RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2016.11
24

TB:0
04:10
Category : XR100モタード
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



価格と性能のバランスを高い次元で実現した黄色い缶の「A.S.H. VSE」をにえガレのストアのラインナップに加えました。

にえガレのストア





こんなものを取り付けます。画像のアングルが悪いですが、アンダートレイ(アンダーカウル)です。

16013754.jpg




見た目を向上させるために取り付けるわけじゃありません。

「有事の際に、オイルを受けるため」に取り付けます。


なので、タイトルでは「トレイ」と書きました。


これがないと走らせてくれないサーキットも増えています。
ミニバイクの場合だと、ノーマルに近いクラスでは不要な場合もあるようですが、つけておいて損はないと思うのです。


実際、先日のラ・パラでオイルをまき散らした車両がありました。
エンジンから、ドバドバオイルが流れ出していました。走っていて分かるくらいだから、相当な量です。

たぶんケースが割れたか、ドレンが外れたのでしょう。まぁ、洒落にならない光景です。


ルールになっていないとはいえ、たくさんの方に迷惑をかけます。
これが付いていたからといって「路面にオイルを撒かずに済む」わけではありませんが、やらないよりはマシですよね。



選んだのはPOSH製です。箱にはAPEとしか書いてませんでしたが、XR100モタードにも適合するようです。

オイルを受け止めることが目的ですから、スリットなどの余計なものがなく、できるだけ安価なものを選びました。
ダウンマフラーとの干渉を避けるため?に、妙な形状になっています。お世辞にもかっこいいとは…。






うちのXR100モタードは、バックステップ化に伴い、サイドスタンドはエンジン下部にマウントしています。

トレイのステーもエンジン下部に取り付ける設計ですから、ステーすら取付けできません。
サイドスタンドとトレイも思いっきり干渉するので、取付けはかなりめんどくさかったです。


「サーキット走るときだけつけよう」かなぁと思い、サイドスタンドステーを外して、取り付けてみました。
ところが…穴の位置がまるで合いません。思いっきり引張れば何とか取付けできるかなぁ~みたいな…。

こんなもん、サーキット走るたびにやってられるかっ!!!!!


ということで、思いっきり欲張ってみることにしました。

・サイドスタンドを取り付けたままで装着すること
・トレイの着脱は5分以内でできること
・オイル受けの機能は殺さないこと

3つの要件を設定しました。



まず前方のステーから。エンジンマウントと共締めにします。
エンジンの下側をジャッキで保持しないと、ボルトが着脱できません。

16013757.jpg



いわゆるウェルナットで取り付けるのですが、ナットを締め付けると、トレイのヘリとステーが干渉することが分かりました。
トレイをカットしようかなぁとも思いましたが、クラックが入ると嫌なので、薄いカラーを旋盤で製作し、挟み込みました。

16013772.jpg





次にサイドスタンド側を加工します。スプリングの張出しが大きいので、これを是正します。

スプリングをひっかけるピンをカットして再溶接しました。随分TIG溶接にも慣れてきました。

16013763.jpg




スタンド側も加工しました。で、できあがり。動かしてもどこにも干渉せず、かつギリギリを狙いました。

16013765.jpg




お次はトレイ用のコの字型のステーを加工します。溶接するので、表面処理を部分的に剥がしています。

16013766.jpg




スタンドステーを回避できる形状に加工します。

16013768.jpg




フラットバーを溶接します。

16013770.jpg




干渉する部分をカットします。うん、うまく回避できそうです。

16013771.jpg




ステーとトレイの穴位置があうように、ステーの取付け穴を拡大して調整しました。

できるだけサイドスタンドから遠ざけたかったので、右側に追い込むことにしました。

結局、元の穴から前後に5mm、右に8mmほど移動しました。取付け穴はがばがばです。
ただでさえ2点止めが1点止めになっていますので、しっかり締結しないと、すぐに緩んでしまいます。

対策として厚ワッシャを溶接しておきました。



ステーの位置が決まりましたので、トレイの干渉部分をカットしていきます。

オイル受けの機能を殺さないように、カットは、横方向に出っ張っているところだけにとどめました。
パッと見は分かりづらいですが、黄色の矢印のところまでトレイがあります。

16013774.jpg




完成ですっ。

16013775.jpg

16013776.jpg




こんなに手間かかるとは思いませんでしたー。全身バキバキになりました_| ̄|○
でも、設定した3つの要件はクリアーできましたので、大満足です。これで安心してサーキットを走れそうです。

タイヤウォーマー準備しないと…。



☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 作業依頼受け付けております(^-^)/
 お気軽にお問い合わせ ください。
 ~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
スポンサーサイト