FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2018.09
19

TB:0
04:04
Category : KZ1000
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



今回は「その5」です。過去の記事はこちらになります。
KZ1000のフレーム作り(その1:補強の一部)
KZ1000のフレーム作り(その2:マフラーステーの製作)
KZ1000のフレーム作り(その3:リアサスマウントの再構築)
KZ1000のフレーム作り(その4:タンデムステップの取り付け)

その1にも書きましたが、記事を書いた目的は以下のとおりです。
・フレームを触る行為には、考えも及ばないリスクがある
・中古車、とりわけ旧車には、気が付かないだけでとんでもないことになっていることがある

具体事例を紹介していきますが、以下の点にご留意ください。

掲載している画像は、業者さんからの定期報告でいただいたものです。

すべての作業を画像で撮影し、詳細な説明とともに報告くださいます。
その量は膨大で、現時点で1000点弱の画像が手元にあります。

なお、実際の作業は、記事の流れ通りにはなっていません。
実際の作業の時系列はもっと複雑で、歪みや作業効率を考慮したものとなっています。





今日の記事はサイドスタンドに関するものです。
フレーム関連の仕事の中で、もっとも厄介な作業だそうです。

ブラケット自体の変形、部材の摩耗などの複数の要因によって、ガタがでたり、傾きが大きくなったりします。

495.jpg



こういうところって、補強のように「パッと見て分かる」ものではありません。
なぜなら、最終的には正しい状態になるだけだからです。

ですが、複合的な要因をひとつずつつぶしていかないと正しい状態にはならないわけで、ものすごい工数と技術力が必要です。
(私も900Rでトライしてみましたが、とてもじゃないけど今の技量では「無理」なことがよーくわかりました)


あいにく、ブラケットの溶接剥がれは起こっていませんでしたが、今後のことを考えて、追加溶接してもらいました。

496.jpg



サイドスタンド側は明らかにおかしな状態です。この字部分の先端が変形しているのが分かります。

566.jpg



まげて直す前に肉盛りします。

571.jpg



削れて薄くなっている部分も肉盛りします。それにしても恐ろしいほどの溶接技術です。

573.jpg



ブラケットは剥がれてこそなかったものの変形していたようです。

593.jpg



穴は楕円になり、ボルトはがたがたです。

594.jpg



形を整えてから、

602.jpg



肉盛りします。肉盛りしてから形を整えるわけじゃないんですねー。
一気にやってしまうとどう対処すべきかわからなくなってしまうんだろうなぁと思います。これをみていて「手間のかかる作業こそ王道」だと感じました。

603.jpg



ちびちび削って形を整えます。これも全部手作業です…。

609.jpg




サイドスタンド側の修正も続きます。2つの穴を並列かつ綺麗な円に整えなければなりません。
くわえて、ボルトとのクリアランスも適度でなければなりませんので「言うは易し」の典型とのこと。

616.jpg



ブラケット側との調整に入ります。

620.jpg



お互いに仕上がってきているのだから「もうすぐ完成」と思いきや、ここからが大変らしいです。
少しでも削り方を間違えると、ガタが大きくなったり、動きが渋くなったりするそうです。となると振り出しに戻りますので、慎重な作業が続きます。

631.jpg



足の裏側も恐ろしくきれいです。塗装するのがもったいないくらいです。
肉盛りしてこれだけの状態に仕上げる=溶接技術の高さを物語っています。

632.jpg



溶接をされる方ならお分かりのとおり、溶かしすぎてもアンダーカット(熱の入っているところと入っていないところの際(きわ)が凹む現象)がでますし、ピンホールがでたりもします。削って巣がないというのはすごいことです。

そういう意味について、間違いなく「新車以上」だと確信しています。
まだ現物には触れていませんが、とても楽しみです。



☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 作業依頼受け付けております(^-^)/
 お気軽にお問い合わせ ください。
 ~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
スポンサーサイト