RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2016.11
14

TB:0
04:04
Category : アクシス90
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



アクシスくんの「お疲れ感」解消メンテの最後は、フロントブレーキです。


特性劣化がもっとも激しかったのが、フロントブレーキです。
超お気に入りだっただけに、落胆は大きい…。

寒くなると指先の感覚も悪くなりますので、早めに手をつけておきたかったのです。


前回の作業記録を確認。今回も同じような印象で、低速でしゃくるんです。
このときは、パッドに溝をいれています。

16013672.jpg



その後、1000キロほど走ってから、マスターシリンダーの交換ついでにキャリパーを分解洗浄しています。
その時から2500キロくらい走ったのが現状です。

16013670.jpg




いつものように分解洗浄したかったのですが、時間がないのでモミだしで我慢。

しかーっし、モミだししても、片方のピストンのロールバック量が僅かに小さい。うーむ、これは捨て置けん。
回転方向にはスルスル動くし、致命的な状態ではないと思うのですが。


疑わしいのは、シールの劣化…。というのも、入手当時の分解洗浄で、シールの状態はまずくなかったので、再利用したんです。当時の記事です。

入手したブレーキキャリパー&マスターの分解
分解したブレーキの部品の手入れ(洗浄はしつこく何度も…)



あまりにも短すぎるメンテスパンの原因はコレかもしれません。部品を頼んでおきましょう。

ちなみに、もみだし後は、多少良化しました。ただ、若干低速でしゃくるのと、停止間際に「鳴き」がでることがあります。
シールを交換して、まだ症状が消えないようなら、別の方策を講じます。





さて、この記事の本題です。

メンテ雑誌やネットの影響なのか、もみだし作業が定着した感があります。
バイクいじりの経験が少ない方でも手を出しやすく、手間の割には効果が高い作業ですから「よい傾向」だと思います。


しかし、これを妄信している人が多いのも事実です。

「もみだしたから大丈夫」というものです。


もみだしは、あくまでも手段です。目的はピストンの動きをよくすることにありますから、いくらもみだししても「動きが良化」しなければ意味はありません。

対になったピストンは、すべて同じ動き方をしなければなりませんし、それを実現するためには定期的なOHや、部品交換が欠かせません。


もみだしさえしていれば、ずっと使えるわけじゃないのです。

やらないよりやった方がいいですし、40点が60点になるのは悪いことではありませんが、ボーダーラインは、もっと上にあります。

くどいようですが、定期的なOHや、部品交換は絶対に必要です。



最後に。

もみだしをやるとき、マスターシリンダー側を意識していますか?

マスターシリンダーの中にはダイヤフラムという部品があります。
ダイヤフラムは、このように膨らんだり、縮んでいない状態で装着するのが「正」です。

16013671.jpg




もみだしをする際、ピストンがでたり入ったりします。これに伴い、ダイヤフラムも膨らんだり凹んだりします。

パッドが減ってピストンがせり出した状態で、フルードが適正量入っていると、ピストンを押し込んでも「フルードの行き場」がないので、ピストンが戻らない場合があります。これは極端な話しですが、マスターシリンダー側を意識することは大切だと思います。


作業完了後は、ダイヤフラムも綺麗に整えて装着しましょうね。

高級なブレーキパーツを使っている車両でも、ダイヤフラムが「だらしがない」ことになっているのは珍しくありません。
高級なスーツに身を包んでいても、よれよれパンツでは格好がつかないのと同じです。


いつでも勝負できるよう(なんの勝負だ?)、見えないところにも気を配りたいものです。



☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 作業依頼受け付けております(^-^)/
 お気軽にお問い合わせ ください。
 ~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
スポンサーサイト