FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2018.07
23

TB:0
04:05
Category : GPZ900R
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



腰痛からようやく解放されつつありますので、久しぶりに900Rを触りました。
何かのきっかけで痛めたわけではなく、蓄積した疲れがあふれ出たような状況なので、無理は禁物です。

本当は今シーズン頭には車検を通して、900Rで走り回る予定だったんですけどねぇ。
あせって組むとロクなことはないし、今シーズン中に完成したらいいかなぁーくらいのノリで進めることにします。

AVDSの残骸を使って作った蓋を装着します。
ここのOリングは販売終了なので、工業用途の汎用品を使います。

P-11か、P-11.2くらいだと目星をつけて、両方手配しました。
試しにP-11.2を装着してみたら、しっかりしていたので「採用」です。

17088139.jpg



エア加圧、AVDSはキャンセルしていますし、ダンパー機構もPDバルブに置き換えます。
プリロード、フォークオイルの番手、油面の初期値をどうするか考えなければなりません。


参考にしかなりませんが、一応ノーマルのサービスデータを見ておきます。

17088141.jpg



気を付けないといけないのは、油面が「Fully Extended」ってこと。
つまり伸び切り状態です。900Rの38mmフォークは、最縮状態でオイルを入れるとエア加圧用の「穴」からオイルが漏れちゃうんですよね~。

うちのは穴をふさいでいるし、伸びきり状態で油面を合わせるのはめんどくさいので、伸び切りの基準値357mmから、ストローク量125mm(実測)を引いた値232mmを仮の基準値とおきました。


PDバルブ、アダプター、スラストベアリング、プリロード調整用カラーの受けなど、ノーマルにはないものをたくさん放り込みます。
これらの寸法や体積も考慮しながら基準値を検討します。

17088140.jpg



ちなみにプリロード調整用カラーとはこのようなものです。

17088035.jpg



フォークスプリングと同径のパイプ材がないので、少し小さめの塩ビ管を使うことにしたのです。
そのままでも使えなくはないのですが、外径差を埋めた方がより安心なので、このようなものを作った次第。

こんな感じで収まります。

17088036.jpg




余計な経路をたくさん通りますので、できれば柔らかいフォークオイルを使いたいところです。

ひとまずA.S.H.の#40(一般的なフォークオイルの#10相当)を入れてみたのですが、リバウンド側のダンパーがほとんど効いていません。

穴がありゃ埋めるか小さくするんですけど、こいつには穴がないんですよね~。

フリーピストンとロッドのすき間を変更しない限り、本質的にダンピングを強くすることはできません。


ということで、とりあえずオイルで調整するしかありません。
(手段がないわけじゃないけど、それなりにめんどくさい)

A.S.H.の#58(#15相当)からスタートです。伸縮させると、まだ弱い感じはするんですけどね。
ま、ダンパーのセッティングはスプリングレートをあわせてからやった方がいいと思いますので暫定ってことで。


お次はPDバルブです。
ダンパーは、バルブの開閉をコントロールするスプリングのプリロードで調整します。

スプリング長に個体差があるので採寸をしたうえで、プリロードを調整。ひとまず2.5回転相当からスタートさせます。

17088142.jpg







最後にフォークスプリングのプリロードを設定します。

STDは、62mmほどプリロードをかけています。柔らかめのスプリングをグッと縮める設計です。
市街地走行に適した設定だと思いますが、ワインディングをよく走る私には不適です。

とりあえず+10mmからスタートさせることにしました。
(トップキャップをはめるのが大変…)

これでデータを取って、最終的にはワンオフでスプリングを作ります。



☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 作業依頼受け付けております(^-^)/
 お気軽にお問い合わせ ください。
 ~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
スポンサーサイト