RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2016.06
18

TB:0
04:02
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



さびとるやんの取り扱いを再開しました!

にえガレのストア





「予算があわない」という理由で、整備や作業に関するお問い合わせの大半は「失注」します。


先日もこんなことがありました。

「自分でできる整備はやってみたが、ぜひ、診断いただけないか」


毎度のパターンだなぁと思いましたので、朝練先で落ち合いましょうと、お約束させてもらいました。


当日、車両を見た瞬間に「やばい」と思いましたが、せっかくなので試乗しました。

クラッチミートさせた瞬間…いや、またがった瞬間に「ダメ」だと感じました。
ですが、指摘するならするで具体化させないと伝わりませんから、そのまま走りだしました。


もぅ、怖くて怖くてたまりません。

サスペンションの動きは前後でチグハグで姿勢もでていません。ブレーキは後ろも前も使い物になりません。
直線を走っているだけでも怖い…どこに向かって走っていくのか、まるで分かりません。調子云々のレベルではなく危険を感じるレベルなんですね。



整備された個所をヒアリングしたところ、肝心なところは手付かずであることが分かりましたので、具体的に「要整備個所」を提案させてもらいました。

帰宅して間もなく、見積りしてほしいとありましたので、ざっくりとしたところをお伝えしたところ、以降の連絡が途絶えました(笑)


驚くほどのことはありません。なぜなら「毎度のパターン」だからです。

たぶん2~3万、あるいは5万以下程度で「どうにかなる」と思っておられたのかなぁと想像いたします。


正直、認識が甘すぎます。ただ動くというだけで『止まる』『曲がる』が、まるで機能していないのですから、単なる「危険極まりない」車両に過ぎません。


そもそも、不安を少しでも感じたから問合せをされたはずなんですけどね。自分の感じた不安に蓋をしても、何も解決しません。


ちなみに、前後の足回りは、サスペンションチューニングで有名な某ショップでOHしたらしいです。
(前はノーマルらしい柔らかな動きですが、後ろはガッチガチで意味不明な仕上がりでしたが)

こういう「分かりやすい」ところにはお金はだすけど、なんやよー分からんところには金は出せん…そういう人が実に多いです。


これまで幾度となく情報発信してきましたが、力不足を痛感するところです。
ステムのコンディションや、ホイールベアリングの重要性など、分からない人には分からないのかもしれません。


整備済の車両に乗ってさえもられば『誰でも分かる』んだけどなぁ。






今日の記事に書いてきたことは、これまで何度も触れてきたことです。

1つの記事としてまとめたものだけでも紹介しておきます。
「旧車だから、そんなものだよ」という言い草
古いバイクを維持するには覚悟がいる




10万以下で、(車両全体の)きっちりした整備ができると思いこんでいる人が実に多いです。
部品代を少し調べれば分かると思いますが『絶対に無理』です。

製造後20年も経つ車両なら”最低”でも25~30万円はかかると思っておいて、いい加減です。

なお、この金額は”エンジンはいじらない前提”です。意外に思われるかもしれませんが、排気量による差は、さほど大きくありません。


『高い、ぼったくりだ!』というならご自由にどうぞ。正しい状態をしらないだけです。いくら文句や批判をしたところでダメだという事実は曲がりません。

ちゃんと整備された車両に一度でものってみれば「いかに危険で、疲れる」車両に乗っているのかが、嫌というほど分かります。



☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 作業依頼受け付けております(^-^)/
 お気軽にお問い合わせ ください。

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
スポンサーサイト