FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2018.07
10

TB:0
04:07
Category : セロー
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



玄関先で車両をお預かりし、作業場に移動させる段階で大抵のことが分かります。例えば空気圧であったり、ステムの動きであったり…。

今回もそうでした。グリップを握った瞬間、ステムがやばいことが分かりました。

あとはココ、フロントブレーキです。

17088110.jpg



このように見た目も相当な状態ですから、まずかろうことは想像に難しくないのですが、具合が悪い中でも相当にまずい!と感じました。

レバーを握っても「動き」が希薄なのです。タッチが心もとないとかそういうレベルではないということです。
オーナーさんに危険性を説き、ご理解いただけたので作業に着手です。



マスターシリンダー内のフルードをオイラーで吸い出したのち、キャリパー側から古いフルードを抜きます。
ところが、まったくフルードが抜けないのです。マスターシリンダーのポートに、変質したフルードカスが詰まっているのが原因でした。

キャリパーからホースを外してもフルードが自然落下しないんです(笑)


そりゃ「動き」が希薄なはずです。メンテナンスの対象に含めていただいて、大正解でした。

一体、いつのものなのだろうと思われるパッドがついています。汚れもカチカチに固まっていて、ちょっとやそっとじゃ落ちてくれません。

17088113.jpg



パッドが外れました。ちょっと苦労させられました。残量はたっぷり残っていますが、いかにも古そうです。

17088114.jpg




ダストブーツが破れています。

17088115.jpg




このキャリパーは、80年代のYAMAHA車に沢山使われています。
ダストシールではなく、ダストブーツ方式なので、汚れが内部に侵入しないので具合がいいんですね。
(ちょっとメンテ性は悪いですが)

フルサイズの原付から、オフ車まで幅広く使われていましたので、パッドの選択肢も広いし、部品代もさほど高くありません。
(YAMAHAにしてはって意味です)


ポートが詰まり、シリンダー内にフルードが追い足しされない状態なので、油圧でピストンを抜くのは無理です。
エアで抜きにかかったのですが、固着気味でピストンがなかなか抜けません。最後はいきなり「バンッ」と抜けました。

ピストンの錆はさほどでもありませんが、シールキットとピストンキット(シール付き)の価格差はそれほどでもないので、ピストンもろとも交換します。

17088116.jpg




パッドがものすごく外しづらかったのは、パッドを保持する金具が変形しているせいです。
修正できなくはありませんが、モノがモノだけに交換することにしましょう。
(ちなみに1つ2000円くらいします…)

17088117.jpg




なぜかブリードスクリュが曲がっていました。さほど錆びていませんが、折れたら最悪だし、気持ち悪いので交換しておきます。

17088118.jpg



初期洗浄を終えた状態です。気になったのは溝ではなくシリンダー部分の腐食です。
溝は放っておくとこうなるけど、シリンダー部分がここまで腐食してるのは珍しいです。

17088119.jpg




古いフルードが入ったままだと、こんな風になっちゃうんですよね。

ブレーキ周りを腐らせてしまうと、高額な修理コストが発生します。
長期保管するときには、一度分解して、フルードを洗い流しておくといいです。

そこまでできない場合は、せめてフルードを定期的に入れ替えるくらいのことをやった方がよいです。




☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 作業依頼受け付けております(^-^)/
 お気軽にお問い合わせ ください。
 ~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
スポンサーサイト