FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2019.10
21

TB:0
04:03
Category : XLR80R
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



ヤフーストアの閉店に伴いにえガレのフリマに移行しました。

《関連記事》
ヤフーストアの閉店に伴うにえガレの対応

A.S.H.やRZ用スライドメタルなどをお求めの方は、ぜひご利用くださいm(u_u)m





私はサイドスタンドをかけた時に、車体が大きく傾ぐのが嫌なんです。

置き場所も取りますし、スタンドやフレームへの負担が大きいからです。


XLR80Rも傾斜角が大きい部類です。

スタンドを立てると、ステムがセルフステアするレベルです。せめて中立を保ってもらわないとねぇ。
(ステムが腐ってたらステアしないけどね)

17089834.jpg




実際、先日いった林道で路肩に止めようと思ったら、車体が倒れそうになりました。
XLR80Rは車体が軽いので、なで肩になった路肩だとバランスを崩すんですね…。

ということで対策です。


中古のスタンドが安価ででていたのでポチっと。ま、ついてたのを改造してもよかったんですけどね。

17089836.jpg



問題はどれくらい傾斜角を変更するかです。厚さの異なる木片をあてがいます。

17089832.jpg



これはやり過ぎやなぁ。

17089831.jpg



こんなもんかな?

17089833.jpg



木片の厚みを計測。30mmですね。

17089835.jpg



サイドスタンドをスプリングフック下でカットします。よかったー、パイプでした。
というのも世の中には丸棒のサイドスタンドもありますので…。

内径は…15.92かぁ。溶接部の内面にビードがあるから、外径15mmくらいのジョイントがあればOKですね。

17089837.jpg



外径はどんなもんでしょう。19.19mm…ってことは、呼び径19.1mmのSTKM11Aあたりでしょう

17089839.jpg



厚さは1.72mm…ってことは、呼び寸法1.8mmか。溶接に耐える厚さです。

17089838.jpg



外径差が大きいと不細工だから、外径が近似、かつ加工代のある素材が必要ってことですね。


ってことは~。SGPの10Aを使いましょう。外径17.3mmだからちょうどいいはずです。
(パイプ径は頭の中にインプットされています)

SGPっていうのは配管用炭素鋼鋼管です。配管用なので厚肉なんですね。10Aの場合、板厚は呼び寸法で2.3mmもあります。
(マイナス側の許容差が-15%も認められているので、実厚はもっと薄いですが)

しかも、曲げ性が要求される鋼種なので、軟鋼に分類される素材が使われており、加工性がよいのです。
(よく用いられるSS400クラスよりも柔らかい)

さらに配管だから溶接性もばっちりです。とにかく便利な素材なので、Nie's garageには常備しております(^^)


15Aと書いてありますが、10Aです(-_-)

17089840.jpg



旋盤で両端を削ります。残厚は1.0mmほど確保できています。溶接時に溶け落ちなければよいので十分です。

17089841.jpg



太めの溶接棒でぼってり盛ります。細めのでグイグイ溶け込ませると溶け落ちますからね。

17089843.jpg



ベルトサンダーで均します。溶け込みの甘いところはありませんでした。

17089844.jpg



これだけ素材が錆びていると、並みの塗料では弾いてしまいますので、油性のペンキで塗装します。

17089845.jpg



理屈の上では、ブラストで錆を除去すれば塗装がのりそうなもんですけど、不思議と綺麗にのってくれないものです。

錆止めなどのプライマーをしっかり塗ってやればOKですが、スタンドごときにそこまでの手間をかけるのかーって話です。

実際、KZ1000のフレームやシートベースを塗ってもらうときに、塗装業者さんに随分手間を取らせました。
ウレタン塗料の塗膜性能は高いですが、正しく塗工できなければ何の意味もありません。

その点、油性ペンキは多少の錆があってももろともせず、塗膜がのります。耐久性も決して悪くありません。
錆びりゃまた塗りゃええわけですし。


一晩放置して取付完了。昔のペンキは、乾燥時間が長かったんですけどね。最近はずいぶん改良されています。
その分、表面のムラが消えづらくなったので、よし悪しですが…




☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 作業依頼受け付けております(^-^)/
 お気軽にお問い合わせ ください。
 ~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
スポンサーサイト