RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2017.01
31

TB:0
04:12
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



価格と性能のバランスを高い次元で実現した黄色い缶の「A.S.H. VSE」をにえガレのストアのラインナップに加えました。

にえガレのストア





ストックパーツの整理をしていたら、こんなものが出てきました。

16014074.jpg




10年以上前にRZにつけていた多孔プレートです。


最初はリードブロックを上下に仕切るように入れていたと記憶しています。中低速トルクはでましたが、全開だとまるで走らず、パーシャル特性もくそ悪かったです。


多孔プレートの周囲にはかなりの乱流が発生していると思います。乱流って、ヘタに物体を放り込む以上に抵抗になるみたいですね。

液体のガソリンを捕獲しつつ、抵抗にならないようにするにはどうしたらいいのかを考えた結果、こんな形になりました。
弊害が減った反面、つけてる意味も薄らいできたので(笑)、結局外しちゃいました。


私にとっては、パワーやトルクを上げることより、コントロール性のよい特性にする方が、はるかにプライオリティが高いです。
まして、RZは2ストロークのスポーツバイクです。実用車ならともかく「全開」で気持ちよくないのはねぇ~。




では実用車ならどうか?答えはまったく変わります。

私が多孔プレートやディンプルチューンに期待するのは、むしろ実用域でのパフォーマンス向上です。
燃費はもちろん、ドライバビリティも重要です。


ということで、2ストロークのディンプルチューンは、実用車であるアクシス90でトライしたいなぁと考えています(した)。


「日々の足」なので、動かなくなると困っちゃうので、予備のキャブを手配しました。

16013878.jpg



分解してみると、うちの3VR2と微妙に仕様が違います。まじかヽ(;▽;)ノ
基本構成は同じだろうから、使えなくはないと思いたい…。


中の状態は年式相応。使えないことはありませんが、内部パーツの状態は、今使ってるキャブの方が上でした。
使うとしたら内部パーツは移植して使いたいところです。ディンプル加工に失敗した場合の予備パーツにします。



失敗してから調達すればよかったかもしれませんね(; ̄ェ ̄)
ま、とりあえず洗浄だけはしておきましょう。

16013880.jpg




油まじりの汚れのおかげで、腐食もほとんど進んでいません。ぴっかぴかになりました。

16013883.jpg




うーむ…。エンジン側から覗いてみると、ジェットニードルまでの距離がやたらと長く、経路も細いです。
できれば、スロットルピストンの近傍にディンプルを掘りたいんですけどね~。

16013884.jpg




仕方がないので、リューターが届く現実的な位置にディンプルを掘ることにしました。
今使ってるキャブに加工します。取り外したのち、完全分解します。


闇雲に掘ると失敗しそうなので、マーカーで印をいれます。

17014265.jpg



ディンプルを掘る位置&個数は次のようにしましたが、妥当性も根拠もありませんのであしからず。
 ・マーカーの前後に、環状に2列掘る
 ・印をいれたところ、印と印の間に掘る
 ・前後のディンプルは重ならないようにする




ディンプルを掘るのに使うビットは、手持ちの中でもっとも小さいものを使いました。

17014266.jpg




翌朝。ここのところ、気温が低かったので、始動性が悪くなっていたのですが、セルを回すとあっけなくエンジンが始動しました。

直後のアイドリング回転数がやたらと高いのも興味深いです。いつもなら、ボソボソ回ってるのにね~。
この症状だけを切り取ると、濃い方向にでているようにも思えます。

17014293.jpg




乗ってみようとおもったら、雪まじりの雨がふってきました。試乗記は、別途したためます。



☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 作業依頼受け付けております(^-^)/
 お気軽にお問い合わせ ください。
 ~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
スポンサーサイト