RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2016.06
27

TB:0
04:22
Category : セロー225
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



NGC製 セロー225用チタンマフラーの予約受付中です(^^)
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-entry-2636.html




PMCさんにオーダーしていたセロー225用のyss製サスペンションが納品されました。

16012442.jpg



上端側の取付け部はスフェリカルベアリング仕様です。

16012443.jpg




分解してグリスアップしようと思いましたが、カラーが外れません。傷がつくのを覚悟して、かなり乱暴なこともやってみましたが、ビクともしません。
かなり強固に圧入されています。内筒側にここまで強く圧入すると、ベアリングの動きに影響が出ちゃうんですけどね。
ま、そのうち処置することにしましょう(といいながら放置してしまいそうな予感)。



車高調整部分にスレッドコンパウンドを塗布します。2面幅24mmです。
薄口のスパナだとなめてしまいそうで怖かったので、モンキーレンチで作業しました。

モンキーの方が危険だろって???ちゃんとしたモンキーはヘタなスパナよりなめづらいんですよー。

16012445.jpg




中央に見える「穴」以上に、車高を伸ばすことはできません。可動域10mmってとこですね。

16012446.jpg




スプリングの仕様でです。46-80とあるので2段レートのようです。185は自由長と思われます。
(ちなみにノーマルのレートを計算すると70N/mm弱でした)

16012448.jpg




セット長を確認しておきます。画像では少しずれていますが、測定値は174mmです。
スプリングの上下の座に0.5mmのプレートが入っている分を差っ引いた173mmがセット長です。自由長が185mmとすると、プリロードは12mmになります。

16012449.jpg




外したノーマルサスと比較します。下側の取付け部は、ノーマルとほぼ同形状でした。
ダストブーツがそのまま使えそうです。

16012452.jpg



上側の取付け幅。違う寸法にように見えますが、どちらも40mmです。

16012453.jpg



まずは同じ長さにセットすることに。適当なシャフトを突っ込んで長さを揃えます。

16012454.jpg



スーッとシャフトが入るように調整しました。出荷時より(アジャスターを)1回転伸ばしました。軸間368mmです。

16012455.jpg



たいていのサスペンションの取説にもついてる図&表です。
この数値の中に「いれよう」と努力する必要はないと思ってます。なぜなら私にとっては「実走」で詰めた結果こそが絶対だから。
ま、へーって感じで受け流しています(無視ともいう)。

16012475.jpg






仮付けしてみると、見事に干渉(笑)
よいこの皆さんは、テープなどで養生してから仮付しましょう(; ̄ェ ̄)

16012456.jpg




構造を確認すると、フレーム側を加工するのがよいと判断。「0.15mmのシックネスゲージが入ることを目安」に干渉部分をベルトサンダーで削っていきます(フレーム単体にしないと普通のサンダーは入りませんので、ベルトサンダーがないと厳しいと思います)。

16012457.jpg




4本のベルトを激しく消耗 ヽ(;▽;)ノ

16012459.jpg




削った個所をラッカースプレーで補修し、サスペンションを取り付けます。
前回のOHから5,000キロほど走っていますので、リンク周りを全バラするか迷ったのですが、サスの性能差を単純比較したかったので、あえて見送りです。


セット完了。赤ってのが気に入りませんが…。

16012473.jpg




このサスは、プリロード調整用のアジャスターが上下についています。すばらしい!
おかげで、アクセス性は抜群です。

16012474.jpg



調整用の6mmのシャフトを突っ込んで調整します。

16012478.jpg



ほとんど手を汚すことなく作業できますし、減衰調整ノブもとても調整しやすいです。
いやぁー、ありがたいです。

16012479.jpg



唯一、車高調整だけはサス本体を外さないと無理っぽいです。リヤホイールを外せばOKなので、さほどの手間ではありませんが。



外したパーツを元に戻し、またがってみました。静的な姿勢も問題ありません。
ダンパーの効き具合もなかなかのものです。ノーマルよりもコシを感じます。かといって過剰でもありません。

こりゃ、かなり期待できそうです(^^)




☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 作業依頼受け付けております(^-^)/
 お気軽にお問い合わせ ください。
 ~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
スポンサーサイト