほぼすべてのステーの穴位置がズレていました。
治具がおかしいんでしょうね。ま、社外品なんてこんなもんだと思った方がいいですね。

20010867.jpg



900Rに限った話ではありませんが、水冷のカウル付きバイクのステーは装着しづらいものが多いですね。
紐や養生テープを駆使して、傷がつかないように取り付けていきます。

20010872.jpg

20010873.jpg


穴位置のズレもさることながら、やっかいなのがこちら。
ガードのステーがステムに当たるのです。ハンドルロックに支障はないんですけどね…。

20010874.jpg


ボルトをインシュロックに交換し「あたりを柔らかく」することで様子をみます。

20010875.jpg


こういうところを適当に処理すると、最初は問題なくても疲労でクラックが入ったりしますからね。
ステムをメンテするときにハンドルストッパーに加工しようと思います。

あと3000キロくらいでメンテ時期になるはずです。それくらいは持つでしょう。


ちなみにカウルもカットしないといけません。養生テープを剥がしたら、塗装が…。

20010876.jpg


ラジエター液をいれたら完成。エア抜きはまだですけどね。

ようやく走らせる準備ができました。

20010878.jpg


エンジンをかけてみたらキャブのセッティングが大幅に狂っていました。SANSEIのマフラーの抜けが相当よいことが影響していると思います。走らせたいけど、もうすこし指が回復してくれないと無理臭い…。



☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 作業依頼受け付けております(^-^)/
 お気軽にお問い合わせ ください。
 ~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
2020.04
05

TB:0
04:05
Category : GPZ900R
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



ヤフーストアの閉店に伴いにえガレのフリマに移行しました。

《関連記事》
ヤフーストアの閉店に伴うにえガレの対応

A.S.H.やRZ用スライドメタルなどをお求めの方は、ぜひご利用くださいm(u_u)m





タンデムステップを移設し、リアサスのリザーブタンクの位置も決まりました。

ようやくマフラーステーの製作に着手できます。
実はこれらの一連の作業は3月上旬に終わっていまして…記事を書くのに1か月かかりました。

正直、作り物の記事を書くのは面倒なんですよ…。その点、TZR125は基礎作業フェーズなので記事を書くのが比較的楽です。
なので、ついTZR125の記事を優先してしまうんですねぇf(-_-;

さて作業開始です。リザーブタンクなどの位置を先に決めた理由は「サイレンサーを極限まで車体側に追い込みたかった」からです。

極小クリアランスまで攻めます。スレスレ狙い!

20010841.jpg


サイレンサーをセットするとこうなります。

20010843.jpg


横から見るとこんな感じ。これでも横に張り出ている気がしてしまうんだなぁ。
サイレンサーを左にグッとねじりたいところですが…ま、ここらで妥協しましょう。

20010844.jpg


ちなみにKERKERサイレンサーだとこうなります。こっちメインで行きたいけど音量がねぇ。

20010845.jpg



ステーはパイプで作りました。

20010852.jpg


仕様を解説していきます。まずサイレンサー側はパイプ材にナットを溶接しました。ボルト&ナット締結は嫌いなので。

20010854.jpg


車体側のステー(プレート)の裏側に小さな穴がふたつあります。
ひとつは溶接時のガス抜き用で、もうひとつは回り止めです。

20010853.jpg


1本のボルトで締め付けるとボルトが緩みやすくなります。基本は2か所固定、無理なら回り止めを行ったうえで1か所固定とすべきです。本当は2か所で止めたかったんですけど、ステッププレートの表面がフラットじゃないので、後者を選択した次第です。

ステッププレートに回り止めを作ります。ねじ山を作ってイモネジを挿入します。

20010856.jpg


で、イモネジがこの穴にはまるわけです。

20010857.jpg





塗装したうえで、車体に装着。塗装はいつものペンキです。

20010856.jpg


ステッププレートもペンキでタッチアップしました。フラットベースをいれて調整したウレタン塗装を施した部分と艶が全然違います。
鋳物感を出すため、あえて粗っぽく仕上げているんで余計に目立ちます。仕様が決まったらリペイントかなぁ。

20010855.jpg


サイレンサーのバンドは市販品を使いました。今まであんまり使ってこなかったから知らなかったけど、この手の商品って結構高いんですね。

黒がいいなと思ったら、ちょうどいいのがありました。

20010868.jpg



でもさぁ、これってすき間ができる前提の商品だよね。付属のナットはセルフロックナットだし。
ガチっとボルト締結できないのは許せないからカラーを作りました。規定トルクでガチっと締結!

20010870.jpg


完成! どこもかしこもギリギリクリアランスです。振動したら接触するかも…ですが、したらしたで後で考えます。

20010869.jpg


バンドが綺麗すぎる(笑)

あーしんどかった。お疲れさま、俺!



☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 作業依頼受け付けております(^-^)/
 お気軽にお問い合わせ ください。
 ~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑