RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2017.01
04

TB:0
04:05
Category : セロー225
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



価格と性能のバランスを高い次元で実現した黄色い缶の「A.S.H. VSE」をにえガレのストアのラインナップに加えました。

にえガレのストア





エンジンも車載したし、リアのサス周りにもグリスアップしたし、オイルを入れて音出しだぁ~
…と思ったものの、あいにくその日は時間オーバー。


やっつけてしまえなくはなかったのですが、NGCのリトミックエキパイのメンテもしたかったし、別の日に腰を据えてやることにしました。





次に作業できるまでの数日間を悶々と過ごしました。

「あそこはもうちょっとできたんじゃないか」みたいな感じのことが、頭の中にモワモワといろんなことが浮かんでくるのです。思いっきり寝不足です(; ̄ェ ̄)

もぅ、気になるんだったらバラすしかないよね!と、音だし前に分解です。

分解してみると気分すっきりヽ( ̄▽ ̄)ノ

数日前の自分は、きっちりとやるべきことをやっていました。
マニュアル通りに組むだけなら、こんなに悩まないんですけどね。


車載状態で腰上をバラすときにやっかいなのがカムチェーンです。
「チェーンさえ落とさなければ、どうということはない」エンジンも多いのですが、セローの場合、クランク側のスプロケからチェーンが外れてしまうと、ちょっぴり厄介なのです。

軽度の負荷をかけることができ、かつその状態でクランキングをスムースに行うため、ジュラコンでプーリー?を削り出してみました。

16014052.jpg




シリンダーの座りの良い位置を出すのにクランキングするときも、チェーンがスムースに回ってくれるので、実に具合がよかったです。

ただ、改良の余地はあります。画像では直接ゴムで引っ張ってますが、この状態だとゴムを切らないとカム側のスプロケットを取り付けられないとかね。
プーリーを引っかけておく金具があるとベストだけど、ただのエスカンだと落下しやすいので、もう一工夫必要かなぁ。






オイルをいれます。今回からA.S.H.のVSEを使ってみます。

16014053.jpg




今まで使っていたFSEと”運用方法も含めた”比較を行うためです。

FSEでは2000キロサイクルでオイル交換をしていました。VSEをさらにショートスパンで交換する運用と、どちらが優位かを総合的に判断したいと思ってます。


ここでひとつお断りしておきます。私がやろうとしているのは、一定以上のパフォーマンスを持つオイル間の比較です。

安物のオイルをショートスパンで交換する運用とはまるで意味が違います。
新油状態で満足な性能を持たないものをいくら交換しても、パフォーマンスが発揮されるわけがないからです。






ガソリンを通し、セルを回すとあっけなくエンジン始動。
アイドリングの安定感は抜群です。いいねぇ。少しエアリッチな感じがするので、ASをちょぃ締めして、慣らし運転へゴーです。

クラッチハウジングを除けば、噛みあわせや摺動する部分に、新しいパーツは使っていませんので、慣らし運転は250キロ程度で十分でしょう。


角のある振動が減りましたし、エンジンが暖まっても振動の質に大きな変化はありません。
クラッチハウジングを交換したことが効いていると思います。

本来の状態に戻ってくれたと思います。


手間もお金もそれなりにかけていますので、心情的には、もっと静かで、振動が少なくなってほしいとは思うのですが…。

やはり機械は正直です。設計品質以上のパフォーマンスは望むべくもありません。
ヘッドからは弁機構の音がカタカタでていますし、エンジンの左に回ればカムチェーンがにぎやかに音を立てています。

よくもわるくも、セローです(笑)


美点もたくさんあるはずなんですが、そこに目が向かないのは、よくない傾向です。
欠点を叩くだけじゃなく、美点を伸ばす方法もまた有効ですからね。

こういうときに、気張りすぎると嫌になってしまうので、しばらくは足代わりの道具として使い倒すことにします。

「ほけー」っと走っていれば、また何かが見えてくるでしょう。




☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 作業依頼受け付けております(^-^)/
 お気軽にお問い合わせ ください。
 ~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
スポンサーサイト