FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2009.07
12
今日はパーツの洗浄日にしました。

セッセと部品を洗ってたら、相棒登場。

うだうだとダベりながら、洗ったパーツをエアブロー。うちのコンプレッサー君は、尋常じゃなくうるさい。
一応、A.S.H.を入れてるのだけど(笑)、そういう問題ではなさそうだね。
オイル潤滑+レシプロで、DIY用途なのに、ガンガン使ってるからなぁ。

しかし、湿気が多いのでエアに水気が混じってしまいます。ドライヤーつけないとダメですね。

水気は完全に飛んでないので、パーツ乾燥機(世間では食器を乾燥させる道具らしい)に放り込んでしばし放置。

その間に、工具を整理。2個体制です。が、全然ダメです。同じ箱がもう1つあるので…3個体制にしようかなぁ。っていうかキリがない(笑)
使いながら考えましょうかね。




んー。指の痛みは 少し残っているものの、握力は快復してきました。よし、作業継続です。


先週、パーツの洗いを済ませておいたフォークを組みます。

オイルロックピースの底部が段付きしてたので、オイルストンで均します。
ここがパシ!っとしてないとシリンダが真直ぐ落ち着きませんからね。




インナーチューブを逆さまにして、アウターチューブをのせます。
横にする人もいるみたいだけど、私は真直ぐ立てて作業します。
だって真直ぐに組みたいんだから、真直ぐの状態で作業した方がいいだろう…ま、単純な発想です。
あとはロックピースがアウターにキッチリ嵌ったことが確認しやすいのも理由の1つです。




締め込むときにアウターを固定するのは、ボルトの直近部で。
少しでも部品に妙な力を与えないようにします。
(もちろんシリンダーの周り止めはちゃんと使ってます)




「ボルトを仮止め⇒動作確認⇒位置あわせしながら締め付け⇒動作確認⇒完全締め付け」

単純に書くとこんな工程です。途中経過は…まぁ色々気を使ってます。
書ききれないのと画像がないので、機会があれば書くことにします。

間違っても、インパクトでズバババっと締め付けるなんてことはやりません。

ヘキサゴンのビットは、KokenとHAZETを使ってます。




左がKoken。右がHAZETです。
先端の仕上げが違うのが分かるでしょうか。

Kokenはエッジに面取りがありません。HAZETは標準的な形状ですね。

上から見た方がよく分かるかな。




Kokenは”意図的に”シャープなカットにしているようです。実際、面取りが施されたものもラインナップされています(全てのサイズではないようですが)。
こいつのお陰で、掛かりの浅いブレーキディスクのボルトなどを緩めるとき、大変重宝します。

反面、なめやすいボルトもあるため、使い分けています。

完成したフロントフォークです。
元々、インナーは点錆だらけでした。磨きこんでピカピカです。




RZ用のキャブも1セット組み上げました。
これも、元はゴテゴテのギトギトだったんですよ。




部品達を綺麗にしてやるのは、本当に骨が折れます。
どの工程をサボっても、綺麗にはならないし、シャキっとした動作も得られません。

今日も よく働いたなぁ。 夕食は肉じゃがにしよーっと。



”Nie's garage”のHP
Nie's garage WORKSでは、作業も承っております!
スポンサーサイト



Comment

非公開コメント