RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2017.04
19

TB:0
04:15
Category : GX750(3W8)
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



初期型RZ250/RZ350用 スイングアームピポット ベアリング化キットをリリースします。現在、予約受付中です!

なーーーんと、13,800円なのに、13,8000円と誤植しておりました。ある方のご指摘で気がついた次第。ありがとうございます!m(_ _)m

詳細はコチラ!





時系列を無視して項目別に整理しているので、あれ?と思うことがあるかもしれません。ご容赦ください。


分解できるところまで分解しました。

17014635.jpg




ダンパー単体でストロークさせてみました。
ダンパー機能に然したる問題はなさそうです。むしろ「利き過ぎ」てるくらいです。


設定値を確認。一瞬「あれ?ノブが回らないぞ?!」と思ったら最強でした。
そんなにも伸び側ダンパーを効かせたら、直線ですら、まともに走れないんじゃないのかなぁ?


そういえば、車高調も目いっぱい伸ばされた状態でした。どんな乗り方してたんだろう???

17014594.jpg




まぁいいや。


とりあえず各部の手入れを進めましょう。

汚れが沢山出てきました。柔らかいブラシでしつこく洗浄したら、随分動きが軽くなりました。

17014637.jpg






イニシャルアジャスターやボディとスプリングの接触を防止する樹脂部品を外します。

17014657.jpg

17014658.jpg



別に外さなくてもよかったのですが…。実は、動作範囲を確認しようとグリグリ回していたら、アジャスターが効かなくなったのです。

あっけなく元に戻せたんですけど、あせりましたわー。

ちなみにアジャスターのダイヤルを「縮側」に回した状態で、グィッと押してこの状態にすればOKです。

17014655.jpg



単体で動作させてわかったのですが、スプリングのない状態でグリグリ回さない方がいいみたいですね。
外したついでに、内側も綺麗に磨いておきました。


なお、実際に使える範囲は4目盛りくらいのようです。

17014654.jpg



大まかには四角断面のクリップを入れ替えれば調整可能です。これは大昔のOHLINSと一緒ですね。
OHLINSもそうですが、社外品のサスは耐食性があまり高くないので、こまめにお掃除しないといけませんね。

17014656.jpg






別の要件もあったので、久しぶりにブラストを使いました。今の作業場を立ち上げてから使うのは初めてです。

ワークは、スプリングの受けです。手で磨いてみたんですが、どうも貧乏くさい仕上がりになってしまったからです。

17014649.jpg



なんか違うぞーな仕上がりになりました(苦笑)
ガラスビーズじゃないとまずいなぁー。

17014718.jpg




気を取り直して…。お次は錆びたスプリングのリペイントです。

17014667.jpg



ブラストを当ててみたけど、塗膜が硬く&分厚くって思うように剥がれてくれません。
塗膜のないところだけが削られていきます。こりゃいかん。方針変更です。

17014669.jpg




ダメ元で剥離剤を使ってみたら、あっという間にボロボロ剥がれてきました。拍子抜けだー。
この剥離剤、業務用の強烈なやつです。普通、肌に触れるとひりひりするらしいんですが、なぜか私は大丈夫だったりします(笑)

17014670.jpg




真鍮ブラシでごしごしこすったら、とーっても綺麗になりました。

17014671.jpg




まだ錆は残っていますので、さびとるやんに投入です。
(ペットボトルが入っているのは容量稼ぎのためです)

17014672.jpg




1時間ほどで綺麗になりました。温度をあげてやれば、あっちゅー間です。
ヒートガンで加温して、水気をとばします。

17014682.jpg




さびとるやんの廃液。錆のかけらが沢山あります。塗膜に隠れていて分からないだけで、実は結構錆びてるもんですねぇ。

17014684.jpg




一気に完成。塗り上がりましたー。
乾燥させるときって、どうしても塗料で引っ付いちゃいます。ラップを敷いておくと張り付きづらくなります。

17014701.jpg






ボディももう少し綺麗にしましょう。

17014685.jpg




ボロボロのステッカーを剥がします。
文字のあるところと、ないところでアルマイトの退色の程度が違うので「OHLINS」の文字が浮き上がってしまいます。
スコッチブライトでこすって目立たなくします。

17014687.jpg




新しいステッカーを張ります。OHLINS純正品です。

17014688.jpg




遠目でみれば、ほとんど傷は分かりませんっ。

17014715.jpg




☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 作業依頼受け付けております(^-^)/
 お気軽にお問い合わせ ください。
 ~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
2017.04
12

TB:0
04:03
Category : GX750(3W8)
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



価格と性能のバランスを高い次元で実現した黄色い缶の「A.S.H. VSE」をにえガレのストアのラインナップに加えました。

にえガレのストア





ロッドにある錆を修正します。

程度はそれほどでもありませんが、めっきのエッジがめくれあがってるのがやばいです。

17014644.jpg




それほど深くはなさそうです。

17014645.jpg



スクレーパーで大まかにエッジをこそげ落とし、オイルストンで均します。
ここまでの作業はペーパーではできません。最初に「スパッと削り落とす」ことが肝要です。

17014646.jpg



スクレーパーは超鋼一択です。セラミックだと欠けちゃうし、SUSだと役不足です。

17014648.jpg




ここからはペーパーの仕事です。オイルストンに巻きつけて、少しずつ番手をあげていきます。

17014647.jpg




ここで重要なのは該当部位だけを磨くのではなく「大きく広範囲」を磨くことと、番手のあげかたです。
#600⇒#1000みたいなあげかたではなく、#600⇒#800⇒#1000…といった具合に細かく刻んでいきます。
例えば#800で取り切れない傷は、#1000では取り切れないからです。

面倒ですが、結果的には綺麗に仕上がります。



健全部の”目”に近い感じになるように仕上げていきます。
鋭利でエッジがあったのが、随分丸みを帯びてきたのが分かると思います。

17014651.jpg




ルーペで拡大。うんうん、悪くないぞー。
(仕上げ目の状態も確認します)

17014650.jpg



まだ、錆びていない部分にやばそうなのを発見。これも磨いておきましょう。

17014653.jpg




ロッド全体を魂を込めて磨きこんだらできあがり。うっとりする出来ばえです。

17014652.jpg




所用時間は1.5~2時間くらいでしょうか。工賃に換算すると再めっきより高いですね(笑)






オイルシールに給脂しておきましょう。乾いた状態でいきなり動かすとシールがダメになるのが早くなります。

使用するのはSuperLubeの柔らかいタイプ。ねっとりしたタイプの方が持ちがいいんですが、分解して塗布するわけじゃないので。

17014659.jpg



塗布したらロッドを回したり、伸縮させたりして馴染ませます。気持ちよーくストロークします!

17014660.jpg




ストロークセンサーもつけておきましょう。ただの髪ゴムですが、これがいーんです。

17014661.jpg



まだまだ続きます。



☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 作業依頼受け付けております(^-^)/
 お気軽にお問い合わせ ください。
 ~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
2017.04
11

TB:0
04:05
Category : GX750(3W8)
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



価格と性能のバランスを高い次元で実現した黄色い缶の「A.S.H. VSE」をにえガレのストアのラインナップに加えました。

にえガレのストア





ロッドを磨いておきたいので、スプリングを外します。

スプリングコンプレッサーがあればなぁと思うのですが、コレ!といったものがないので、結局こうなります(笑)
ちょうどよいターンバックルがなかったので、棒鋼を曲げてアタッチメント?にしました。

17014620.jpg



ん?????

17014621.jpg




やられた(; ̄ェ ̄)

「ロッドには錆がない」って書いとったやんけー(ノ-_-)ノ ~┻━┻



正直、微妙なレベルです_| ̄|○

ロッド交換しなくても、再めっきで復活させられそうだけど、再めっきするには分解必須…。つまり、OH費用もオンしてくるということです。
なんだかんだで4万近くかかっちゃいますねー。サス本体の値段と変わらんがな_| ̄|○


この時期って、業者さんがものすごく混雑するので、結構な納期になるのです。
仕方ないから、修正して、しばらく使うことにします。もしかしたら、リバルビングしたくなるかもしれないしね。ある程度使ってみてからでも遅くはないでしょう。


次の狙い時=梅雨時までに、可否判断しましょう。



外したスプリングを計測します。

17014622.jpg




というのもスプリングの表記が消えてちゃってるんです。

17014624.jpg



恐らく、アルカリ系の洗浄剤にジャブ漬けしたせいだと思います。近頃多いんだよなぁ。
スプリングの塗装もアタックされ、すっかり艶がなくなっています。洗い油で洗えば、こんなことにはならないんですけどね。

アルカリ系の洗浄剤は便利ですが、ちゃんとした条件でやらないとデメリットが際立ちます。






実測値をもとにレートを計算してみると、どうやら「380-05」っぽい。

XJR1200用の標準スプリングは「380-05」みたいだから、たぶん正解。


380-05のレートは、巷に出回っている情報によると
1.8-2.7kgf/mmあたりのようです。
(なぜだかしりませんが、OHLINSはスプリングレートを公表していないようです)


今使ってるWPのレートが、
1.73-2.55kgf/mm(17-25N/mm)なので、遠からずといったところでしょうか。


現状の(WPの)スプリングセット長は、自由長220に対し、○○です。
つまり、○○mmのプリロードがかかっています。


初期設定の参考にします。



☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 作業依頼受け付けております(^-^)/
 お気軽にお問い合わせ ください。
 ~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
2017.04
08

TB:0
04:13
Category : GX750(3W8)
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



価格と性能のバランスを高い次元で実現した黄色い缶の「A.S.H. VSE」をにえガレのストアのラインナップに加えました。

にえガレのストア





前回の続きです。


ベアリングとブッシュを外しました。

予想した通り、上端側と下端(ロッドエンド)側の寸法はほぼ同じでした。

内径22mmで、幅も同じです。

17014615.jpg




カラー込みの幅。約20mmです。

17014616.jpg




抜いたブッシュの幅は約21mm。微妙な違いはあるけど、この程度の差であれば何とでもなります。

17014617.jpg




つまり、上下端の軸受けは”互換性あり”です。




私が調達したのはXJR1200用です。

GX750のサスは左下端の取付け穴径が「14mm」と大きいので、ポンづけできません。
見るからに「太い」でしょ。

17014583.jpg




OHLINSに使用されているスフェリカルベアリングは内径12mmの無給油タイプなので、規格でいくとGE12C(IKOのカタログによるとGE-12EC)となります。

これを、内径14mm以上のベアリングに交換すればよさそうなものですが「外径22mm」というのが足かせになります。
ベアリングの規格体系は、「軸径」(内径)ありきですから、外径が同じで内径だけ大きなものは、そう都合よく存在しません。

内径12mmの上は、内径15mmのGE15になります。
これの外径は26mm…大きくて収まりません。






OHLINSのラバーブッシュを、スフェリカルベアリングに打ち替えてるのを見かけたことがあるので「簡単」なのだと思っていました。
ですが、よーーっく思い返してみると「軸径12mm」の車種だったんですよねぇ…。

下端側が14mmの車種は殆どありませんが、上端のマウントが14mmの車種は珍しくありません。
XJR1200もそうだし、Z系も14mmです。


NITRON、yss、アラゴスタなど、上端側にスフェリカルベアリングを採用するメーカーは沢山あるのに、なぜOHLINSは…。


現行モデルにヒントがありそうです。
最高峰のグランドツインは上下端ともにスフェリカルベアリングです。一方のレジェンドツインはラバーブッシュです。

スフェリカルベアリングは剛性や摺動性にメリットがあるものの、頻繁なメンテナンスを要求します。
対するラバーは剛性や摺動性ではベアリングに劣りますが、ベアリングほどにはメンテナンスが必要ありません。

各々のモデルの狙いどころをみていると”敢えて採用”しているように思えてきました。






前述のとおり、上限端の軸受けに互換性はありますので、このような仕様でやってみようと思います。

《右側》
 上端14 … STD(ラバーブッシュ)
 下端10 … STD(スフェリカルベアリング)

《左側》
 上端14 … STD(ラバーブッシュ)
 下端14 … 上端用ラバーブッシュの流用



新たにラバーブッシュを手配しました。
必要なのは、左側下端のみ…ではありましたが、ついでなので他の個所も新しくします。

17014693.jpg



カラーは入手できなかったので、旋盤をひいてワンオフ。

17014665.jpg


治具を使ってすべて圧入したら完成です。



☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 作業依頼受け付けております(^-^)/
 お気軽にお問い合わせ ください。
 ~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
2017.04
07

TB:0
04:06
Category : GX750(3W8)
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



価格と性能のバランスを高い次元で実現した黄色い缶の「A.S.H. VSE」をにえガレのストアのラインナップに加えました。

にえガレのストア





先日の記事に書いた通り、違った味わいを楽しみたくなったので、リアサスペンションを物色していました。

私が欲する要件は「フルアジャスタブル」であることです。
これを満たすGX750用のサスなんて存在しませんので、長さの近いXJR1200/1300用を小変更して使うことにしました。


候補はいくつかありました。

まず思い付いたのはNITRONです。
自分のRZ用も含めて、これまで何セットか扱ってきましたので、それなりに特性は理解しているつもりです。

自分好みにオーダーできるのも素敵だけど、さすがに高い。


次に思い付いたのがyssです。yssのいいところは安価なグレードでも車高調がついている点です。
色が選べるのもありがたいです。


ところがサスの取付け長さが330mmなんです。GX750に使うにはちょっと長いのです。
確かXJR1200/1300の標準は325mmだったはずです。せっかく車高調がついてんだから、初期設定はSTDと同じにしときゃいいのにね。

短いものを伸ばすことは簡単だけど、長いものを縮めるのは難しい…たった5mmだけど、万が一にも「尻あがりすぎ」になると面倒なので却下しました。





結局、OHLINSになりました。王道っちゃー王道です。
新品のレジェンドツインも考えなくはなかったのですが、OHLINSだとタマ数もそこそこあるし、中古の方が心置きなく遊べますからね。

17014594.jpg




型式YA4520。XJR1200/XJR1300用です。

17014634.jpg




GX750にはポンづけできません。左下端の取付け穴径が「14mm」と大きいからです。
他にも、車体そのものをいじらないと取り付けできなかったりするのですが、それはまた追々…。

せっかく入手した「素材」です。思う存分遊んでみましょうヽ( ̄▽ ̄)ノ



☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 作業依頼受け付けております(^-^)/
 お気軽にお問い合わせ ください。
 ~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑