RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2016.09
21

TB:0
04:08
Category : XR100モタード
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



さびとるやんの取り扱いを再開しました!

にえガレのストア





フロントフォークは、分解したままだと場所をとるので、部品が到着してから分解しました。

トップキャップを外します。2面幅27mm…でかすぎる(-_-;
サーキットでも分解することはあるだろうから、対応した工具を持っていかないと~。

16013194.jpg




抜いたオイルは、思ったより臭くありませんでした。

16013195.jpg



ですが、過去に「長期にわたって交換していなかった」時期があるのは間違いなさそうです。
カラーが思いっきり錆びています。この錆び方は、嫌気性のバクテリアによる腐食です。根深く錆びついています。

16013196.jpg



オイルシールの抜け止めクリップも錆び錆び。

16013197.jpg



反対側からは、明らかに種類違いのオイルが出てきました…。ベースの色も違うし、汚れの程度も違います。
こっちだけオイル漏れでも起したのか?と思いましたが、オイルシールの状態は同じでした。謎です。

16013198.jpg




テキパキばらします。

16013199.jpg




オイルシールを抜いた後。腐食しているところを綺麗にしようと思って、ふとみると…んん???
スライドメタルの打ち込みが甘い。ちょっと浮いてます。左右とも同じ状態でした。これまた謎です。

16013200.jpg




今回はアルカリ洗浄剤で洗浄しました。状況次第で、洗い油を使う場合もあります。
バットだとインナーチューブやスプリング全体をディップ出来ないので、専用の洗浄筒に入れて洗います。

16013201.jpg




ざっと水洗いしたのち、各部を点検していきます。
うーむ…バリがある。「オイルの気持ち」になると、これはいただけません。面取りにならない程度にバリを落とします。

16013207.jpg



インナーチューブを磨きあげます。

16013208.jpg



インナーチューブに研磨剤が残ると嫌なので、シンナーで、ウェスに汚れが付かなくなるまで磨きあげます。

16013209.jpg



洗浄&点検完了です。

16013210.jpg



アウターチューブに見られたもらい錆も綺麗に落ちてくれました。

16013211.jpg






入念に手を洗いまして、組立にうつります。
汚い手のままで組んじゃったら、部品を綺麗にした意味が半減しますからねー。


シートパイプに装着する樹脂製のリングも交換します。
過去にこのリング”だけ”を交換して、どれだけ変化するのか確認したことがあります。交換せずに組んじゃう人が結構多いみたいですが、交換した方がいいです。

16013240.jpg




打ち込みが甘かった原因を調べるため、スライドメタルを外しました。

16013241.jpg




特に問題は見られなかったので、単に抜けただけなのか…。圧入代は、むしろきついくらいで、緩い訳でもない。謎だ~。


ちなみに、XRのフォークはインナーにスライドメタルがないので、インナーがスルッと抜けます。
インナーにスライドメタルがあれば、カンカンと引き抜けますが…。


それができないので、アウターのメタルはアウターに残ってしまいます。
交換しようにも「単体設定」されていないので、無傷で外さなければなりませんので、外し方が思い浮かばない方は、無理に外さない方がいいと思います。




シール面を丁寧にクリーニングしましたので、気持ちよく圧入できました。
リップ面には、これでもかっ!とグリースを塗りこんでおきます。

16013242.jpg




フォークオイルはA.S.H.を使います。当然の選択です。番手は#40、油面は標準指定の131mmからスタートです。

16013244.jpg




できあがったフロントフォークをクシュクシュしてみました。

予想したとおりですね…。安定して路面をつかむようにできると思いますが、あえてこのままで「トレーニング」するのもありかなぁと思いました。


最後に車体への取付けです。

XR100のフロントフォークの取付け方は、ちょっと特殊です。
締め付け順序をどうすべきか、考え込んでしまいました。この件については、ステムの記事で詳しく書きたいと思います。



☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 作業依頼受け付けております(^-^)/
 お気軽にお問い合わせ ください。
 ~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
スポンサーサイト