FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2019.11
13

TB:0
04:02
Category : RZ250(4L3)
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



ヤフーストアの閉店に伴いにえガレのフリマに移行します。

《関連記事》
ヤフーストアの閉店に伴うにえガレの対応

A.S.H.やRZ用スライドメタルなどをお求めの方は、ぜひご利用くださいm(u_u)m





少し前の話しなのですが、RZをラ・パラに持ち込みました。
足回りのセッティングを崩していたこともあったのですが、全くタイムが出ませんでした。

以前なら、ぎりぎり走行枠Aで走れたのが、Bでやっと…といった感じです。


理由は、直近のOHで組んだクロスミッションのおかげで、ギアが合わなくなったためです。
あるコーナーの立ち上がりでは吹け切っているし、あるコーナーではクリップでスロットルを当てても駆動がついてこない…。

私の組んだクロスミッションは、NOVAレーシング製です。
キットに付属するのは1速、2速、3速です。各々STDを組み替えて使用します。

しかし、INとOUT共に交換するのは2速と3速のみで、1速のIN側はSTDを使用します。
詳しく書くと、1速のINの歯はシャフトに切ってあるんですね。

同社のRZR用には、シャフトを交換する仕様があるのですが、初期型RZ用にはこの仕様がなかったのです。

なので1速と2速がクロスミッションにしては離れています。要するに“この部分のみ”中途半端なのです。

2速以降のつながりは絶妙で、実際ワインディングでの気持ちよさは、STDミッションと比較になりません。


今の二次減速比だと、ツインサーキットで1速に落とすシチュエーションがでてきます。
1速と2速のつながりが悪いと、2速での車速の乗りが悪くなり、本来なら3速に放り込みたいところで3速が使えない現象がおきました。

これは予想外でした。1速から2速のつながりのまずさは覚悟していたのですが、まさか2速から3速へのつながりまで影響するとは…。


ワインディングではほとんど顕在化しませんでしたし、ややロング気味の二次減速が気持ちよかったんですけどね。

あまり頻繁に走らないサーキットのために、ワインディングでの気持ちよさを損ないたくありません。
サーキットならピンポイントセッティングでOKですが、私が普段走る路程は300キロ以上です。二次減速比をどの程度変更すればどう影響するのかを「大まか」に探ってみることにしました。

ということで、変更するのはドライブ側です。ドリブン側で同じだけの変化量を持たせようとすると、チェーンの長さが足りなりますからね。
今まで使っていた16Tのドライブスプロケットから、15Tに変更します。

17089763.jpg


調達性の良いXAMのスプロケットを使います。
(私のRZは520にコンバートしているので、FZ400R用のスプロケットを流用しています)




サンスターからラインナップされていたら、そっちを使うんですけどね。
(XAMの製品は入手性もよいし便利ですが、純正部品やサンスターと比較するとやや品質が劣ります)


スプライン部分にスレッドコンパウンドを塗布します。
センターロックナット方式だとあまり負荷がかかりませんが、プレート&ボルト止めorサークリップ方式だと長期的にシャフトにダメージを及ぼすことがあります。

17089764.jpg


あと、RZの場合ミッションのアウトプットシャフトとスプロケ裏のカラーの間にOリングが入っていません。
つまり(僅かではありますが)ミッションオイルが流出する可能性のある構造になっています。

滴るほどオイルが流出することはありませんが、ペースト状のものを塗布しておくことで、油の流出をほぼ完全に防ぐことができます。

ま、癖みたいなものですね。


私はよほどのことがない限り、センターロックナットを着脱する際にインパクトは使いません。
木片をホイールにかませて作業します。

17089765.jpg



…ここまでの話しは8月末のできごとです(笑)


まだこの頃(9月初旬)は、名田庄界隈を走ることができました。

中高速コーナーが続くルートでの具合はよくなりました。

が、タイトなワインディングでは、まだ「1速」を使います。
1速を使うのは、主に上りです。登りで2速に放り込むと失速し、駆動力が抜けるので、できれば「2速」で走り切りたい…。


となると、そこそこ大きなドリブンスプロケットを使う必要があります。

計算してみると、高速巡行に難がありそうです。

最近、渋滞を嫌って高速を使うことが多いので、丸っきり無視もできないんですよね。
大きなスプロケを使うならチェーンも交換しなきゃいけないし、スプロケットも別注になります。

現状、KZ1000の復活に相当なコストがかかっているので、実際に行動を起こすのは来期にします。



☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 作業依頼受け付けております(^-^)/
 お気軽にお問い合わせ ください。
 ~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
スポンサーサイト