FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2018.01
19

TB:0
04:05
Category : GPZ900R
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



ハブを追込み加工し、ホイール左側の位置出しも大よそ目処がつきました。


その後、部品の調達で少し間があいてしまいました。リアブレーキ周りの仕様も決まり、部品も調達できましたので、作業再開です。


ブレーキディスクの取付けボルトは新品を手配しました。
カワサキのディスクの取付けボルトは、段がついているので汎用のボルトが使えないんですよね。

17086647.jpg



ねじロック剤が多量に塗布されているので除去します。
純正ボルトに塗布されたそれは、量も多くカッチカチになるので好きじゃないんです。

17086547.jpg



ガスケットリムーバーで大よそ浮かせたら、真鍮ブラシで丁寧に取り除きます。

17086550.jpg






今回使うZXR400のホイールにあわせて、アクスル径を20mmにする方法もあったのですが、STDのスイングアームピポットの構造をみるに「先にやるべきじゃない」と考えました。
なので、アクスルシャフト17mmの初期型ZXR400純正のキャリパーブラケットを調達しました。


ZXR400シリーズのリアブレーキはフローティングマウントなので、ニードルベアリングが装着されています。

17086646.jpg



車体にセットします。キャリパーが随分左側によっています。

17086650.jpg



ブラケットがホイール側に寄り過ぎています。ディスクの厚みの半分くらいズレています。
ディスクは6tなので、3mm弱、カラーの幅を詰めます。

17086647.jpg



ところがこのカラーの素材が、尋常じゃなく硬い。ニードルベアリングと接するので当然といえば当然です。SUJ2あたりなのかなぁ?
硬すぎて、最外周だけバイトが逃げる…。

17086651.jpg




最終的には砥石で削ってフラットにしました。
すんげぇ時間がかかってしまいましたが、キャリパーのセンターがでました。

17086652.jpg




ホイールとサポートの間にいれるカラーを製作。

17086656.jpg




削る量が多くって、ものすごく歩留りの悪いパーツです(; ̄ェ ̄)

一番太いところがサポート側になります。
一番細いところはホイールベアリングに刺さり、ベアリングとアクスル径の差を吸収します。



ハブ、ホイール、カラー、キャリパーサポートを組んで、アクスルシャフトを締め付けます。

17086657.jpg




点でマーキングした個所が、STDのパーツを使って規定トルクで締め付けた場合の位置になります。

約1/4回転ほど少ない状態です。

ねじピッチは1.5mmなので、間に挟まれるパーツの総幅は、約0.4mm広いということ。
この程度なら許容範囲でしょう。



ちなみに、上から見るとこんな感じです。どこもかしこもクリアランスはカツカツです。

17086659.jpg






さて、トルクロッドのことも考えておかないといけません。
できればリジットマウントにしたいんですけど、900Rのスイングアームには、ちょうどいい場所にトルクロッドを固定する「受け」がありません。

17086654.jpg



上から見てみます。丸で囲った部分が、キャリパー側の受けです。矢印で刺した部分が、STDの保持部です。何とかなるかな…。

17086653.jpg



角パイプを突っ込んで連結させるか?!

17086655.jpg




リジットの方がいいけど、悩ましいところです。
フローティングマウントだと、センタースタンドの受けを使えば、簡単かつすっきり仕上がりそうなんだよなぁ…。


ちなみに、入手したキャリパーサポートはフローティングマウント用に設計されたものです。
アクスルシャフトを締め付けても、回転方向にサポートが動くよう、サポートの幅よりも、カラーの軸の幅がやや広く取られています。

フローティングマウントには必要なすき間ですが、リジットにするなら不要なガタ…。

現状、フローティングかリジットかはっきり決まっていないので「そのまま」にしていますが…。


考えていても結論が出せないので、角パイプを使ってリジット用のトルクロッドを作ってみようと思います。



☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 作業依頼受け付けております(^-^)/
 お気軽にお問い合わせ ください。
 ~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
スポンサーサイト