RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2017.05
01

TB:0
04:04
Category : セロー225
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



初期型RZ250/RZ350用 スイングアームピポット ベアリング化キットをリリースします。現在、予約受付中です!

なーーーんと、13,800円なのに、13,8000円と誤植しておりました。ある方のご指摘で気がついた次第。ありがとうございます!m(_ _)m

詳細はコチラ!





前回作成したステーの素を、フレームの形状にあわせて削り込んでいきます。

17014793.jpg



溶接しましたー。

17014794.jpg



上側を基点にし、現合で下側を作ります。本番モードで取り付け方を考えます。

キットに付属していたラバー。キットではこれを挟み込んで固定します。

17014796.jpg



ラバーマウントにしておかないとコア本体にクラックが入りますので、必須です。
純正でもそうなってますよね。

でも、純正の場合「ラバーを挟み込む」なんてことはやりません。内径にカラーをいれてボルトの軸力をうける構造になっています。

ラバーなんぞ「挟んだ」日にゃぁ、ボルトやナットはすぐに緩みます。
キットではその対策としてセルフロックナットを使っていますが、本質的な対応とは思えないです。


ということで対策です。ポンチで内径を大きく拡大。

17014797.jpg



カラーをワンオフで製作します。

17014798.jpg



なかなかでないかぃ?空気の流れが少しでもよくなるように、直立に近い角度で取り付けてみました。

17014799.jpg



前述のカラーに厚みを持たせることで、ヘッド周りへの空気の流れも確保しました。
張り出させると、別のリスクがでるので、ほどほどに…。

17014800.jpg



上が決まったので、下側をやりましょう。同じくステーの素を作ります。
1度目はうんこ座りで溶接してババっちくなったので、2度目は作業台でやりました。作業姿勢って大事やのぉ~。

17014801.jpg




大変なのはココからです。フレームに合わせてステーの素を削り込んでいきます。めんどくさーい作業です。

17014802.jpg




難しいのは、上側に設置した「ねじ」との平行性です。できるだけ留意はしましたが、完全に整えるには、治具でも作らない限り無理です。
さすがにそこまでやってられんので、目で合わせました。ステーとフレームのクリアランスが若干大きくなってしまったので、TIG溶接は無理です。
古典的?な手棒溶接でバリバリっと溶接。

17014803.jpg




こんな感じかな。

17014805.jpg


コアの剛性確保って意味では、矢印のところにカラーを噛ませて、ボルトを「貫通」させて締結させたいところです。
が、平行度に若干問題があります。ボルト部分の平行はでているのですが、コア本体の穴位置が…。

貫通に固執した方が、コアに負担をかけると判断。非貫通でボルト締結しました。


余談?ですが、このあとでエンジン前方のマウントを外しました。

長尺モノの途中に熱をいれていますので、フレームが歪んでいないか心配だったのです。
特にボルトの通りが悪いといったことはありませんでしたが、少なくとも、ボルトの座り具合は変わりますので、一旦外す意味はあると思います。



あとはオイルラインを繋いだら完成ですね。もうちょっとだー。



☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 作業依頼受け付けております(^-^)/
 お気軽にお問い合わせ ください。
 ~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
スポンサーサイト