FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2009.05
17
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ(クリックプリーズ!)
↑↑↑ただいま単独2位。目指せ1000ポイント!!休み返上でがんばっております!!応援よろしくお願いします。↑↑↑


ベアリングの交換です。

左右のベアリングの間に入っているディスタンスカラーも交換します。




ツバ状の部品を変形させずに外すのが結構大変だったりします。
この部品「ビシ」っと装着されるわけではないのですが、




こんな収まり方をするものですから、やはり綺麗に装着したいものです。

ホイルをしっかり保持。
ディスクに負担が掛からないように木片で支えています。




柔らかそうに見えるフロアの下は、コンパネで補強してあるので結構ガッチリしております。

さ、いよいよベアリングの装着。今回は、LLBです。
LLBというのはシールの種類です。摩擦係数が少なく、防埃性はソコソコです。
車種や用途に応じてチョイスです。
(汚れに見えるのはグリスです)




いきなりハンマーでシバキ回してはいけません。
外周を柔らかく小突きながらフラットな状態とします。

外周の合うソケットで叩き込んでもいいのですが…私は専用ツールを使います。
まぁ、理屈は同じだし、必要な配慮は同様です。




この工具を使い、ハンマーで叩き込むわけですが、ハンマーを目一杯振り下ろしてはいけません。
斜めになったり、座面を痛めますからね。

ハンマーの”重量”を利用して、「ドン」と落すようなイメージでしょうか。

座面をバーナーなどで加温する方もいらっしゃるようですが、私はやりません。いや、やるんですがホドホドです。人肌+αくらいでしょうか。
オイルシールも入りやすくなりますからね(熱膨張というよりも、グリスの流動性が高くなるからでしょうね)。

何故か?といえば位置合わせが難しいからです。

多くの場合、ベアリングは目一杯叩き込んではいけません。




ピックツールでディスタンスカラーをツンツンしたとき、緩やかに動く程度まで叩き込みます。
ガツっと動かなくなるところまで叩き込むのはNGです。
(基準側は奥まで叩き込む。ヤマハ車の多くは左が基準かな)

アクスルシャフトを適度に締め込んだときに、ベアリングの中の”鋼球”が、一番いい位置に来るようにするのがポイントです。

最後にオイルシールを装着。




前述の工具を使うのは同様ですが、ここまで大きいシールの場合はハンドルは使いません。
いくら専用品とはいえ、横方向にグラっとなりますからね~。
重量のあるハンマーで、均等に挿入していきます。

ところで…皆さんは、ベアリングにグリスを「めいっぱい詰め込む派」ですか?
それとも「詰め込まない派」ですか?

私は詰め込む派です。まぁ空気の行き場が完全に絶たれるほどは 詰め込みませんが…。

よく熱膨張による空気の逃げがなくなるっていう人がいますけど、空気という意味では「グリスを入れなくても空気は存在する」わけです。
”程よい”量はあると思いますが、(長期の)潤滑の観点からは、出来るだけ量を増やしてやりたいと思うのですね。


↓↓↓まぁ、なんやかんやと働くねぇ~と感心いただけた方、今日もポチっとお願いします↓↓↓
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ(クリックプリーズ!)


”Nie's garage”のHP
Nie's garage WORKSでは、作業も承っております!
スポンサーサイト



Comment

非公開コメント