FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2018.07
18

TB:0
04:07
Category : セロー
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



キャブレター交換の主役は「周辺作業」だったりします。



まずはインシュレーター交換から。

セロー、TW系は、こんなところに低頭のキャップボルトを使っています。

掛かりが浅いので油断するとズルっといきます。
この個体はボルトが固着しておりまして、ちょっとひと手間かかりました。

17088100.jpg



こんなボルト1本でも、しくじったが最後、エンジンを下さなければなりませんので慎重にやります。

グッと力を加えたところ、レンチが外れなくなりました。
(「あともうちょっと…」と思ったところでやめるのが吉)

反対側に回せば外れますが、それを繰り返すと工具のかかりがどんどん緩くなるので、この状態でしつこく潤滑剤をくれてやります。


30分ほど格闘のすえ、心臓に悪い音を立てて無事に外せました。ふぅ。


座面はオイルストンで面だししておきます。

17088108.jpg






吸気ダクトを交換します。長期保管車両らしく、どこもかしこも埃まみれです。
まずは汚れを落とすところから始めます。

ウェスで養生し、クリーナーとブラシでせっせとお掃除です。

17088102.jpg




オーナーさんの名誉のために書き添えておきますと、手の届く範囲はとても綺麗に掃除されていました。
が、ゆえに部品を外さないと見えない箇所の汚れが際立ってしまうわけです。


汚れを落としていくと、いろんなことが見えてきます。

例えばココ。汚れにまみれた状態では問題ないように見えてしまいます。

17088105.jpg



前述のインシュレーターもひび割れていました。こんなのを見てしまったら「メンテしなきゃ」って誰でも思うはず。

17088109.jpg



そう思わないのは、見えていないからです。分解して、掃除してみないと分からないことは多いです。
こういうことが多々ありますので、中古車を入手され不安な方は、ぜひご相談ください。





グリップがカチカチに硬化していましたので、新品に交換します。
完全ノーマル状態なので、グリップも純正部品に拘ってみました。

17088106.jpg



私のセローにはYZグリップを使っていましたが、このグリップもいいですねぇ。
とてもしっとりしたフィールで好ましいです。振動にも優しいんじゃないかなぁと思います。

この外観にワイヤリングは似合いませんので、接着剤で固定しました。


スロットルパイプと接触する部分に錆びが見られましたので、耐水ペーパーで磨きます。
スロットルがスパンスパン動かないと気持ち悪いですからね。

17088111.jpg



スロットルパイプの摺動部分にはこいつを塗布します。superlubeです。粘性の異なるものを2種類ストックしています。
(ミシンオイルなど、サラサラのオイルが適していると思います)

17088112.jpg




スロットルパイプの潤滑は賛否あると思います。
頻繁にメンテナンスしている私の個人車両には塗布しないのですが、普通の方が使われる車両には塗布した方がよいと思っています。

特に鉄ハンドルの場合は、何かを塗っておかないとすぐに錆びますから。





部品が届きました。

エアクリーナーBOXとキャブレターをつなぐジョイントが破れていたので新しいものに交換します。
ボックスを外してしまえばあっという間に装着できるのですが、フレームに搭載されたままだとスペースに限りがあるので、ちょっとしたコツが必要です。

結束バンドで縛った状態で穴に放り込みます。バンドをカットして位置合わせしてやれば装着完了です。

17088121.jpg



インシュレーターのボルトを手配したら普通のキャップボルトが届きました。
スペースもあるわけだし、低頭じゃなくてもいいもんね。

17088122.jpg




あとはキャブレターをつけたら完成です。




☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 作業依頼受け付けております(^-^)/
 お気軽にお問い合わせ ください。
 ~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
スポンサーサイト