RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2016.10
15

TB:0
04:01
Category : XR100モタード
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



長らく欠品だった、「A.S.H.ブレーキフルード」が納品されました。1リットル缶になっての再登場です!

にえガレのストア





※後追い記事です(8/11)


グリップはキジマのドクターグリップにしました。
ミニバイク用の短いタイプが設定されているのには驚きました。さすがキジマです。

16013414.jpg




形状こそ、いわゆるロッシグリップを模していますが、独自の素材を使っています。
非常に柔らかいので、長時間のライディングでも疲れないはずです。HONDA純正のロッシグリップとの違いがどれくらいあるのか、楽しみです。


かつてはダイレクト感に勝るTZグリップを愛用していました。
太かったり、柔らかいだけのグリップは好みじゃないからです。

その点、ロッシグリップは繊細な操作を担う部分を細くすることで、操作性と疲労軽減をうまくバランスさせていると思います。
今じゃこれ以外のグリップを使う気にはなれません。


スロットルパイプがカットされていたせいで、バーエンドとの干渉が心配されましたが、これなら問題なさそうです。

16013413.jpg






操作系で釈然としないのがクラッチレバーです。今どき、スイッチボックスと一体型って…。

16013415.jpg



予備レバーを持っていても、ホルダーがぶっ壊れたら話しになりません。

別体式のホルダーに交換したいところですが、XR100のスイッチボックスは、前後のウィンカーを交互に点滅させるため、少々特殊なのです。


レバー比のこともあるので、しばらく走らせてから考えようと思います。






マスターシリンダーを固定するボルトを交換します。
強度区分10.9のフランジ付きキャップボルトです。

16013467.jpg



NISSINやHONDAが使っている2面幅8mmのボルトの締め心地が、どうもしっくりこないのです。
文字では伝えづらい地味ぃ~な話しですが…。





お次はスロットルワイヤーの話しです。

まずYAMAHA車の構造をご覧ください。
ワイヤーの端部に設けられたツバを、Uの字の金具で押えています。

16013411.jpg




首振り可能な構造ですから、ハンドル操作に伴い一定の自由度があります。
単純ですが、理にかなった構造だと思います。




一方のHONDAです。ナットで固定する構造です。

16013412.jpg



汎用のスロットルホルダーにも採用される一般的な構造ではありますが…だからなんやねん!です。

ここはフリーに動くべきです。ナットなんぞで固定しちゃダメ!です。
かといってプラプラ動かれると鬱陶しいので、ワイヤーで落ちないようにしておきます。

こんなことを気にしたからといって、速く走れるわけじゃありませんが、動くべきところが動いてくれないのは気持ちが悪いのですっ。






最後にチェンジペダルです。

こんなものを作りました。

16013400.jpg



シフトシャフトの倒れを抑えるのに使います。

16013401.jpg




脱落しないよう、ワイヤリングしたら完成です。

16013402.jpg




…と思ったのですが、バックステップキットに付属していたボルトがどうも具合が悪い。

いつもの感覚で締め付けると、ぐにゅぅっと伸びる感じがします。
レバー側の素材の問題かもなぁと思いましたので、手持ちの強度区分10.9のボルトで締め付けてみたら、カチっとした締結感が得られました。

16013536.jpg



まずいのはボルトですね。いわゆるナマクラボルトだと思います。
外装を固定するくらいならいいけど、こういう場所に使うのはまずいです。


市販品の中には、こういうものが結構あります。

締め付けてみて「あれ?」っと感じたら、自分の感覚の方が正しいと思ってください。

絶対に何かあります。売られているものだからと信じない方がいいです。
疑ってかかれってことではなく、妄信的にならない方がいいよということですね。


こないだ見たやつなんて、サスのリンクに強度区分4.8のナマクラボルトを使ってました。
堂々と画像にあげているあたり「しらない」んだと思います。

再三書いていますが、ボルトの強度区分や素材は、とても重要です。
部位によってはシャレにならんことになります。サイズが合うからといって(安易に)ホームセンターのボルトなんて使っちゃダメですよ!



☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 作業依頼受け付けております(^-^)/
 お気軽にお問い合わせ ください。
 ~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
スポンサーサイト