FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2018.10
15

TB:0
04:03
Category : GPZ900R
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



フォークスプリングを交換した記事でこのようなことを書きました。

・ステアリングヘッドの高さは十二分にあると思うので、動的なフロントの姿勢を少し下げてやる方向か
・状況としては、「正しく操作」しないと途端に機嫌が悪くなるのと、セッティングのツボが狭い
・具体的には、少しでもステアリングに力が入っていると初期の旋回力が著しく低下する
・一方、ステアリングから力を抜き、スッと体をインに入れてやると格段に旋回力が高くなる。その差がかなり大きい
・簡易的にリアサスにプリロードをかけてみたら、ステアリングの初期応答性は高くなったけど「これじゃない」感じがしました。

状況としては、入力が低い状態でのステアリングの応答性が今一つってことだと仮説付けした…。

とまぁ、こんな話しです。

伸び側減衰が不足しているので、フロントフォークの仕様変更はやります。
が、分解して内部パーツに手を加えなければなりません。しかも「外注」の作業です。
一番気持ちの良い時期に、走れなくなるのはつらい…。ということで、すぐにできることから着手することにしました。

何かっていうと「ハンドルの交換」です。

現在、GSX-R250の部品を流用したセパレートハンドルを使っています。
カウルにも干渉しないし、それなりに使えるものです。

が…セパレートハンドルにしては垂れ角が少し足りないのです。
正確にいうと、ハンドルの総幅がそれほどない割には、垂れ角がありません。なので、フロントに荷重を載せづらい。


ということで、もうちょっと垂れ角のついたハンドルがないかと探しまくりましたが…時は平成。
38mmのフォーク径に合うハンドルなど易々と見つかりはしません。

41mmだったら、タゴスバーとか沢山選択肢があるんですけどね~。


そういやハリケーンのセパハンってどうなんだろう?と思って調べたところ、「車種専用」品だけではなく、単体部品をバラバラに購入できることがわかりました。すげぇ!!!!!

あの独特の形状は、正直好みではないのですが…。
・様々な高さが設定されている
・クランプはフォーク径にあわせて、複数設定されている

バイク全盛期だったらともかく、今の時代に凄いことだと思います。

ハリケーンのハンドルの構造をみると分かりますが、相当凝った設計です。
セレーションを組み合わせた角度調整機能であったり、パイプを突き合わせ溶接する構造だったり…。
(溶接痕を消すために研磨されていますが、仕上げのレベルは相当なものです)

全盛期だった頃に設備していたからこそできるんでしょうね。

発注をかけたら、1週間ほどで届きました。

17088630.jpg



GSX-Rのハンドルよりも、少し角度をつけてみました。
高さはGSX-Rとほぼ同じの「GEタイプのバー」を選択しました。

17088631.jpg



長さはハリケーンの方が少し長いです。もうちょっと幅広だったらいいなと思っていたので、

まぁ、ハンドルなんて全ての幅を使う必要はないので長い方が調整が効いて助かります。

17088632.jpg



ホルダーはブラックをチョイス。ゴールドはさすがにね…。
ちなみにハリケーンのクランプのクランプ幅は30mm弱あります。一方、今の突き出し量は20mmちょぃ。
全てのクランプ幅を使ってクランプできませんが、問題ないでしょう。

17088633.jpg



ふむ。こんなもんかなぁー。ハンドルをフルに切ると、カウルに若干干渉します。
使えないレベルではないので、テストしたうえで「これで良し」となった時点でカットするなり、手当てしましょう。

17088634.jpg



コックピットが黒で統一されました。今までシルバーのアルミのバーを使っていたけど、こっちの方がしっくりします。見た目は合格!

17088636.jpg



そうそう、垂れ角は前述の比較画像より、1段角度を強くつけたところで落ち着きました。
テストのため、月ヶ瀬~信楽ルートに持ち込んでみました。

結果は「大成功」。入力が低い状態でのステアリングの応答性が格段にあがりました!
ついで?にリアサスのセッティングを見直したら、抜群に気持ちよくなりました。これだからバイクいじりはやめられない(^^)

そういえば垂れ角が強くなったのに、肩回りの疲れが和らぎました。実はこれも狙いのひとつでした。
垂れ角が強い=前傾姿勢が強くなります。イメージとしては辛くなりそうに思うかもしれませんが、実はそうでもないんです。

ハンドルの高さも同様で、高ければ楽ってことでもないのです。理屈を説明すると長くなるので、また別の機会に…。



☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 作業依頼受け付けております(^-^)/
 お気軽にお問い合わせ ください。
 ~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
スポンサーサイト