RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2018.06
13

TB:0
04:04
Category : GPZ900R
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



タゴスのシートをオーダーしたついでに、こんな部品も手配しました。

17088019.jpg


チョークワイヤーのキットです。
(厳密にいうと「チョーク」じゃないけど)


こんなのが3500円で売ってるってすごいですね~。
ワイヤーだけでも数千円するところに、専用のステーがついているんですから、破格といっていいでしょう。
(単品で作ったら数千円じゃ収まりません)


実は、自作するつもりでいたので中古のワイヤーを買ったんですけど、ノブの位置決め用のボール&ワイヤーが入ってなくって、使いものにならなかったんです。
所詮は中古品…手間かけて探して、また変なのをつかむのも嫌なので、市販品の恩恵にあずかることにしました。


自作するつもりでいた頃に気になっていたことを、どう対処していたのか確認していきましょう。

取説をみるとノブはここに設置するようです。

17088024.jpg



ワイヤーは#2と#3の間を通せとあります。

やっぱりそうだよね~。というのも、右手でスロットルを操作しながらノブを操作したいので、設置位置は左側になります。

左側にノブを設置し、右側にあるワイヤーを引く部分にアクセスするには、#2と#3の間しかありません。
ここを通すのが、もっともワイヤーの曲がりが少ないからです。

それでもワイヤーの曲がりはきつくて、気持ちよく動作させられません。

ノブを右側に設置するなら、大きくRをとることができるのですが…。


ところが、#2と#3の間には、スロットルワイヤーのホルダーがあり、ここに干渉します。そのままだと危険です。

こんな感じです。

17088025.jpg




なので、キットの説明書には「ウォーターパイプに結束バンドでワイヤーを固定せよ」と書かれています。
けど、その方法だとキャブを外す時に結束バンドを切らないといけません。

出先でキャブを外す人には不便極まりません。
(普通の人には気にならんでしょうが)

加えて、前述の設置場所だと(キャブを着脱する都度)ワイヤーのホルダーも外さないといけなくって、やっぱり不便です。

そんなことくらいって思うかもしれませんが、しょっちゅうキャブを外す場合「数分の違い」が手返しの早さにモロに影響します。
私にとっては、捨て置けない問題なのですっ。



ワイヤーの取り回しを考えることにしましょう。

あれこれ動かしていると「ある位置」にノブを持ってくるとスロットルワイヤーのホルダーとの間に距離ができる条件が分かってきました。
これだけすき間がありゃ問題なさそうです。

17088026.jpg




ノブの位置はこのあたりになります。

17088027.jpg



ワイヤーを意図的に「張る」形になります。動きは渋いですが、我慢できないレベルでもありません。
ちなみに、このノブにはストッパーや位置決めが付いていません。抵抗なくスコスコ動く条件だと「引いたまま」にできないので、まぁこれくらい抵抗があった方が具合がいいのかなと。

17088028.jpg




1tの鉄板を使ってステーを作りました。セルフロックナットを溶接し、薄くて剛性がないのでリブを入れています。
点付け溶接ですが、必要にして十分でしょう。

17088029.jpg




いい感じです。キャブに直接装着されますので、キャブを外すときにはステーもろとも一発で外せます。

17088030.jpg



位置はこのあたりです。飛び出ているので見た目は今一つです。

17088032.jpg



ふとしたときに、キャブからワイヤーが外れそうになることがあったのでワイヤーが外れないようにワイヤリングしておきましょう。

17088032.jpg



ボルトの頭がピンクなのは「ここだけ長さが違う」ボルトだからです。
ニードルもよく分解する部分です。着脱する都度、ボルトを探す時間も無駄ですからっ。



☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 作業依頼受け付けております(^-^)/
 お気軽にお問い合わせ ください。
 ~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
スポンサーサイト