FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2018.05
22
Category : GPZ900R
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



ハンドル関連の記事に書いたとおり、NISSINのラジポンはカウルに干渉することがわかりました。
レバーを削ったら装着できそうな気がするけど、試しにフィッティングさせてみただけでNISSINのラジポンが使いたかったわけじゃありません。

値段の割に悪くないけど、絶対にこれってほどのものでもありませんので。
ごつごつした見た目も今一つだし、ピポット部分がすぐに油切れするし。


ということで、別のものを選びます。
リザーブタンク付きじゃなく、あえて一体型を選んでみました。


FZ1のマスターシリンダーです。

17087905.jpg



今回は中古で手配しました。

ちなみに新品の部品番号&部品代は以下のとおりです。
(半年前に調査した結果です)

・マスターシリンダ サブアセンブリ 2D1-W2587-00 11,340円
・ブラケット, マスターシリンダ 5VS-25867-00 680円(手持ちあり)
・ボルト 5VS-26332-00 86円
・レバー2 5VS-83922-00 3100円
・ボルト,レバー 5VS-2589F-00 97円
・ナット,U 65円


ここまでで15,368円です。
スイッチは4HM型番(XJR400)だったので、やっすいサードパーティ品が使えます。

取付け用のボルトとワッシャも純正を使う場合、これらの部品が必要です。

・ワッシャ,プレート 92902-04600 59円
・ワッシャ,スプリング 92902-04100 65円
・スクリュ,パンヘッド 98502-04012 59円

おまけみたいなもんですが、+183円です。
(スプリングワッシャはいらんかな)

全部で1.6Kくらいですから、高くもないけど安くもありません。



年式を考えても、中古のOHで十分と判断しました。

私が購入した時点での流通価格は4000円くらいです。
送料いれても5000円未満です。なかなかにリーズナブルです。


このマスターシリンダーのピストン径は16mmで、MOSキャリパーをダブル使いしています。
同じMOSキャリパーをダブル使いしている車両の「セミラジアルマスター」のピストン径と同じです。

見た目は、いわゆるセミラジアル配置ではないのですが、以上のことからセミラジアルと同等のレバー比になっていると推定されます。


そのくせ「横置き配置」なので、スペース的に断然有利。

ラジアル配置の主たる目的は、大きなレバー比の確保です。大きなレバー比さえ確保できていれば、配置そのものに問題はないはずです。


横置き配置の場合、構造上、レバーとピストンの接触抵抗が大きくなります。
このマスターシリンダーはフリーに動くピン構造が採用されており、抵抗低減も考慮された設計になっています。

17087908.jpg




試しに装着してみました。

17087906.jpg



おー。ばっちり。余裕です。

17087907.jpg








中古品ですから、分解洗浄は必須です。それほど腐っていませんでした。

17087910.jpg



レバーには5VSとあります。あー、XJR1300かぁ。一緒だったのね。

17087909.jpg



ほほぉ。このアルマイトの色は…。

17087911.jpg



素材も固そうだし、硬質アルマイトっぽいですね。
グリースが切れていたにも関わらず、ロッドで押される部分に摩耗は見られません。

17087923.jpg




スプリングの端面。がさがさです。

17087916.jpg



ロッドの先端。

17087917.jpg



このまま使うのは耐え難いので、手を加えます。

ツルツル&ぴかぴかに仕上げます。

17087921.jpg



スプリングの端面も同様です。
スプリングは縮むときって端面にも少なからず力が加わります。ざらざらよりもツルツルの方がいいに決まっています。

17087922.jpg



これまでの経験上、これをやるのとやらないのとではタッチに違いが出ます。





すべての部品をしっかり洗浄したのち、くみ上げて動作させてみました。

横置きの5/8インチ(15.875mmで、このマスターとほぼ同値)と比べるとストローク量が少ないですね。
やはり、レバー比を大きく取り、大き目のピストンを小さなストロークで使う設計のようです。


気になったのはスプリングの反力がものすごく高いこと。

ストローク量が少ない中で、サークリップをはめようとしたときに、少しでもピストンに傾く力がかかるとてきめんに動きが悪くなりました。


ひょっとして…。

ラジアル配置だと、ピストンをまっすぐに押せます。こいつはロッドを採用してフリーに押せるようになってはいるものの、こぜる力はゼロじゃない。
万が一のことを考えて、強めのスプリングを使っているのかもしれません。ヘタに触らぬが吉っぽい。





ブレーキユニットは、車体も含めた全体のバランスによって構築されるものです。
ブレンボラジアルには程遠いと思いますが、それなりのパフォーマンスを発揮させられるように、車体も含めて構築したいと思います。

使いこなしてやるっ。



☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 作業依頼受け付けております(^-^)/
 お気軽にお問い合わせ ください。
 ~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
スポンサーサイト

Comment