FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2009.04
30
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ(クリックプリーズ!)
↑↑↑2位継続中です。引き続いての応援をよろしくお願いします↑↑↑


昨日のツーリングは楽しかったです。走るって意味では、ほぼ毎週走ってますが、朝練とツーリングは、ちょっと違います。
まぁ、傍目には一緒だと思うけれど(笑)。

朝練は、あくまでも朝練。まさしく練習ですね。仕様変更したところの確認であったり、セッティング作業そのものであったり…。
まぁ、課題を持って望んでるって部分が一番のポイントかな。

一方のツーリングは、レジャー的。遊んで、楽しむことが目的なので、ちゃんとメシも食えば、だべりもありです。

その中でも、昨日のは ちょっと特別で、普段とは違う雰囲気がありました。
おまけというのは言いすぎだけれども、元々の企画が別のところで行なわれたものに”のっからせて”もらったわけですね。
主体性は、自分にないって意味では、常々のツーリングとは(自分の中で)行動姿勢を変えなければと思っていました。

 ¶

さてさて。こんな立場で参加したツーリングで、トラブルが発生したわけです。

多くの皆さんは「にえちゃんのことやから、整備不良じゃ、ボケ!」と怒ったんじゃないか?と思っているかも知れません…。

が、答えはノーです。というか、ちょっと違います。

私らみたいに「朝練」をしている(日頃から課題を持ち、潰しながらやっている)連中と、「普通に乗ってる方」のレベルは 違って当然だからです。

#もちろん、整備不良はいけません。
#最低限「やらなきゃいかん」ことはありますから…まぁ、それは(今は)横においといて…。

それこそ、ボルトの1本、ホースの締め方、タイラップの切り方 1つにしても「こだわり尽くした」私らと違うんだから、そりゃボルトが脱落したり、ホースから何かが漏れる事だってあると思うんですね。
ただ、不思議なことに「悪いことは、起こって欲しくないときに起こるもの」なんですねー。

まぁ「そういうもの」なんですね…。

さぁ、起こったトラブルを どう処置するか?瞬時の判断が求められます。
そんな中で、今回私が大事にしたことを書いてみたいと思います。

1.当事者を凹ませない
2.大人がやる気を萎えさせない
3.関わった全ての人に役割を持たせる
4.安全に作業し、安全に帰る

トラブルを起こした当人は、どうしたって凹みがちです。途方に暮れていますからね…。

まぁ、私らのような変態は、トラブルが起こることを予見していますから(内容こそ予見は出来ないし、予見できるところは処置するので)凹みませんし、そんなことをしている暇があったら、パッパと手を動かすんですがね。

それを経験の浅い方に期待したところでかわいそうというものです。

しかし、トラブルは「見ていてもなおらない」のも事実です。

こうなれば、やることは1つ。「おぅ、やるでぇ」と自ら動くことです。

次に、誰かがやる気を継続していないと、ああいう場はもちません。

ただ、若い連中はそうでもなく…。タバコを吸い始める人がいたり、「あーぁ」な雰囲気を出すものもいます。
彼らに「帰れ」とは言えません。だって主役ですから(笑)。

「わぃわぃ」と…まぁ、いわゆるシモネタまで繰り広げて(あれは日常トークではない(笑))おりました。

あんな軽口を叩きつつ、頭の中は「どうやってなおそうか…。どこが原因なのか…」でフル回転していました。
大変お聞き苦しいものもあったかと思いますが、どうかご容赦ください。

悩んでる姿や、トホホな空気を、私らが出すわけにはいきませんからね。
まぁつまりは「不安を悟られないように」するためにエエカッコしとっただけですわ(笑)。

「こんなもん、楽勝やろ」に見えたかも知れませんがね…。

普段触ったことがないバイクだし、止まったときの症状が細かに分かっているわけでもない。
いわば異国の地で「腹壊した」状態なわけです。

ピーピーではあることは間違いないけど、原因がたくさん想定できすぎて分からんのですね。
1つずつ潰していけるほど、余裕も設備も環境もない。

まぁ、こういう状況下において、やたらめったら何かをすればいいというものではありません。
不安を感じさせない程度に手を動かしつつも、無駄なところは極力バラさないようにするのがキモなのかなって思っています。

そのために、誰かが司令塔になり監視するのも大切だと思います。
話は、それますが、例えばレースの世界で、特に耐久レースをみていると「実力差」がモロにでますね。
トラブルが起きたとき、マシンに全員が群がるのが弱小チーム。相当レベルの高そうなチームは そうじゃありません。
闇雲に群がらず、弄らず、じっくり観察してから処置方法を検証して…見ていると「むらがり系」の方が「よく働いている」ように見えますが、実は全く逆ですね。

さて。今回のトラブルですが、最悪はJAFか…あるいは、どこかにおかせてもらわないとアカンかなぁと思っていた一方で(安全配慮の観点)、「絶対に連れて帰ってやる」と強く思っていました。

おこがましいかも知れませんが、強く思っていました。

これで、置いて帰ったものなら、当事者である彼は「ツーリングに行くのを躊躇う」ようになってしまうと思ったからです。

反省は大切です。でも、後ろ向きな反省をさせてはいけない…そう思いました。

周りがいくら「気にすんな」といったところで、彼自身が傷ついた気持ちは癒されないと思うんですね。
トラブルを起こしたということ以外で、気持ちを傷つけないようにと思ったのです。

 ¶

今回の、自分の立ち振る舞いが正しかったのかどうか…は、定かではありません。

それは、関わった全ての方々が感ずることだからです。

無事に帰宅したという意味においては、「問題なし」といえるのかも知れませんが、間接的に関わる人にまで迷惑をかけたのは事実です。

ゴージャスな晩御飯になるはずが、できあいのものなっているご家庭もあるかも”知れません”し、発泡酒がビールになってしまったご家庭もあるかも”知れません”。
カレシを待たしている方がいらしたかも”知れません”し、カノジョが待っている人もいたかも”知れません”。

私?

1人モンだから関係ないんだなぁ…これが(号泣)

 ¶

昨日、ビールを飲みながら、自分がもっと若かったことのことを思い返していました。
25歳の自分だったら、今回のトラブルをどう処置しただろうか…。恐らく、途方に暮れ(当時は2輪のサービスが なかったけどね)JAFを呼んだだろうなって思います。あるいは無知が故に無茶をして、2次災害を起こしていたようにも思います。

あぁ…俺も少しは成長したな、ようやく「レジャー」を楽しめる歳になったんだなぁと思いました。


今回、お世話になった皆様へ。

今回のことから、またしても学ぶことは多く、感謝しております。
具体的なことには敢えて触れませんが、有形無形の配慮をありがたく思います。

本当にありがとうございましたm(u u)m


↓↓↓さぁ、皆さん。整備しましょう(笑)。その前にポチっとお願いしまんにゃわ。↓↓↓
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ(クリックプリーズ!)


”Nie's garage”のHP
スポンサーサイト



Comment

非公開コメント