FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2018.07
09

TB:0
04:01
Category : セロー
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



セロー225のキャブレター交換(社外品)を依頼されました。

が、作業前に車両を点検しますと、いくつかの不具合が発見されました。

その旨をオーナーさんにお伝えしたところ、何段階かに分けてメンテナンスすることになりました。


お持ち込みいただいた車両です。1989年式の3RW1です。
30年前のオフ車であることを考えると、奇跡的とも思える綺麗さです。

17088086.jpg



走行距離もとっても少ないので、屋内で保管されていたのでしょう。
とはいえ、出るところに錆はでています。長期保管車両あるあるです。

17088087.jpg



オーダーはキャブレターの交換です。

だからといってササっと交換して終わり、みたいなことではいけません。
キャブを交換する前にやるべきことがあります。


まずはプラグを外して…って、真っ黒やがなっ。

17088088.jpg



コンプレッションを計測します。

17088089.jpg




キャブにせよ電装系にせよ、主要部品を交換する場合は、コンプレッション計測は必須です。

もし想定した性能がでなかった場合、原因が分からないからです。

まぁ、「そうなってから」チェックすりゃいいじゃんと思うかもしれませんが、こんなものは「最低限やるべきこと」です。


病院で血圧、血液検査、検尿からやるのと似ています。
(診察しかやらない病院は、あまり信用していません)


コンプレッションに問題はなかったので、キャブレター交換の下準備に着手します。


カッチカチに硬化したグロメットに苦戦しながらサイドカバーを外すと…。なんじゃこりゃ、電解液の空き容器でかさ上げされています。

17088090.jpg



バッテリーは交換済ってことにしておきたかったのでしょう。
安価な4L-BSを使って姑息なことをするものです。


ここからは、すべてを疑ってかかることにします。


事前の連絡で「オーバーフロー」していることは聞いておりました。
キャブレターもさることながら、ガソリンコックも死んでいます。

17088091.jpg



コックを外すと…。フィルター部分が朽ち果てていました。燃料系統は怖いですよ。

17088092.jpg



液体ガスケットてんこ盛りです。

17088093.jpg



ここのパッキンを入れ忘れ…じゃなくて、入れずに組んだな。

17088094.jpg



コック側にべったりと液体ガスケットが塗布されています。

17088095.jpg



多分こういうことだと思います。

「腐ったガソリンを抜くのに、コックを外した。パッキンを手配するのが邪魔くさいので、液体ガスケットをヌリヌリしてごまかした」


やだねぇ~。


コックから出てきた細かい錆。

17088096.jpg



元々ついていたキャブレターの中も見ておきましょう。錆がたまってますね。
オーバーフローは「コック不良」「錆によるオーバーフロー」の2つが原因ですね。

17088098.jpg



朽ち果ててこそいませんが、微妙な感じです。

17088099.jpg



朽ち果てているといえば、エアフィルターが朽ち果てていました。

17088101.jpg



朽ち果てた状態で、そのまま走らせちゃったせいで、ボックス内にエアフィルターの残骸が行き渡っています。
ボックス外して洗浄するのがベストですが、ボックスを外すには後周りを全バラしないといけません。

工賃を考えると現実的ではありませんので、パーツクリーナー、エア、針金&ウェスを駆使してせっせと洗浄いたしました。


残骸です。

17088103.jpg




こういうことが「当たり前」に起こりますので「実動」とかうたわれていてもそのまま乗り出しちゃだめですよ!!!

個人売買もそうだし、バイク屋だって油断できません。




☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 作業依頼受け付けております(^-^)/
 お気軽にお問い合わせ ください。
 ~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
スポンサーサイト