RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2016.12
06

TB:0
04:01
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



価格と性能のバランスを高い次元で実現した黄色い缶の「A.S.H. VSE」をにえガレのストアのラインナップに加えました。

にえガレのストア





うちで現在稼働中の2ストローク車両は2台です。
メイン車両のRZと、ゲタに使ってるアクシス90です。


後者には、すでに多孔プレートを施術しており、燃費の劇的な向上を果たしています。
今回、これにディンプルチューンを絡めて、どのように化けるのか?にトライしたいと考えています。

長期的には分かりませんが、RZには、今のところ施術するつもりはありません。
排気デヴァイスすら持たない「シンプルなRZ」がとても気に入っているからです。他にも理由があるのですが、それについては追々…。

RZは、なーんにもしないってことではありませんよ。こいつは「点火時期マップ」作りで遊んでみるつもりです。






話しを戻します。とりあえずはゲタに使っているアクシス90にディンプルチューンを施します。
多孔プレートは外しません。理由は、多孔プレートが「吹き替えしの抑制」に有利だからです。

多孔プレートのよいところは残したままで、ディンプルチューンを融合させようと思います。


私がディンプルチューンに期待することを書いておきます。いうなれば目的です。
ここをはっきりさせておかないと、ディンプルを掘ること自己目的化し、何をやりたいのかまるで分からなくなるからです。


私が期待するのは『中回転域でのトルク向上』です。

街中を走る限りにおいては、今でも十分に速いのですが、最近「お疲れ」気味なんですね。

OHしてやれば回復すると思いますが、それもね…。
常時ぶち回されていることを思うと、レーサー並の過酷な稼働条件ではあるのですが、だからといってゲタスクーターを数千キロごとにOHってのも現実的ではありません。

とにもかくにも中回転域でのトルク向上です。坂道や巡航状態からの再加速をストレスなくこなす「ゆとり代」が欲しいのです。





具体的な方策を検討するのに、多孔プレートの特徴を押さえておきたいと思います。

何度も書いています通り、多孔プレートは特許化された技術
です。
特許の骨子は、この記事に整理していますので、興味のある方はご覧ください。

理論面でのキーワードは「乱流」と「吹き返された燃料の捕獲と利用」です。
これを実現するための施術面での要件として、以下の記述があります。

・多孔の穴は上流側と下流側で大きく異なることを特徴とする
・上流側が大きく、下流側が小さいことを特徴とする



考え方は、このようになります。

・上流側でより一層乱流を生じさせ、霧化させる
・下流側で吹き返す混合気を止める




要約すると、このようになります。

「乱流は上流側で発生させる。乱流を発生させるために、多孔の穴は"大きく"する」
「吹き返しの抑制は下流側が担う。そのため多孔の穴は"小さく"する」



ここから読み取れるのは、乱流を発生させるためには大き目の穴が有効…ということ。

私が多孔プレートに"主に"期待するのは吹き返しの抑制ですから、下流側は"ぜひとも残したい"です。
一方、ディンプル加工を施すのであれば、乱流を発生させるために装着している上流側のプレートは撤去してもよいかもしれません。


というように、大よその目星はつけました。まずは上流側プレートを撤去し、ディンプル加工を施してみます。
とりあえずはキャブから攻めるつもりですが、近い将来は掃気ポートにも…。



なお、4スト編はまた追々。当面はセローでトライする予定です。
中低速トルクが底上げされれば、さらに気持ちよくなるに違いない…。




☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 作業依頼受け付けております(^-^)/
 お気軽にお問い合わせ ください。
 ~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
スポンサーサイト