RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2017.01
11

TB:0
04:05
Category : XR100モタード
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



価格と性能のバランスを高い次元で実現した黄色い缶の「A.S.H. VSE」をにえガレのストアのラインナップに加えました。

にえガレのストア





XR100モタードのノーマルスプリングの実測値を元に、あれやこれやと計算したのが前回の記事です。
XR100モタードのフロントフォークの改修計画(その1)

・フォークスプリングレートは0.34-0.74kgf/mm。
・線間密着点(0.74kgf/mmにかわるポイント)は約88mm。


計算結果より「初期の動きは大きく、ググっと踏んばってほしいあたりで動きがスティッキーになる」という特性が推測されます。
実走行データを当てはめてみても、この推測でほぼ間違いなさそうです。

データより、0.50kgf/mm前後のシングルレートにするとよさそうだなぁと思ったら、HRCから0.50と、0.55のスプリングが準備されていました。
値段もそれほど高くないので、これを使うのが簡単だと思います。

それじゃ面白くありませんので、ノーマルスプリングを加工して遊んでみましょう!






何をどうしたいのかを決めないと始まりませんので、気になるポイントと、改修要件を定義します。

まず気になるのは「スッコーンと沈んで、あるところから急激にスティッキーになる」特性です。
こうなる原因は2つ。ノーマルスプリングの低い側のレートは低すぎること、低い側と高い側のレートの差が大きいことです。


改修要件は、次のように定義しました。
・ブレーキングでの沈み込みを抑えたい
・市街地での最低限の乗り心地は確保する
・ストロークは使い切っても構わない


低い側のレートをあげて、線間密着点を(ストロークの)浅い側に持ってくることにします。


具体的な数値に落とし込みました。設計図みたいなものですね。

16014128.jpg




あとはこれに従って加工していくだけです。

車体を保持します。

16014124.jpg



スプリングを抜きます。トップブリッジを外さないとスプリングすら外せないのは実に面倒です。

16014125.jpg




サンダーでスプリングをカットします。低い側のレートをあげたいので、カットするのは「巻きが密な部分」です。

16014126.jpg




サンダーでカットしたままでは使えませんので、端面処理をします。

16014127.jpg





カットした終端を密着させ、端面の直角を出しつつ平滑にしあげます。
左右のスプリングの長さが何mmも違っているとブサイクですから、できれば合わせておきたいところです。

特別な道具こそ使いませんが、やり方は我流なので、くわしいやり方は書きません。





スプリングが完成したらプリロード調整です。誤解を恐れずにいえば、姿勢合わせ…かな。


レートがあがりますので、プリロードは「抜く」方向で調整します。
抜く方向とはいえ、スプリングをカットしていますので、自由長はかなり短くなっています。

ノーマルのカラーでは全く足りません。ノーマルの鋼製カラー(長さ50㎜)は撤去し、新たなものを作ります。

16014129.jpg



使うのはコレです。毎度おなじみの塩ビ管です。VP16を使います。

16014130.jpg



こんなもので大丈夫なのか?と思うかもしれませんが、まったく問題ありません。
(座屈強度を計算すると分かります)




カラーですが、計算で求めた長さと、少し長いものを複数製作しました。
各々を車体に組み込んで1G計測をし、あらかじめExcelで作っておいたシートにプロットし、設計した内容が再現できたかどうかを検証します。

実走しながら詰める方が格段にいい結果になるのですが、時間もないし、寒いので複数ポイントをグラフにプロットすることで代用しました。


結果はバッチリ。設計内容は見事に再現できました。押してみた感じもいいし、乗車姿勢にも違和感はありません。


やりながら感じたのは「結局、HRCのレートと、指定プリロードで組むのが一番早いな」ってことです(笑)

こんな手間をかけるよりも、HRCからスプリングを買った方がよっぽど楽で確実ですf(^_^;
あくまで私個人が(過程を含めて)楽しんでるだけ
なので、数値の公表は控えさせていただきます。


あ、そうそう。フォークオイルは「とりあえずそのまま」です。

オリジナルスプリングを設計する際は、スプリングやカラーの容積からエアボリュームを計算し、油面の初期値を検証するのですが、今回はそこまでやってません。

今回の場合だと、「板厚の薄い鋼製カラー&すき間のあるスプリングをカット」したところに「厚肉の塩ビ管を放り込んだ」のでフォーク内のエアボリュームは減っています。フォークオイルの油面をあげたのと同じ状況ですね。これをベースに、実走行で詰めていこうと思います。



☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 作業依頼受け付けております(^-^)/
 お気軽にお問い合わせ ください。
 ~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
スポンサーサイト