FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2020.06
04

TB:0
04:05
rにほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



ヤフーストアの閉店に伴いにえガレのフリマに移行しました。

《関連記事》
ヤフーストアの閉店に伴うにえガレの対応

A.S.H.やRZ用スライドメタルなどをお求めの方は、ぜひご利用くださいm(u_u)m





BremboのRCSマスターのレバーをメンテナンスして欲しいとの依頼です。

RCSマスターって、フィールは悪くないんですけど、しばらく使っているとレバーを握むと「ギジギジ」するんですよね。

このマスターの売りは可変レシオ機構です。
ギジギジするのは、選択可能な18と20のうち「18」です。

構造上、いろんな無理がかかるからです。




このレバーは安易に分解しない方がよいです。
実際、今回ご依頼くださったオーナーさんも、ご自身で色々トライされたようですが、復旧できなくなったそうです。

理由その1。レバーと調整機能を連結するピンが「圧入」されているからです。多少のことではビクともしません。
(うちでは専用の治具を作って脱着しています)

20011223.jpg


軽圧入でよいと思うんですけどね…。ここ拘るなら、可変レシオ部分でやることあるだろ!って突っ込みたくなります。


今回のギジギジの原因はここです。

20011226.jpg


構造上、「18」にすると「A:プッシュロッドを押すねじのついている部品」が「B:部品を受ける部品」に、より強く押し付けられるのです。


分解してみましょう。

「A:プッシュロッドを押すねじのついている部品」です。

20011227.jpg


カチカチと節度を持たせるために鋼球をスプリングで押さえる構造になっています。
鋼球の収まる溝の境界が荒れています。バリまではいかないけど、指で触るとザラっとしています。

位置決めの節度が失われない程度に荒れをとり、ゴム砥石で研磨します。

20011228.jpg


ドライ状態で感触を確認してみました。作業前は引っ掛かりを感じたのが皆無になりました。相当効果があると思います。

それにしても、そもそもAとBの寸法差が大きすぎると思うんですよね。

だから、点や線であたりギジギジしてくるのです。ここのクリアランスはもっと小さくし、面で受けるようにすれば、ギジギジしないはずです。

Bの内径です。

20011230.jpg


Aの外径です。

20011231.jpg


0.1mmものクリアランスがあります。もはや「すき間」レベルです。
前述のピンを軽圧入で作るくらいなら、このクリアランスを詰めろ!といいたい。

ちなみにAとBを分解すると、復旧に難儀すると思います。相当工夫しないと「涙目」になること確実です。


鋼球をなくしちゃう方も多いでしょうね~。そんな方のために寸法を計測しておきました。

20011235.jpg


約3.5mmですね。インチだと思ってましたが、多分「mm」ですねぇ。
(近似のサイズ:3.5mmか、9/64インチ(3.5719mm)あたり)

無事に組みあがりました。

20011237.jpg





今回の作業、記事にしてしまうとあっさりしていますが、そこそこ工数がかかるのでお値段はお高めです。

かといって自分で分解するのが怖いという方は、この画像にある小さな穴の周囲がギジギジの温床である可能性が高いので、WAKO'Sのビスタックなど高粘度のスプレー式の潤滑剤を試してみる価値はあるかもしれません。



このケミカル、少々お高めですが、結構便利ですよ。



☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 作業依頼受け付けております(^-^)/
 お気軽にお問い合わせ ください。
 ~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
スポンサーサイト