RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2016.11
12

TB:0
04:04
Category : RZ250/350
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



RZ250のメーターのOH依頼をいただきました。

車両を持ち込んでいただきましたので、簡単な車両診断もさせてもらました。


停車していると、オイルが滴ってくるというので、エンジンの左側のカバーを外して確認しました。

16013688.jpg



この4か所は構造上オイル漏れが発生しやすい場所です。
・ドライブスプロケット裏
・シフトシャフト
・クラッチのプッシュロッド
・ニュートラルスイッチのある樹脂製のカバー


この車両については、シフトシャフトが一番ひどく、クラッチのプッシュロッドがやや怪しげな状態でした。

16013689.jpg



定番といえど、適切な処置を施せば、そうそう漏れるものではありません。
ちゃんと分解するべきところを分解し、しっかり状態確認をしたうえで処置しないと、すぐに再発してしまいます。


今回のケースですと、シフトシャフトはまずダメでしょう。

シフトシャフトを抜こうとすれば、クラッチハウジングを外さないとダメです。
クラッチハウジングを外すには、クラッチ側のカバーを外さないとできない…となるとミッションオイルや冷却水も抜かないと…。


とまぁ、結構な作業ボリュームになります。

チェーンも相当やばい雰囲気ですし、点火系、吸気、燃料系統も相当怪しげな状態でした。

いつも書いていますが、RZも立派な旧車です。入手されるときは、相当な覚悟が必要です。
ムック本などをみると、随分甘いことが書いてあったりしますが、現実はそう甘くありません。


でも、(とっても高いけど)まだ部品が出るRZは、比較的恵まれている方だと思います。



☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 作業依頼受け付けております(^-^)/
 お気軽にお問い合わせ ください。
 ~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
スポンサーサイト