RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2016.12
30

TB:0
04:04
Category : YAMAHA
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



価格と性能のバランスを高い次元で実現した黄色い缶の「A.S.H. VSE」をにえガレのストアのラインナップに加えました。

にえガレのストア





腰下を分解していきます。

クラッチ側のカバーを外そうと思ったら、ボルトの頭がなめていました。
あれやこれやで何とか外しまして、カバーをはぐります。

16013999.jpg



クラッチは焼け焼けです。交換ですね。
(1393円×6、1372×5で、15,218円なり)

16014017.jpg



ハウジングはガタガタ。これも交換です。
(15,552円なり)

16014018.jpg

16014019.jpg



シフトシャフトはそこそこの状態。使えなくはないけど、OHするなら交換しておきたいパーツです。

16014021.jpg



マグネトを外そうと思ったら、ねじ部が錆びていてプラーが入りません。セッセとワイヤーブラシでこすってようやくプラーが入りました。

16014022.jpg




2ストなので、1次圧縮室周辺はこれでもか!というほどに、ボルトで締結されています。

16014023.jpg




マグネトが外れたので、こいつにアタックです。固着していて外れてくれないのです。
(マグネトがあるとケースを保持できない)

ボルトが折れるんじゃないか?と思うほどに強固でしたが、なんとか外せました。ふぅ。

16014024.jpg



クランク右端のシールが崩壊していました。
こりゃギアオイルを随分食っていたと想像いたします。

16014025.jpg

16014026.jpg




作業と並行しながら、YPVSバルブのカーボンを剥離中。汚れがひどすぎて、傷んでるのかどうだか判別できないからです。

16014029.jpg



SSTを装着し、ケースを分割していきます。

16014030.jpg



分割完了。

16014031.jpg




クランクベアリングの外周に錆がみられます。タマの部分は錆びてなさそうなので一安心です。
(いずれにせよ交換するんですが)

16014032.jpg



クランク左端のシールをみると、リップが崩壊していました。
右側のシールも崩壊していたので、一次圧縮が保たれるわけもなく…。相当走らなかったのではないかと推測します。
まぁ、焼き付かなくてよかったです。

16014033.jpg






お次はミッション&シフト系です。

ん????

16014034.jpg



な、なんじゃこりゃ~ヽ(;▽;)ノ

16014035.jpg

16014036.jpg

16014037.jpg



ここまでイッてるのは初めて見たかもしれません。



お次はミッションです。歯先がやられています。

16014038.jpg



シフトフォークと接触する部分です。こちらもガビガビです。

16014040.jpg




シフトフォークは約3000円/個で、3つですから約1万円。
ミッションのギアは約7500円/個くらいしますし、販売終了のものもあります。手に入るものだけでも手配したら、あっという間に5~6万が飛んでいきます。



しかし、なぜにここまでひどくなったのでしょうか。

この系統のエンジンの腰下は、セローやDT200R系統と似ている個所があります。
もっとパワーのあるエンジンでも、ここまで傷んでいるケースはあまり見かけません。


ここで気が付きました。

もしかして…。

16014000.jpg




ギアオイルです。こんな小さくて浅いバットに3杯程度のオイルしかでてこなかったので、最初「ちゃんと抜いてないな」と思ったのです。

が、もしかすると、まったく抜いてなかったのではないか?と思えていました。規定量の1/3程度しかギアオイルが入ってなかったのだとすれば、クラッチの焼け、シフトやミッション周りのダメージの説明もつきます。

言うまでもありませんが、オイル量の管理は基本中の基本です。







お知らせいただいた車体番号を調べたところ、1992年式(平成4年)でした。

当時のヒット曲を調べてみたら、
1位が「君がいるだけで」(米米CLUB)
2位が「悲しみは雪のように」(浜田省吾)でした。

大事MANブラザーズバンドの「それが大事」も上位にランキングされていました。

40代の方にとっては懐メロですね。若い人なら知らない人の方が多いでしょう(; ̄ェ ̄)

このように、『24年』というのは想像以上に「昔」なのです…。

年月は確実に流れています。いかに古い車両なのかを、またその古い車両を所有することがどういうことなのかを、よく自覚しなければなりません。

2スト125ccのバイクが、魅力あるバイクであることは疑いようもありません。そして、この先2度とでてこない…。



オーナーさんに、エンジンの状態をお知らせしたところ、OHは断念されました。
このほかにも、キャブレターやブレーキキャリパーもお預かりしたのですが、エンジン同様、相当にやれていました。

マスターシリンダー、ホイール、スプロケット、チェーン、スイングアームにリアサス…。他の部位の状況も察して知るべしです。

雑誌は絶版車などと もてはやしますが、現実は甘くありません。
当たり前の基本的な管理はもちろんのこと、「これじゃなきゃ」と想い焦がれる以上、相応の覚悟が必要なのです。




☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 作業依頼受け付けております(^-^)/
 お気軽にお問い合わせ ください。
 ~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
スポンサーサイト