FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2019.05
13

TB:0
04:08
Category : GPZ900R
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



ヤフーストアの閉店に伴いにえガレのフリマに移行します。

《関連記事》
ヤフーストアの閉店に伴うにえガレの対応

A.S.H.やRZ用スライドメタルなどをお求めの方は、ぜひご利用くださいm(u_u)m





うちの900Rのちょっとした自慢はロングリアフェンダーがついてる点。
これってヨーロッパ仕様の逆車にしか装着されていないから珍しいんですよね。

皆、フェンダーレスにしちゃうけど、長いリアフェンダーの方がジェントルでカッコいい(^^)

ところがフェンダーが長いからレーシングスタンドが掛けづらいんです。走るたびにチェーンにオイルを塗るから切実なんです。

私が使ってるのはJ-TRIPのスタンドです。

L字受けのブラケットを装着しています。
エキセントリック部分にはかけられないから、スイングアームのやや前方にかけることになります。

エキセントリック部分にスタンドをかけることができたら、フェンダーを回避できますし、スタンドが外れるリスクも減らせます。


ということで製作開始!

まずエキセントリックを外します。

17089403.jpg



フライスで正確に位置だししたのち、専用の刃物を使って座繰りをいれます。
ここにキャップボルトが入ります。

17089404.jpg



スタンドをかける部品を旋盤で削り出します。

17089405.jpg



この部品には横穴を貫通させています。このようにしてドライバーを突っ込んで、座繰り穴にいれたボルトを締め付けます。

17089406.jpg



この横穴にはもう一つの目的があります。
座繰り加工した六角部分は、エキセントリックシャフトを回すために存在します。

つまり、チェーン調整の際に必ず使いますので、部品を装着したままでは回すことが出来ません。

横穴をあけておけば、こうやって調整が可能です。
ちなみにSTD状態だとヘキサゴンレンチを突っ込んで調整します。が、レンチが短いとやりづらい。
横穴+ドライバー方式の方がリーチを長くとれるので抜群に調整が容易になります。

17089407.jpg



スタンドをかけてみます。よっしゃー、見事にフェンダーを回避しています!

17089408.jpg



スタンドアップに少し力が必要ですが…ばっちりです。

17089409.jpg



大満足です(^^)

が、一抹の不安がないわけではありません。

万が一ボルトが緩んだ際、ホイール側にボルトがでてきます。
干渉する程度で噛みこむリスクは低いですが、ちょっと心配ではあります。

一応ねじロック剤は塗布していますが、横からピンでも打ち込んでおいた方が確実かもしれません。



☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 作業依頼受け付けております(^-^)/
 お気軽にお問い合わせ ください。
 ~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
スポンサーサイト