RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2016.07
07

TB:0
04:17
Category : アクシス90
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



さびとるやんの取り扱いを再開しました!

にえガレのストア





前回の記事です。
いよいよ駆動系が限界…。


くたびれきった駆動系を刷新すべく、手配していた部品が届きました。

まずプーリー。消去法で選んだら、KITACOになってしまいました。

16012575.jpg




十代のころの自分は、自分がオッサンになったときに、まさかKITACOのプーリーを買うとは、夢にも思っていませんでした。
このくだり、同世代の方に「そうそう!そうだそうだ!」と思っていただければ、それで満足です(笑)





さて、選定の条件です。
・プーリー本体と、プーリーフェイスを交換したいので両方必要
・強化クラッチスプリング必須のものは避けたい
・ハイチューンエンジン用でないこと

ノーマルを踏襲した補修部品があれば、それを選ぶつもりでしたが、フェイスが設定されてなかったり…。
評判のよいものはハイチューンエンジン用だったりするし…。
これいいかなぁと思ったものは、強化スプリングが同封(つまり必須)されていたり…。

結果、「これしかあれへんがなぁぁぁぁ」ということに。恐るべし、KITACO…。

KITACOって、「売れるもん作ってる」印象が強いです。

もっと性能のよいものを作っていたメーカーがドタバタ倒れる中で、しっかり生き残っているには、それなりの理由があるんでしょうなぁ。


もうひとつ、さすがやなぁと思ったのは、補修部品の充実ぶりです。プーリー本体と、フェイスが別々に買えちゃったりするんですねぇ。
5400円で変えるキットの部品を、別々に買えちゃうのは、かなりすごいことだと思います。

16012576.jpg






細部をみていきます。アルミ製の本体に、砲金系のブッシュが仕込まれています。
ここまではノーマルと同じですが、抜け止めに「カシメ」てますね。こんなところが緩んでしまってはシャレになりませんので、分解の都度点検するようにします。

16012577.jpg



裏側。なかなかの仕上げです。

16012578.jpg



まだまだ削れそうか…。

16012579.jpg



付属していたグリース。粘性は低く、かなり柔らかいです。

16012580.jpg



リチュームコンプレックス基と有機モリブデンとあります。耐熱性さえ付与されていればOKなはず。
ま、使い切ってみますか。

16012581.jpg



プレートも交換します。社外品ではなく、純正部品を使います。

16012583.jpg



何せこの有様ですから、交換は必須…。

16012584.jpg



綺麗です!

16012585.jpg



が、端面にバリがあるのが気に入らないので、バリを落として磨き倒しました。

16012596.jpg



プーリー、フェイスともにノーマル比で3mm程度、外径が大きくなっています。
ですが、テーパーの縁の高さは同じくらいです。つまりテーパーの角度が緩いってこと。

16012586.jpg

16012587.jpg




ウェイトの移動量に対し、ベルトがじわじわ移動する方向なのかな。
回転一定で、ぐーんと後伸びするんじゃないかと想像します。これはいいかも。



ローラーの可動域を、今まで使っていたノーマル改と比較します。

ノーマル改。ローラーが、より落ち込むように削っています。

16012597.jpg



最初っから深い懐。

16012598.jpg




最大移動部付近。

16012599.jpg



パッと見、移動量が減っているように見えるけど、

16012600.jpg



ノギスを当てると、ノーマル改とほぼ同等か、少し広がっていました。

16012601.jpg

16012602.jpg




テーパーの角度が寝ていて、ローラーの可動域は同一+αだから、今よりも少し重たいローラーを使うのがよさそうです。

他にも要素はあるので、まず「今までと同じ」ローラーを組むことにします。


プーリーが薄くなったので、バンド式のSSTが使えそうにありません。
どうしようかなぁと思ったら、シザースホルダーを使えるように配慮されていました。

16012590.jpg

16012603.jpg

16012604.jpg



座りが悪いので、イライラしますが(笑)、使えんことはありません。





ベルトは純正の新品に交換します。前に買った時より、幅が広いです。なんでかなー。
(以前のもの16.00、今回16.30。部品番号は、追番含めて変わらず…です)

16012594.jpg



トルクカム部のグリースの飛び散りがひどくなってきたので、Oリングを交換します。

16012591.jpg



あまりヘタった感はないんだけどなぁ。

16012592.jpg



耐熱性が高く、動き最高!のSuper Lube。

16012593.jpg



雨天の中、試運転してみると、あきらかにウェイトローラーが軽すぎます。

ノーマルベースのプーリーとはあまりに違う特性に面喰いました。
経験の少ない方だったら、うろたえるレベルだと思います。

もうちょっとガイダンス的なことでも書いておけばいいのに。とボヤいても始まらないので、手持ちのローラーの中で、一番重たいものに交換します。
(5.0gから6.5gに変更)

組む前に、ローラーの重量を実測します。メーカーによっては呼称と実際に差があるものもありますからね。
表面の滑りやすさも影響しますので、重量だけで語れないところもありますが。

16012636.jpg

16012637.jpg



6.5gでも全然足りない感じなので、もっと重たいウェイトローラーを手配しました。
しばらくはセッティング三昧です。めんどくさー。



☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 作業依頼受け付けております(^-^)/
 お気軽にお問い合わせ ください。
 ~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
スポンサーサイト