FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2018.05
19
Category : GPZ900R
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



900R用に4-2-1のベビーフェース管を入手済です。

正直見た目は好きじゃないけど、最低地上高も稼ぎたいし、メンテナンス性もよさそうなのでこいつにしました。


付属していた部品は間に挟むカラー、バント、そしてやたらと長いボルトでした。
長いボルトで無理やり縛り付けるやり方です。好みじゃない!!
(中古品なので、もともと付属していた部品かどうかはわかりません。あしからず)


バンド固定式の多くが、バンドを固定するボルトそのもので締結する構造です。
目いっぱいトルクをかけるとサイレンサーが変形しますので、軽く締め付けざるを得ません。

結果、ボルトが緩まないだけの軸力を得ることができません。
対策として、セルフロックナットが用いられますが、本質的な解決とは言えません。


なので、機能を分割することにしました。

サクサクっと旋盤とフライスで部品を削り出し。

17087818.jpg



タンデムステップ下にあるSTDのマフラーステーに一番大きな部品を取り付けます。

タンデムステップを回避するために、大きく削り込んでいるのと、

17087819.jpg



先端の凸が、マフラーステー側の凹にきっちりはまるようになっています。

17087821.jpg



この部品は、両端にねじが切られています。まずはステーとボルトで締結します。
このボルトは、ステーと部材を締結する機能しか持ちません。なので遠慮なく規定トルクで締め付けることができます。

17087823.jpg



今度はサイレンサー側です。カラーを間に挟んで締結します。
カラーは、バンドを固定するのに十分な幅にしています。

17087824.jpg



カラーがあるのでボルトを規定トルクで締め付けても、サイレンサーに負担はかかりませんし、
しっかり締め付けることができるので、ボルトも緩みません。


スパナがかかるように2面を設けています。

17087827.jpg



こうなります。

17087825.jpg



うん、なかなかです。

17087826.jpg



斜めに配置されるサイレンサーと、比較的まっすぐなステーに取り付けるわけで、どうしたってバンドは斜めになります。
きちっと取り付けるには、バンドを「3D」で板金しないと無理です。さすがにそこまでは…ということで、これにて妥協しましょう。



☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 作業依頼受け付けております(^-^)/
 お気軽にお問い合わせ ください。
 ~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
スポンサーサイト

Comment