FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2019.08
12

TB:0
04:05
Category : XR100モタード
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



ヤフーストアの閉店に伴いにえガレのフリマに移行します。

《関連記事》
ヤフーストアの閉店に伴うにえガレの対応

A.S.H.やRZ用スライドメタルなどをお求めの方は、ぜひご利用くださいm(u_u)m





先日装着したPTG22の具合が今一つなのです。

スロットルオフすると、パンパンうるさいんですね~。

スロットルオフ→スロットルバルブが下降→混合気の供給が遮断→回転数は高いまま→薄くなる→異常燃焼を起こす→排気系に生ガス流出→排気管の温度で発火→音が出る症状です。


ということで、PSやPJの条件を複数振ってみましたが大きな変化はありません。

音のでる頻度や程度が和らぐ条件だと、スロットルを開けていった時のフィールが悪い。



んー。今の私には時間がない。


ぽちっと手配したのがコレ。

17089576.jpg



CRF100の純正キャブです。PD22ですね。

17089577.jpg



MADE IN CHINAなのにはがっかりしました。。


NSF100純正キャブにはある「JAPAN」の浮き文字がない。
CRF100とNSF100とではニードルの番手が異なるんですよねぇ。

17089584.jpg

17089583.jpg




XR100Mとエアクリーナー系統が似ているCRF100の部品にしたんだけどなぁ~

結構いい値段したのに残念。


分解して細部を検証していきます。

スロットルスプリングはNSF100のそれよりもハードなものが入っていました。PTG22と似た感じです。
NSF100もCRF100も公道を走ることを前提にしたモデルではないから、スプリングは一緒かなぁと思っていたんですけどね。


オフロード用なので、MJのところにお皿がついています。
油面の変動を抑えるためのものと想像します。私の場合、不要なので撤去します。
(セッティングするとき、ぽろぽろ落ちるので鬱陶しいんです)


吸気側からの比較。左側が今回手配したキャブです。
右側はNSF100の純正キャブをアホな前のオーナーが改造したもので、チョーク機能が取り去られ、端部がテーパーに加工されています。

17089580.jpg



アホな改造を除いては同じに見えますね。


横から見た図。これはNSF100純正。
インジェクターチューニングボルトを装着するために、ボルト穴を加工したものです。

17089581.jpg



続いてCRF100。うん、同じだな。

17089582.jpg



CHINA製ってところは引っ掛かりますが、そこはホンダ純正です。等価と見ないと先に進めませんね。


PTG22も同じなのですが、このまま装着すると「チョーク機構を固定する+ねじ」の頭がフレームと干渉します。
元々ついているのは、スプリングワッシャ付きの+ねじです。

これをスプリングワッシャのない、やや低頭タイプに交換します。
(R1-Zのギアオイルラインを固定するボルトです)

17089585.jpg






装着して試走です。
PTG22よりマシですが、パンパンいいますね(笑)


半ばあきらめモードで、フィール重視でセッティングをしていきます。

結果、PSは締める方向で落ち着きました。標準セッティングだと「出すぎる」んですよねぇ。


さて、NSF100アホ改造Ver、PTG22、CRF100純正に共通するのは、全開域のセッティングの出しづらさです。

開けていった時のフィールを重視して選定したMJは、全開での巡行には適しません。

ガソリンと空気では比重が異なりますから、パッと開けると混合気は薄い側に触れます。
それを補うべくMJの番手をあげると、全開巡行では濃い方向に振れてしまいます。

キャブレターの宿命とも言えるのですが、大抵は「何となくの落としどころ」があるものです。
しかし、この3つのキャブは、何となくの落としどころが見つかりません。

XR100Mはサーキットメインの使い方ですから、全開巡行のシチュエーションを想定する必要はありません。
なので、開けていった時のフィールを重視することにします。

そういやニードルの番手が違う(1/100mm差)ので、これを入れ替えてみるのもありかも。
(クリップ段数を変えると極端に走らなくなる)

もしかするとマフラーの特性かもしれないので、別のマフラーも試してみますかねぇ。

っつーか、そろそろ走りに行かないとダメだな(-_-)
タイムはバイクより乗り手の問題だしなっ。



☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 作業依頼受け付けております(^-^)/
 お気軽にお問い合わせ ください。
 ~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
スポンサーサイト