FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2010.09
05
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ(クリックプリーズ!)
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



久しぶりに、うだうだの朝練に参加してきました。

今日は、愛車イジリに余念のない相棒を半ば無理矢理誘いました。
http://blogs.yahoo.co.jp/pu_pu_pu250r

セッティングがそこそこ出てきたみたいなので「乗せんかぃ!」ということです。




彼の愛車VF750Fです。私は彼の造るバイクが大好きです。
バツグンにカッコいいんですよね。

で、カッコだけかというとそうじゃない。アクセルワイヤーの遊びの程度や、レバーやハンドル角度などが実にシックリくるんです。
もちろん、彼好みに調整してあるので、私には合わない部分もあるけれど「一貫した」ものがあるんですね。

で、肝心のコンディションですが…。いやもぅ、リヤがエエ感じ!路面に吸い付いてます。リヤサスが路面を捉えて離れません。よくここまで仕上げたなっ!!すごいです。

ちなみに、このマシンのリヤサスはワンオフ品です。
ワンオフといってもショップに発注して作ってもらったわけではありません。

VF750Fのリヤサスは、結構特殊です。

ないなら作ってしまえ!と、某車種用のWPを、彼が加工し、2人で設計したワンオフのスプリングを組み合わせています。
ハードなスプリングになったので、スプリングに合わせてリバルビングしています。
かなり手間がかかっているんですね。

まぁ、手間をかけても所詮は素材に過ぎません。これをオーナーである相棒がセッセとセッティングし、現状に至るということです。

いやぁ~やられました。この後で自分のGX750に乗ったらイヤになってしまいました。トホホです。


さてさて。リヤ周りのセッティングがしっかり出てきたお陰で、ずっと抱えていたハンドリングの違和の原因らしきものがみえてきました。

症状としては、フロントの行き場が定まらない。ステアリングダンパーをつけたくなるような感じがします…。
もちろん、私らはそんなことはしません。根本的な原因を探ります。

で、2人で意見交換。これって、もしかして…?!

 ¶

このマシン、色んな車種のパーツを巧みに組み合わせてつくってあります。
シートパイプは○○用で、インナーが○△用で、アウターが…。まぁ、よくやるもんだといつも感心させられてます。

で、彼なりに考慮したオフセットのステムが装着されています。




もちろんポン付けなんてできないので、ステムシャフトを打ち換えてあります。


考えても結論がでないし、ちょっと調べてみましょうってことで、にえガレにピットイン。




まずはキャスター角。他、各部の寸法を計測して…。

サクサクっと作図。




CADの図面上で、トレールを計測してみると、

「90mm」でした。

ノーマルのVF750Fの諸元を調べてみました。
http://www.honda.co.jp/news/1982/2821210.html

キャスター角 28°10'で、トレールは96mm。

このマシンは、キャスター27°で、トレールが90mm。

トレールが、ちょっと足りない感じですね。
(ノーマルもえらく少ないんだなぁ…と感じましたが)

現状のオフセットから、-10mmにすると、トレールは102mmになります。一般的に適正といわれる数値やノーマルの数値と比べても「こんなもんじゃないの?」と感じます。

ステムを作ってしまおう!…か?



「各種オリジナルパーツ取り揃えております~」
http://blogs.yahoo.co.jp/nie_gare/folder/1023715.html

「RZ350用 520コンバートスプロケット by ISA」
http://blogs.yahoo.co.jp/nie_gare/26615577.html
http://blogs.yahoo.co.jp/nie_gare/24034873.html
http://blogs.yahoo.co.jp/nie_gare/26537284.html


ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↓↓↓
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ(クリックプリーズ!)


”Nie's garage”のHP
Nie's garage WORKSでは、作業も承っております!

パーツの製作、加工をはじめました。詳しくは、お問い合わせ下さい。

【問い合わせ方法】
ゲストブックに書き込むか、nie_gare@ybb.ne.jpまでメールを下さい
2010.06
21
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ(クリックプリーズ!)
↑↑↑ブログランキング再開しました。協力よろしく!↑↑↑



今日の夕食で、お勉め品の豆腐に、我が家の冷蔵庫で熟成を加えたものを食したところ、ちぃ~っと体が痒いではないか。
何らかのアレルギー症状みたいっぽい。ノドが腫れると厄介(呼吸困難になりますねん)なので…寝るのは、もう少しあとにしましょう。

ちなみに私は蕎麦アレルギーです。中学生の頃までは食べられたんですけどね…急にダメになりました。好きだっただけに悲しい限りです。他にアレルギーはないので、贅沢いっちゃいけないんだけどね。

それより、んんー。豆腐に蕎麦が入ってたのか??まさかねぇ~。

 ¶

A.S.H.のステッカーはないのか?と、時々お問い合わせをいただきます。

ちゃんとしたのもあるにはあるんですが、結構バカでかいんですよね~。とてもじゃないけどバイクには適当なサイズとはいえません。

代理店さんにお断りをいれた上で、バイクにも貼れるテキトーなサイズを作ってみました。




任意の大きさで製作可能です。ま、モノには限度がありますけど。


真横においてあったヘルメットに貼ってみました。




明らかにデカすぎです(笑)。しかも、微妙に傾いてます(汗)。適当にやっつけるとダメですな。ちゃんとマスキングテープで平行を出しておくんだったよ。。。


小さいやつをシールドホルダーに貼ってみました。




こちらは、いー感じです。あー。私に遭遇しても、両サイドを見比べてはダメですよ(笑)


それにしても私のヘルメットって、いつも虫だらけになります。現物は、画像でみるより酷いっす。

一緒に走ってる人は、ここまでじゃないんですよね~。なんでかなぁ?




ま、走るたびに本体は磨いて、シールドは洗ってるので構わんといえば構わんのですが…。


そういえば、「お勉め品」というのは、大阪限定なのかな?

値引きするのを「勉強しまっせぇ」というのと、語源?は同じかなぁ~と思ってるんですが、調べてみると「お勤め品」と表してるところもあったりします。

ま、どっちでもエエ話やけどね(笑)


さ、痒いのは引いてきたし、そろそろ寝るとすっかな。



「引き続き、GX750の購入希望者を募集中」
http://blogs.yahoo.co.jp/nie_gare/25581461.html


ブログランキング再開しました。協力よろしく!↓↓↓
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ(クリックプリーズ!)


”Nie's garage”のHP
Nie's garage WORKSでは、作業も承っております!

パーツの製作、加工をはじめました。詳しくは、お問い合わせ下さい。

【問い合わせ方法】
ゲストブックに書き込むか、nie_gare@ybb.ne.jpまでメールを下さい
2010.04
13
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ(クリックプリーズ!)
↑↑↑ブログランキング再開しました。協力よろしく!↑↑↑


GX750に装着していたレデューサーを、愛車であるトヨタ クラウンステーションワゴンに装着し、テストを行なっていました。
前回の記事はコレです。http://blogs.yahoo.co.jp/nie_gare/24768003.html

レデューサーとは、マエカワエンジニアリングさんで製造している減圧バルブのことです。
http://maekawaengineering.web.fc2.com/reducer.html

ブローバイの排出状況を確認した後、装着しています。
問題なく「排出口に装着したポリ袋が膨らんだ」ので、改めてレデューサーを装着しました。

その後、500キロほど走行。

先に断っておきます。2輪のエンジンで感じたほどの効果はありませんでした。
私の車は、直列6気筒 2500ccのガソリンエンジンです。今の時点で感じているのは『ツインリードタイプでは役不足』なのかな?ということです。

具体的な症状を列記すると「なんだ、レデューサーって効果ないんじゃん」なんて誤解を生じかねないので、あえて書かずにおきます。
ホンの少しだけ書いてみると、「エンジンブレーキの効き具合には、ほとんど変化がなかった」ということです。

このことからも、STD状態でそれなりの減圧がなされていることが伺えます。
私の愛車は14年前に新車で購入したものです。また、その時点で「最新のモデル」ではなく、随分と古い設計でした。
つまり…4輪の世界では、ウンと前から「減圧」が一般化されていたわけです。


さてさて。

じゃぁ、まったく効果がなかったのか?といわれるとそうではありません。

例えば高速巡航では、レデューサーの美点を感じ取れました。

・3000rpmを超えたあたりから、トルクが上乗せされる感じがする
・追い越し時のキックダウンの回数が軽減した(ただし、劇的ではない)

市街地では、若干ネガな要素を感じましたが、高速走行を含めたトータルな使用状況では優劣が付けづらく”更なる可能性”を感じました。


気にしていた(主たる狙いであった)燃費については、ほぼ同じルートを、同じ時間帯に走行し燃費を計測しました。結果、ばらつきの範疇かな?程度の違いしかでてきませんでした。
このままテストを継続してもよかったのですが…。

ちょっと気になる事があったので、テストを終了しました。










状態確認の為に分解したレデューサーです。油分が付着しているのが分かります。別段不思議なことではないのですが、問題はその量です。
私のケースでは、バルブを本体に吸い付かせてしまうに十分な油分が確認されています。

まぁ、こんな装着方法じゃダメっちゅーことです。




経路は、ヘッドカバーからレデューサーに導かれています。が、位置、角度ともに「オイルが溜まって当然」ですよね…。
これじゃいけません。

(車種は異なりますが)マエカワエンジニアリングさんでは、オイルセパレーターも開発・商品化されておられます。
http://maekawaengineering.blog84.fc2.com/blog-category-4.html

ユーザーの声を聞き、次なる開発に役立てておられる姿勢には、感服致します。
このほかにも、不具合が生じた例などを、堂々と公開されておられます。私も見習いたいなと思います。


おっと…やや、話しがそれました。

まとめますと、『私の選定ミス』といわざるを得ないのかな?ということです。
ツインタイプを選択せいではないか?と思うのです。より容量の大きなクアッドタイプなどでは、より効果が感じ取れると思いました。

また、今回はヘッドカバーから抜き、エアクリーナーとインテークマニホールド間にバイパスしましたが、より負圧の高い場所にバイパスさせたらどうなるのか?また複数装着したらどうなるのか…。
そんな可能性を強く感じました。ま、私の場合、予算的にギブアップですけど(笑)


まぁ、どんなパーツでも「ポンとつけて効果絶大!」なんてものは、そうそうあるものではないということです。
まして、「どこそこで良いと書いてあったので、使ってみたが、ダメだった。なんだいい加減だなぁ」なんて「他人任せ」な話しではないと思うのです。


今回、2輪で使っていたものを「4輪に装着してみたらどうなるんだろう?」なんて安直な発想からテストを開始したわけですが…。
その中から多くのことを得ることができました。

氾濫する情報をいかに読み取っていくか?時には手を汚し、自分で実践してこそ、その感性が磨かれていくと私は確信します。


この、よき機会を与えてくれ、種々のご助言をいただいたマエカワエンジニアリングさんに対し、この場をお借りしてお礼申し上げます。
今後とも、よりよき製品の開発にご尽力下さい。期待しております。



ブログランキング再開しました。協力よろしく!↓↓↓
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ(クリックプリーズ!)


”Nie's garage”のHP
Nie's garage WORKSでは、作業も承っております!

パーツの製作、加工をはじめました。詳しくは、お問い合わせ下さい。

【問い合わせ方法】
ゲストブックに書き込むか、nie_gare@ybb.ne.jpまでメールを下さい
2010.03
22
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ(クリックプリーズ!)
↑↑↑ブログランキング再開しました。協力よろしく!↑↑↑


カッティングマシンを導入しました…。

どうして「カスタム・チューニング」のカテゴリなの?って、そりゃ決まってます。
これも 立派なカスタムだからです(笑)

とりあえず、にえガレのロゴを作成してみました。




刃物のセッティングの見極めが難しく、まだ今ひとつの仕上がりです。が、遠めには「悪くない」です。
ま、だいたいのコツはつかめてきました。

ついでに白も製作して、GX750にベタベタと貼り付けてみました。




ちょっと左に寄りすぎた。




そもそもシートカウルが歪んでるし(笑)




なかなかシックリきます。



ブログランキング再開しました。協力よろしく!↓↓↓
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ(クリックプリーズ!)


”Nie's garage”のHP
Nie's garage WORKSでは、作業も承っております!

パーツの製作、加工をはじめました。詳しくは、お問い合わせ下さい。

【問い合わせ方法】
ゲストブックに書き込むか、nie_gare@ybb.ne.jpまでメールを下さい
2010.03
18
http://bike.blogmura.com/bike_customize/ にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ(クリックプリーズ!)
↑↑↑ブログランキング再開しました。協力よろしく!↑↑↑
---------
実は、今日の記事、あまり自信を持てない内容です…。
 
前回の記事:「車にレデューサーを装着」の続編です。
http://blogs.yahoo.co.jp/nie_gare/24734303.html
 
PCVバルブって何やねん!を改めて調べてみました。
 
「何となく分かっている」状態というのは、『分かっていない』のと同じなので、少々気持ち悪かったのですね。
 
PCVバルブは、極単純なワンウェイバルブの一種だと認識しています。
ところが、「減圧機能のみのバルブであり、減圧目的に売られている他の製品と同様の機能を持ってるんじゃないの?」と、どこかで”思い込んでいた”んですね。これが理解の妨げになっていたようです。
(単に品質レベルが違うだけだとも、思い込んでました…)

頭をニュートラルにして再度情報をチェックしてみることにしました。
 
私は、マエカワエンジニアリングさんのHP上にあった、PCV経路概略図を元に装着場所を検討しました。コレです。
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
これをみると、私がレデューサーを装着したホースは、
「エアクリーナーを通過したエアをエンジン内に導く経路」になっています。ここではAとします。
 
一方、エンジン内のPCVバルブからは、ブローバイが排出されます。
排出先は、サージタンクになっています。
 
サージタンクに生ずる負圧によって、PCVバルブを通じてブローバイガスは吸引されます。減圧バルブとして機能するわけです。
 
ところが、PCVバルブが装着されたシステムの面白いのところは、吸引されるだけ=エンジン内は負圧になる一方…ではないという点です。
先ほどAとした部分から、新気(図中ではフレッシュエア)を導入することで、『エンジン内を掃気』するんですねー。
”減圧という観点”からすれば、「意味ねぇ~」になるように思うのですが…。
 
 ¶
 
減圧という観点で、意味ねぇと感じるなら、
新気の導入を遮断(つまりAの経路を絶つ)することで、より減圧効果を高めることができるのではないか?と考えました。
 
ところが、PCVバルブには、面白い機能が備わっていることが分かりました。
 
<PCVバルブさんの動き/働き>
PCV内のバルブは、負圧でオープンになります。
ところが、このバルブは、スプリングにより、ストロークを制御されています。
(制御というほどのものではないかも知れんが…便宜上)
 
イメージ/機能としては、バルブのストロークが増える(負圧大)と、流量規制が掛かる構造のようです。
(私は、キャブのニードルを連想しました…)
 
つまり、急なスロットルオフなど、強力な負圧が発生する状況では「必要以上にエンジン内から吸い上げない」ようになっているわけです。
排出と吸入の量をうまく制御することで「やや負圧」の状態を保つように(トータルのシステムとして)設計されているようです。
 
 ¶
 
PCVバルブが装着されたシステムでは、エンジン内を「エアクリーナーを通過したキレイな」新気が駆け巡る構造になっています。
 
ここで、エアクリーナーを外すとどうなるか…。
バイクのエアクリーナーを外すのとは全く意味が違ったことが起こってしまいます。バイクだったら、吸気~燃焼室~排気の経路しか通らないけどねぇ~。
 
あーこわぁ~。って、脱線しちゃいましたね(汗)

ところで、何故に換気?掃気?なんてさせるんでしょうねぇ~。
 
確かにブローバイガスには、色んなモンが混じってます。
しかし、ガスがエンジンの中に”溜まる”ならまだしも、新気を放り込むまでの必要性はあるのかなぁ?の疑問を抱いてしまいます。
 
抜きすぎがダメなのは分からなくはありません。
シールされた部分から、外気や異物を吸い込むリスクが高まること、また、オイルに気泡が生じやすくなる「傾向」にはなるでしょう。

車両メーカーは、どのような管理をされるか分かったものではない多くの車両の状態確保をも考慮せねばならない立場であり、よりリスクの少ない方法を採用したのでしょうか…。
 
いや、これは言いすぎかな。

「適当(≒よい按配)な負圧状態」をキープするように設計されているのですから。
効果とリスクのバランスを「よく考えて設計されている」というべきかも知れません。

冒頭に、「PCVバルブは減圧目的で装着してるんじゃ?」と書きました。が、ある意味では正解ですが、別の意味では不正解といわざるを得ないということです。
PCVバルブは、これを活用したシステムの「一部」であり、全てではないということです。
 
 ¶
 
ともかく、PCVバルブの機能の”概要”は分かりました。
 
PCVバルブを装着したままでレデューサーを(Aの位置に)設置すると、とんでもないことになるということです。
 
レデューサーを装着する向きは、下の画像の赤の矢印です。
 

 
PCVにより キッチリと減圧されている状態(アイドリングなど負圧がさほど高くないとき)では、レデューサーが「閉じる」方向になります。
 
私がレデューサーを設置し、PCVバルブ経路を絶ったとき…。

実はこの症状が…。
 
「レデューサーが閉じたまま」だったんですねー。
 
ブラインドキャップは装着していたものの、ホースの接続部分などからリークしていたのかも知れません。
 
「あっちゃぁ~」な状態ですなぁ ゜゜・(>_<)・゜゜

ホース類を調達してきたので、今週末にもリトライの予定です。
今度は、各ホースに「ポリ袋」でもつけて、かかっているのが「正圧?or負圧?」を、しっかり見極めておきたいと思います。
 
 ¶
 
レデューサーを装着することで、
『メーカーが設計した適当(≒よい按配)な負圧状態をキープする仕組み』 を越えられるのでしょうか…。
 
 ¶
 
実はですねぇ、PCVバルブを使ったシステムが、現在「GX750用」に検討しているシステムのヒントになりそうなんですねー。
 
GX750+「ツインリードタイプ」のレデューサーは、ちょっぴりやりすぎかな?と感じているのです。
 
…元来、2スト乗りの私。過度のエンジンブレーキは大の苦手です。

そんな私ですらGX750(STD)のエンジンブレーキは、どこか好ましくも感じるのです。
だからといって「減圧量を規制」するのはツマラン。
 
ならば「管理」できないか?の視点で検討していきたいと思います。
 
---------
ブログランキング再開しました。協力よろしく!↓↓↓
http://bike.blogmura.com/bike_customize/ にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ(クリックプリーズ!)
---------
http://www.geocities.jp/nieyuki/index.html ”Nie's garage”のHP
http://www.geocities.jp/nieyuki/garage.htm Nie's garage WORKS]では、作業も承っております!
パーツの製作、加工をはじめました。詳しくは、お問い合わせ下さい。
【問い合わせ方法】
ゲストブックに書き込むか、nie_gare@ybb.ne.jpまでメールを下さい