RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2017.08
08

TB:0
04:03
Category : エア・グー
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



ASウオタニ製 ASウオタニ SPII ハイパワーコイルキャンペーン中です♪

詳細はコチラ!



セラミックスエアー装置 エア・グーを導入しました♪

詳細はコチラ!





愛車のキャラバンにもエアグーを施工します。


先々月だったでしょうか、スタッドレスから夏タイヤに交換するタイミングで、新しいタイヤに入れ替えました。
(私は年に5000キロも走りませんので、タイヤ交換は距離ではなく「年数」基準です)



チョイスしたのは、ミシュランのAGILISです。

17015421.jpg




AGILISは、バンタイヤにしては高めの価格設定です。少なくとも安いタイヤではありません。
(ほぼ同じ価格帯のブリヂストンと最後まで悩んだのですが)

ハイエースをはじめ、バンタイヤの市場はそれなりにあります。基本的に「お仕事車両」ですから、廉価なタイヤも存在します。
が、私の使い方は、「乗るときは長距離」なので、疲労につながる因子は極力小さい方がいいので、コストを投入する意味があると判断しました。



余談ですが、うちのキャラバンはショックサイレンサーナットを装着しています。
こいつのおかげで、乗用車なみ…とまではいわないまでも、本格的に足回りを”いじっていない”バンにしては、かなりのレベルにあると思います。

16013059.jpg



ですが、バンの域を超えているのか?と言われると、そこまでではありません。

重たいタイヤがドタドタと動いているのが伝わってきますからね。




さぁ、エアグーを施工するとどうなるのでしょう。いざトライです。

17015419.jpg




タイヤに負荷がかからないようにジャッキアップしてから施工します。

17015420.jpg




コンプレッサー直下だけでなく、エアグーの直前にドライヤーを噛ませています。
気休めかもしれませんが、できるだけ水気は排除したいですから。
(なので、エアグーを使わないときのエア補給はハンドポンプを使ってます)

17015418.jpg




関係筋からの情報では、窒素ガスとの相性が今一つとのこと。うちのもタイヤ交換時に窒素ガスをいれられちゃったので、数度エアを入れ替えました。
大きなバンタイヤにエア充填するには、コンプレッサー容量も不足しているので、ジャッキアップも含めて、かなり骨が折れました。

バイクに施工するより数段しんどいです(笑)








なかなかテストできなかったのですが、施工1週間後に、高速移動のある外出予定が入りました。


バイク同様に、走り出した瞬間から違いを感じます。とにかく軽い。

空走感が高いので、今まで同じ感覚で車間調整できません。
今までの感覚でスロットルをオフしても、すーっと走ってしまうので車間が詰まってしまいます。


曲がる、止まる、走るのすべてにおいてネガを感じません。



高速に入ります。

乗り心地、直進安定性ともに抜群です。
高速に入った当初は、ステアリングも軽くなって不安だなぁと思ったのですが、ヘタに抗わなければふらつくこともなく、ズバーっと直進します。


一番驚いたのは、ギャップに入ってもドタバタしないこと。

ストン!といなしてくれます。


なにより、ギャップの頂点を超えた後の挙動が素晴らしい!!!


今まで、ギャップに突入→サスが沈む、ギャップの頂点を超える→路面変化に追従できずにいました。
結果「フッと荷重が抜け、接地感が乏しく」なっていました。

乗車位置と重心の高いキャラバンでは、結構恐怖を感じるんですね。


これがですねぇ、エアグーを施工したら、タイヤが路面の変化に追従するんですよ!
しかもしなやかなので、ギャップがまるで怖くありません。

上下・左右の姿勢変化が劇的に少なくなりますし、乗り心地が向上することも手伝って、疲労の程度がまるで違います。


片道2.5時間の道中だったのですが、特に往路で絶大な威力を発揮しました。
真っ暗で路面の状態がよく分からない真夜中の山陽道が、まるで怖くないのです。今までとは緊張のレベルが違います。


バイクほどにオンザレール感はありませんし、上下の姿勢変化が少なくなったせいもあるのかな?と思いますが、コーナーリングもよくなりましたよ。
(コーナーの途中のハンドルの微修正がほとんどいらなくなります)



エアグーを導入するとき「安くはないけど、試してみないと分からないからなぁ。いっとくかっ!」と、それなりの気合を込めて踏ん切ったんです。

これだけのパフォーマンスアップを、他の手段で実現するには、かなりのコストを投入しないとだめでしょう。
(あるいは、コストを投じたところで、実現できないんじゃないかとも思います)


個人レベルで見ても、投資対効果は抜群に高いと言わざるをえません。




☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 作業依頼受け付けております(^-^)/
 お気軽にお問い合わせ ください。
 ~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
スポンサーサイト