RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2016.07
14

TB:0
04:10
Category : セロー225
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



さびとるやんの取り扱いを再開しました!

にえガレのストア





前回の記事ではyssのファーストインプレッションを書きました。


ノーマルとの差は歴然です。

ダンパーがしっかり効いているので、ノーマルのようにぐわんぐわん揺れません。よくも悪くもビターっと安定しています。スロットルをあけてもビクともしません。
オフロードではよく分からなかったのですが、ロードではフロントが押されるのか、時折アンダーがでました。

フロントがもっと踏ん張ってくれたらなぁ。






林道からでてきた直後の画像。
あれー????フロントホイールは真っ直ぐなのに、ハンドルが左に切れてるのはどうして????

16012643.jpg




おもいっきり吹っ飛びました。

林道の出口が見えたあたりで、突然フロントがスコっと飛びました。何とか耐えようと踏ん張ったのですが、側溝にはまりそうなので諦めた次第。
前日の大雨のせいで、路面が川のようになっている場所で止まっちゃいましたので、左半身が水にどっぷり浸かっちゃいました。

未だになぜ吹っ飛んだのか分かりません。フロントとリヤのバランスが整っていたら、吹っ飛ばなかったかも。
ま、「出口」が見えたところで油断しちゃったのかもしれません。





フロントフォークが思いっきりねじれました。応急処置で「えぃ!」と真っ直ぐにしてみたものの、どうも動きがよくありません。

点検をかねて、セッティング変更します。


クランプ用のボルトをすべて外して、損傷の有無を確認します。
回していくときに違和感がないかも重要ポイントです。

16012646.jpg




フォークオイルを抜きます。1500キロくらいで、これだけ汚れます。
(スライドメタルが、そろそろやばいのかもしれないけど)
エンジンオイルと同じ頻度で交換しても、バチは当たらないということです。

16012647.jpg




PDバルブのイニシャルを変更します。現状から調整ボルトを+1回転増しです。
(荷重があまりかかっていないときのダンパーの利きが強いと感じたので、すこし「緩め」に設定していたのを元に戻した)

16012648.jpg



印象からすると、もっと極端にダンパーを強めてもよさそうに思うのですが…ここは丁寧に探ることにします。


オイルシールのコンディションも良好です。

16012650.jpg




フォークオイルは、これまで同様にA.S.H.の#33です。

16012651.jpg



こんな小さなバルブが最高の仕事をしてくれるのです。バイクっておもしろい(^^)

16012652.jpg




あとは組んでいくだけです。スラストベアリングも忘れずいれます。これまたいい仕事をしてくれるんです。

16012655.jpg




トップキャップを閉じたら、フォークを逆さまにして、オイルを各部に行き渡らせます。初期潤滑のためです。
過去に、車両に装着した状態では上部が潤滑されない…と書いたことがあります。これ、大間違いです…。実際は、上部までオイルが飛ぶので、そんなことはありません。

16012667.jpg




ズレてしまった状態から整列を出しなおします。

・フォークを2本とも突き刺し、仮締結した状態で、トップキャップを緩める
・フォークを外して、もう一度突き刺す
・スムーズに抜き差しできるポイントを探る
・抜き差しがスムーズになるポイントが見つかったら、フォークを仮締結
・そのうえで、トップキャップを規定トルクで締め付け

フォークブーツがあるとやりづらいので、フォークブーツなしで整列を出してから、また組み直し…。


まぁ、こんな面倒なことをやらなくても、ホイールとハンドルを強引にまっすぐにしてやりゃ、普通に走るんですけどね。



アクスルがスコンスコン入るようになりました。こうでなくっちゃヽ( ̄▽ ̄)ノ

16012669.jpg




アクスルといえば、セローに高強度アクスルシャフトを放り込んだら、どうなるのか興味が湧いてきました。
同年式のロードバイクと比べると”いなす”設計に思えますので、ただ硬くすればよくなるものでもないと思うのです。

毎度のことですが、御託を並べるより、やってみるのが一番です。


あわせてスイングアームピポットシャフトも作ってしまいます。いやねぇ、前からやってみたかったんです。

セローの車体って、どこかグニョっとしたところがありますよね。劇的に化けると思うんですよ。

順序としては、フロントアクスルよりも、スイングアームピポットの方が優先かな。
随時設計にかかりますが、希望される方が多ければ、量産しようと思います。



☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 作業依頼受け付けております(^-^)/
 お気軽にお問い合わせ ください。
 ~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
スポンサーサイト