FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2010.05
12
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ(クリックプリーズ!)
↑↑↑ブログランキング再開しました。協力よろしく!↑↑↑


ありがとうございます。

ここのところのヒット数が毎日200を越えております。多くの方にご覧いただけていることを、とても嬉しく感じております。

ヒット数が増えるように、あるいは無理にネタを搾り出すのは本末転倒だと思っております。しかし、ここのところ書きたいことが溢れてくるのです。
ある程度制御せねばと「1日1件」の制約をつけているのですが、どうにも止まらないときがあります。

近頃、公私共に忙しくしており、バイクに触れる時間は以前の半減以下になっているというのに…。まったく不思議なものですね。

ひとえに皆様の応援の賜物ではないか?そんな風に感じております。

本当にありがたいと思っております。今後も「より自然に」、感じたことを自然に綴っていけたらと思っております。

ますますの応援をいただけますと、大変嬉しく思います。

 ¶

足回りを他の車種のものに交換したり、あるいは大改造するのは、結構勇気がいる行為です。
決して否定的ではないのですが、不安が先立ち、やってこなかったことでもあります。

一切やってなかったわけではありません。過去にはYAMAHAのchampにJOGのホイルをつけたり(作業そのものは簡単)、ミニトレレーサーにTDR50の足回りをつけてもいます。
他にもチョコチョコやってきましたが、全方位で満足いく仕上がりにできたものは殆どありません。
(ミニトレレーサーは相棒や仲間の仕事によるところが大きいけれど…私がやったのはセッティングと、ちょっとした溶接作業のみ)

”つけること”が目的であるなら、工作上手になればOKですが、私が作りたいのは「走らせる」ためのバイクです。

各種のデータを採取しているのも、つく/つかないの観点だけでなく、ちゃんと走るようにするためです。とにかく”何が悪いのか分からんようなもの”だけは作りたくない。

そのために、種々の検討もさることながら、やならきゃいかんことがあります。まず「単体機能(部品)の状態を正確に把握する」ことです。

すべてを最適な状態にするのがベストですが、悪いなら悪いなりに把握するだけでも意味があると思います。

私が入手したものを、可能な限りバラす目的はココにあります。これをやっておかないと、問題の切り分けができないばかりか、分からないことが更に新たな分からなさを生んでしまいます。

ということで、入手したCRM50のフォークも分解し、状態確認を行ないました。

スライドメタルのコンディションをチェックします。





何れも使用可能なレベルと判断。

続いてオイルシール。



これも問題なし。って、使ってみないと分からんけど(笑)。
オイルシールは少し使ったものの方がフリクションロスが少なく好ましい動きをするように思います。

さぁ、組み立てです。

スライドメタルを組みます。



切り欠きの位置を考慮して組みます。

プリロードと、油面は、ひとまずCRMの指定どおりとしました。






フォークを組み上げたら、忘れずにひっくり返します。



フォークオイルを、スプリング&フォーク内壁上端までしっかりと回してやるためです。

洗浄し、油脂の存在しないカラカラの状態で、スプリングとフォーク内壁がゴリゴリ…あまり想像したくないですね(笑)

メモメモ。紙ベースで記録していますが、実物に書いておくと素早く確認ができます。ということで、私のバイクはメモ書きだらけです。



完成したフォークをグシュグシュと伸縮させてみました。んー。ちょっとスプリングの主張が強い感じだなぁ。
動きそのものは悪くないけど、もう少しソフトでもエエんちゃうのん?



動きといえば…。知り合いから「動きがスティッキーだから見てよ!」と頼まれたフォークを分解してみました。
私自身、興味があったので二つ返事で協力することに。


ダンパーロッド付きのフロントフォークです。




ん?なぁーーんか、おかしくね???

見る角度を変えてみると…。




ダンパーロッドのセンターがでていません!

で、分解して何度も組みなおしたり、あれこれ試してみましたが…。何をどう頑張ってもセンターがでません。


原因を考えてみました。

じゃーん。




幼稚な絵ですんません(笑)

ダンパーロッドは、フォークの両端を結ぶ形で取り付けられています。

センターがずれると、ダンパーロッドの内筒と外筒の動きが妨げられますので、よい状態とは言えません。
ロッドそのものには、曲がりはみられませんでした。ならば、フォーク端部と、ダンパーロッドの直角がでていない(図で赤く示した角度)のだと思います。


さらに、インナーチューブとアウターチューブのみで動作を確認。これまた動きが極めてよろしくない…。
スライドメタルもオイルシールも目で見た限りでは異常は見られませんでした。

今回は「見てよ!」だけの依頼でしたが、見てしまったらやらずにはおれません(笑)
インナーチューブの擦動部分を磨いたり、色んなことをやりましたが、根本的には解消しませんでした。

ひとまず「やれることをやって」組み上げました。少しはマシになったものの、やはりスティッキーさが残ります。

この個体だけが悪いとも思えないので、この種類(車種用)は「そういう傾向にある」のかも知れません。

こんな按配だと、「直線走るのも怖いんちゃうか?」なんて思ってしまうのでした。見た目はカッコいいフォークなんだけどね~。


このフォークが装着された車両は、それなりに走る状態ですが、本気で走ろうとは思いませんでした。
そして何となく感じる違和感の正体も、はっきりとはみえませんでした。

状況(事実)を伝えたところ、「フォークが悪いからやな」というので、「いやいやフォークが主因だと思うけど、全部確認しないとハッキリとはいえないよ!」とコメントしました。

面倒くさく感じるかも知れないけれど、よい状態にしたいのならまず「単体機能(部品)の状態を正確に把握する」ことです。



ブログランキング再開しました。協力よろしく!↓↓↓
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ(クリックプリーズ!)


”Nie's garage”のHP
Nie's garage WORKSでは、作業も承っております!

パーツの製作、加工をはじめました。詳しくは、お問い合わせ下さい。

【問い合わせ方法】
ゲストブックに書き込むか、nie_gare@ybb.ne.jpまでメールを下さい
スポンサーサイト



Comment

非公開コメント