FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2017.09
15

TB:0
04:02
Category : セローにFCR
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



ASウオタニ製 ASウオタニ SPII ハイパワーコイルキャンペーン中です♪

詳細はコチラ!



セラミックスエアー装置 エア・グーを導入しました♪

詳細はコチラ!





ねじ部がめげてしまったので、新しいバンドを手配しました。

17085567.jpg

17085568.jpg



お?カラーがついてますねぇ!

作ろうと思ってたので、手間が省けました!


と思って付け替えたら、カラーが短すぎて遊んでいます。意味ねぇ(ノ-_-)ノ ~┻━┻

FCRも純正キャブも径は同じです。これでよいとは思えないんですが…。




旋盤でカラーを削りだします。

現合でいきます。12.95mm。うーん、緩い感じです。

17085569.jpg




もう少し削りましょう。

12.62mm。キャブを抜こうと思えば引き抜けるけど、これ以上締め付ける意味はありません。

17085570.jpg



二次エアを吸わず、キャブが落ちなければOKです。
KZ1000用に手配したインシュレーターが届いたから、同じものを作っておこーっとヽ( ̄▽ ̄)ノ



☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 作業依頼受け付けております(^-^)/
 お気軽にお問い合わせ ください。
 ~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
2017.09
14

TB:0
04:02
Category : セロー225
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



ASウオタニ製 ASウオタニ SPII ハイパワーコイルキャンペーン中です♪

詳細はコチラ!



セラミックスエアー装置 エア・グーを導入しました♪

詳細はコチラ!





セローのタイヤ交換の時期です。
次は、ロードタイヤを履きます。

理由はいくつかありますが、最大の理由は林道を走る気が失せたこと。
最近の林道は、私のような林道初級者には敷居が高くなりすぎました。

GX750の車検は2月で切れるし、KZ1000はまだまだかかりそうです。となると高速を使ったツーリングに使うバイクはセローしかありません。

今まで履いていたGP21/22はよいレベルにあったんですけが、高速走行すると消しゴムのように減っていきます…。
GT601よりはマシだけどねっ!





銘柄の選定です。

I社は履いたことがあるし、D社ははなから却下。

ブリヂストンのBW201/BW202も考えました。
そういや、借りた車両に履かれていたのを試したことがあって、硬かった記憶があるのでこれも却下。
舗装路のグリップはよかったんですけどね。

MICHELINのSIRACか、SHINKOのE705にするかでかなり悩みましたが…結局E705に。


理由は「どんなものか予想がつかないから」ですヽ( ̄▽ ̄)ノ

SHINKOという企業を調べてみました。ゴムに関する事業を行っている日本の企業みたいですね。コア技術はあるとみた。
(生産国はKOREAです)






いつもお世話になっているタイヤ商さんよりも、某WEBショップの方が安いじゃないか。一抹の不安を感じつつ、ぽちっと。



納品されました。んん?パッケージのデザインが違うぞ。
そして、左側のパッケージは、どうみてもビンテージ加工されているではないか。

17085746.jpg




ぜーったいにおかしいと思って確認したら…。

やっぱり!2015年第二週生産でした。なんぼなんでもあかんやろぉ~。古すぎる~。

17085745.jpg





古いか新しいかの基準は人や組織によって差があるものだから、まず相手の認識や在庫管理の考えをたずねることにしました。

もし「これでOK。問題なし」といわれたら、それ以上突っ込まない前提
で、画像を添えて連絡しました。

事実関係の確認を目的とした、一方的なやりとりを経ると「4日後に交換品を送ります。返送時は簡易梱包をお願いします」とだけ書いたメールが届きました。


問いかけに対しては返答するつもりはないらしい。
まぁ、交換を認めたってことは「おかしい」と認識してるってことでいいのかな。


最近、こういう対応をするところが増えましたね。
今回は、交換する意思があるからマシだけど、明らかに不良品なのに、無視を決め込む業者も存在します。

その組織のポリシーですから、一義的にいいか悪いかを議論するのはナンセンスです。
見る目を養い、気に入らなければ二度と使わなければいいだけのこと。私はそのように思います。







ちなみに、うちはメール対応のみで、電話対応はお断りしています。

それをよしとしない方から「それでいいと思ってるのか」「柔軟性がない」とご指摘いただくことがあります。
先日は、facebookのメッセージでやりとりさせてほしいという要望がありましたが、これもお断りさせていただきました。


常時チェックが可能で、履歴が残ること…これが私が連絡手段に求める要件です。

送ったのに何時間以上経過している、といった苦情であったり、
言った言わない、そんなつもりじゃなかった…みたいなやりとりは不毛だからです。


「あとで絶対に文句いわないから、電話で」とおっしゃる方もいらっしゃいます。

ですが、費用、工数、納期が明るみになってみると「いや、さすがにこれは」と後になってもめることがあります。
頻発するってことではなく、ゼロではないレベルではあるものの、問題なく進められるかどうかなんてことは、所詮”結果論”です。事前には分かりません。


どこからがOKなのか線を引くことなどできようもありませんし、人によって対応を変えるというのは、平等ではありません。
なので、単純明快な「メール対応のみ」というポリシーを掲げています。

申し訳ございませんが、受容できない場合は、最初からお付き合いをお断りさせていただくしかありません。


逆に電話や対面しか受け付けないお店や業者さんもありますね。

それはそれでありだと思いますし、素晴らしい面もたくさんあると思います。

つまるところ、そこのポリシーですから。文句をぶつけるのではなく、「そういう前提」としてお付き合いすればよいだけのことではないかなぁと思います。






待つこと数日。一向に物がとどきません。

おっかしいなぁとメールをしたら、担当者から電話がかかってきました。

へぇ~、電話対応するんだぁ~!ちょっと新鮮。


どうやら「代わりに送るつもりだった現品をチェックしたら、同じ製造ロットだった」ので出荷をストップしたとのこと。
本来廃棄される予定のものが、まぎれてしまったそうです。


ヘタに誤魔化すのではなく、まずいところはまずいと明らかにしてくださるのは素晴らしい対応だと思いますっ!

新しいのを準備するのに1か月かかるので、お待ちいただけないか…とのこと。

心意気に感謝し、待たせてもらうことにしましょう!ヽ( ̄▽ ̄)ノ



☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 作業依頼受け付けております(^-^)/
 お気軽にお問い合わせ ください。
 ~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
2017.09
09

TB:0
04:01
Category : セロー225
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



ASウオタニ製 ASウオタニ SPII ハイパワーコイルキャンペーン中です♪

詳細はコチラ!



セラミックスエアー装置 エア・グーを導入しました♪

詳細はコチラ!





FCR33のセッティングも決まってきましたので、ひさしぶりに遠出することにしました。


前日にRZで走ったルートをトレースします。今までならセローで走ろうと思わなかったルートです。

ひさしぶりに高速道路を走るので、ETCをつけてきました。なんでタンクがないの??

IMG_4760i.jpg




ASをすこーし回したかったので…。
キャブ付近にスペースがないので、AS回すだけでもこんな姿にしないといけないんです。めんどくさー。

IMG_4759i.jpg




京都縦貫を使って、亀山を超えたあたりまでワープします。


PWK28では辛かった高速巡航も楽々こなします。
5,600rpm、スロットル開度1/4付近で巡航(速度90キロ)あたりでトコトコ走らせると抜群に気持ちいいです。


せっかくの高速走行なので、テストもやりました。

3速、4速なら10,500rpmまで常用可能でした。セローじゃないくらいに速い!

5速だと8,600rpmかな。
さすがに6速だと7,600rpmから7,800rpmが限度です。

現状、5速でブチ回した方が、最高速はうえです。
1/2開度から全開までのセッティングがさらに進めば、6速でももう少し上まで回せると思います。






京都縦貫を降り、R9からR477(ここの右折が分かりにくいんだよなー)を通って、日吉に抜け、R19メインで名田庄に向かいます。
最近、京北から美山へのルートはまったく使わなくなりました。かつては狂ったように走り回ってたんですけどね(笑)


海ぃ~。

IMG_4765i.jpg



砂浜を走りたい衝動にかられましたが、迷惑なのでやめておきます。

IMG_4767i.jpg




漁港は落ち着きます。海鮮を食べて帰りたいなぁと思うんですけど、8時にあいてるお店がないんだなぁー。

IMG_4768i.jpg




ん?違う…9時だ! 数度のキャブセッティングで時間を食い過ぎたようです。

いかーーん。能勢の産直で野菜を買う予定だったんだ。このままだと売り切れちゃう!


といいながら、遠回りしてしまい結局野菜は買えずじまい_| ̄|○


ま、新米は買えたからヨシとしよう(; ̄ェ ̄)


《備忘メモ》
 R477⇒R73⇒R372⇒R173⇒R54⇒R732⇒R423⇒R109使用

 ・R173 車はほとんどなし。爽快ではあるが単調
 ・R732とR372をR477でつなぐ方法はありか?
 ・R732をつかわず、R9からR423を一気に走り切るとどうか?






久しぶりに350キロ走っちゃいました。エアグーの威力は凄いですね。お尻がまったく痛くありません!


かなりぶん回しましたので、オイルを交換しておきます。

17085734.jpg




分解洗浄してから、フィルターに捕獲される金属粉の量がウンと少なくなりました。
セローに乗ってる方はよくご存じのとおり、フィルターの上側に結構たまりますよね。

17085735.jpg



オイルクーラーからもしっかり抜きます。

17085736.jpg



オイルクーラーと言えば、負荷をかけて相当ぶん回したにも関わらず、油温が120度を超えることは一度もありませんでした。
この日の外気温は35度くらいまであがりましたので、なかなか優秀だと思います。
(オイルクーラーがなかったら、130度越えは確実)


ところが…チェックボルトからオイルがあがってきません。またかぁー。

以前にも同じようなことがありました。

当時の記事です。

オイルが供給されない?!
再利用可能といわれるオイルフィルターにも使用限度があるy


凸になってる純正のフィルターカバーと違い、オイルクーラーのアダプターは面なので押える力が低いのかなぁ。
(グッとつぶれる感覚はあるんですけど)

あまり使ってないものですが、新しいものに取り換えます。これからは予備を持っておいた方がよさそうです。



☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 作業依頼受け付けております(^-^)/
 お気軽にお問い合わせ ください。
 ~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
2017.08
22

TB:0
04:05
Category : セローにFCR
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



ASウオタニ製 ASウオタニ SPII ハイパワーコイルキャンペーン中です♪

詳細はコチラ!



セラミックスエアー装置 エア・グーを導入しました♪

詳細はコチラ!





FCRの最初の記事に書いたとおり、しばらくは直キャブでいくつもりです。
(訳あってBOXは残しています)


直キャブのデメリットはエンジンの耐久性です。

これについては、「しょっちゅうOHすればよい」で解決できます(笑)


ですが、出先でエンジンブローされちゃうのは嫌ですから、オフロード走行はあきらめざるを得ません。


まぁ、走らないからいいといえば、いいんですが、装着できるもんならつけたいなぁとも思います。

そのためには、いくつかの問題をクリアーしなければなりません。





FCRのインレットは、こんな形をしています。
このままだとフィルターの取付けができません。

17014720.jpg



よく使わるのが、カワサキの純正部品です。
純正でFCRが装着されていた車両の部品番号で手配すればOKです。

私が使っているスモールボディの場合、ZXR400R用に手配できます。
(ラージボディは、ZXR750R)


部品番号は、Oリングが92055-1471で、アダプターが14073-1437です。

17014808.jpg




アダプターを取り付けてみました。
(FCRキットに)付属のボルトのワッシャ部分が干渉します。

17014830.jpg



このボルト、ワッシャ一体なんです。キャブ周りなので「余計な部品」は少ない方がいいですから、すばらしい配慮だと思います。
しかも、ワッシャはテーパースプリング式です。カネかかってます!


ということで、加工して使っちゃいましょう。ベルトサンダーでちまちま削ります。

17014831.jpg



完璧ですっ。

17014832.jpg




ですがねぇ、このアダプター、スロー系統のエア導入部を設けているせいで、オーバルになっています。



汎用フィルターのバンドを緩く締めるとオーバルになじまないし、きつく締めると(しばらくすると)ポロンと外れてしまいます。


設置スペースが小さいので、サスと干渉するしなぁ~。

17014867.jpg




…で、現在にいたる。


汎用フィルターは設置スペースが足りないし、FCR33のパフォーマンスを味わってしまった以上、純正のBOXを使うのも嫌です。
ファンネルにかぶせるタイプだと、スロー系統がむき出しのままだしー。

17014876.jpg



うーん。

このアダプターが使われている車両(ZXR400R)のダクトを試しに買ってみようかなぁ。何かのヒントになるかも…。



☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 作業依頼受け付けております(^-^)/
 お気軽にお問い合わせ ください。
 ~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
2017.08
19

TB:0
04:02
Category : セローにFCR
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



ASウオタニ製 ASウオタニ SPII ハイパワーコイルキャンペーン中です♪

詳細はコチラ!



セラミックスエアー装置 エア・グーを導入しました♪

詳細はコチラ!





大雑把にジェットニードルの仮選定を行ったうえで、スロー系統の調整に移りました。


相当な時間を費やし、それなりのレベルに仕上がりました。ようやく外していたファンネルを装着できます。
(FCRはファンネルを装着したままでASの調整ができません)

17015523.jpg



セッティング作業中って、調子をみることに意識が集中してしまいがち。
間違いなくリスクが高い状態ですから、胸部プロテクターは欠かせません。が、暑い…。


セローはスペースがないので、PSの調整ひとつとっても、キャブを外さないといけません。
くそ暑い中、作業場→走る→作業場→走る…をひたすら繰り返します。こうなると忍耐でしかないヽ(;▽;)ノ



これでラストトライだ!と思った矢先、インシュレーターバンドがねじ切れました。
純正キャブ時代から含めると、何十回と着脱を繰り返してきたので、仕方ありません。

17015527.jpg



どうしても翌日走っておきたかったので応急処置です。M4→M5に拡大しました。
(新しいバンドは手配しました)

17015528.jpg




外しっぱなしだったサイドカバーを装着。

17015530.jpg



こんなボロっちぃバイクにFCRが装着されているなんて想像つかないよね~。にしし…。

17015531.jpg








4:30に起床。近頃お気に入りの能勢方面を目指します。

日曜だったこともあり、多くのライダーに遭遇したのですが、ボロぃセローで走っていると、バカにされちゃうんだよなぁ。

チェーンのプレートが真っ白になるくらいルブを吹き付けていたり、交差点でお尻ズラしたりする輩が多いですね。

ペースを落としてやり過ごそうと思ったのですが、やたらと絡んできます(; ̄ェ ̄)

目の前をちょろちょろ走られるのは面倒極まりないので、加速してやり過ごすことにしました。


前方がクリアーになったぞっとスロットルをワイドオープンすると、フロントの接地感が抜けていきます。

うひゃひゃひゃ~



…そのままのペースで走っていたら、あっという間にワインディングに到着しました(笑)

セッティングにはアップダウンの激しいワインディングが最適だったりします。

平たん路で問題ないと思っても、負荷をかけると違った側面がみえますから。特に小さな排気量だと顕著です。




「流すペースで」もっとも多用する「1/4開度」付近を入念にセッティングしてきました。

まずは、そこを中心にテスト開始です。



… すごっ!!!(+_+)


高めのギアでもグッとトラクションがかかるじゃないですか!

今までだったら立ち上がりのことを考えシフトダウンしていたのに!

「ギアが高い→ギクシャクしづらい→早い段階でスロットルを開けやすい」わけで、めっちゃくちゃ楽です!


低目のギアで回さなくていいから気忙しさがありません。

ならばと、高めのギアに放り込んで、シフト操作をウンと減らしてみました。


駆動感がけた違いにあがっているのが分かります。

STDやPWKとはけた違いの気持ちよさですヽ( ̄▽ ̄)ノ


今まで「トゥルルル」だったのが、「トットットッ」ときっちりと蹴りだしてくれます。


排圧のかかり具合が実にいい!
(NGCのマフラーも効いてると思う!)


鼓動感といってもいいかなぁ…いや、やっぱり駆動感ですね。

「ライトチューンのSR」みたいといえばわかるかな?


まるで排気量があがったかのような印象です。



楽しすぎて、あっという間に休憩ポイントに到着してしまった(笑)

IMG_4696i.jpg



ここでふと気づく。手がしびれてないじゃないか!

手に伝わってくるものが確実に存在するのに、手がしびれないって不思議な感覚です。






テストしなきゃいけないことをすっかり忘れてました。

気を取り直して、様々な開け方をしてみます。

しっかりやっただけあって、スロットル開度1/4のセッティングはばっちりです。

ところが1/2まで開けていくと、回転が乱れます。巡航でも開けていく過程でも「1/2」は必ず乱れます。



クリップ段数か?と思いましたが、1/4から1/2にいたる過程はよい具合です。
MJもからめて詰めたので、クリップ段数ではないな。

燃料が足りていない感じなので、テーパー角をあげてみるかー。


手持ちじゃなかったので、別途手配です。あー、またジェットが増える~。





ツイッターにも書いたのですが、実はにえガレセローのベンチマークは「SR」だったりします。


排気量が絶望的に違いますが、近づけるべく色んなことに取り組んできました。

そして、一番よい仕事をしてくれたのが、NGCのエキパイでありマフラーです。

FCRは、NGCと同じか、それ以上の働きをしてくれています。
NGCの排気系がベースにあってのこと…なので、FCR単体だと、ここまでよくならないと思いますけどね。




装着する前は「セローじゃなくなったらどうしよう?」と不安があったのも事実です。

装着直後、まだセッティングがでていないときも、全開付近は「それなり」に走りました。モガモガモガ…どっかーん!みたいな特性です。

どっかーん!の領域は驚くほどパワフルで、どこに飛んでいくんだってくらいでした。一言で言うと「粗雑」。気持ちよさなど皆無です。


これしか知らない人は、扱いづらいって思うのも無理がないだろうなぁと思ったものです。

ですが、セッティングが進むにつれ、よい面がどんどんでてきて、いい方に大化けしました。



巷では「FCRよりPWK」みたいな記述をよく見かけます。
確かにトライアル風の走りにFCR は向いていないですね。

ですが「トレール車用途」で広く捉えると、パフォーマンスの差は歴然です。


口径にしてもそう。33は大きすぎる…なんてネガティブなことを言われがちです。
が、ちゃんとセッティングすれば「扱いづらい」なんてことはありません。


アイドリングだって安定しています。始動性も抜群です。
リーン後にパッとスロットルを当てたときの駆動のかかり方にいたっては絶妙としかいいようがありませんしね。


FCR28にしなくってよかった!と思います。33は決して大きすぎることはありません。

単気筒225って、4気筒の900ccと気筒あたりの排気量は同じですからね。
この記事 に関連記述あり)



ということで、元にもどす気はゼロ!です。

まだまだセッティングは完成していません。もっとよくなるはずですっ!



☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 作業依頼受け付けております(^-^)/
 お気軽にお問い合わせ ください。
 ~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑