RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2016.06
13

TB:0
04:09
Category : KZ1000
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



さびとるやんの取り扱いを再開しました!

にえガレのストア





出先でセッティング変更できるメリットは計り知れません。

KZ1000のフロントフォークにも、イニシャルアジャスターを取り付けることにしました。


RZ用に設計したものをベースに図面をひいてみたのですが、やはり「完全ワンオフ」だと、相応のコストがかかります。
コストはかかるけど、仕方ないなぁと思っていたら、まめしばさんのところで「3rdロット」を作るというではありませんか。




愛車を散々にいじくり倒しているまめしばさんが設計したのですから、間違いなどあろうはずもありません。

私が欲しい機能はすべて整っています。具体的には以下のとおりです。
1.調整部が6角断面であること→2面方式は調整しづらいので嫌だ
2.調整幅が10mm以上あること→極端に振らなきゃいけない場合があるから
3.スプリング受けのプレートがしっかりしたものであること→変形するようでは話しにならん
4.プシュっとバルブがついてること→なにはなくともコレは必須!


さらにワンオフ製作するよりはるかに安い…。
完全ワンオフと比較すると倍近く違いますので、これを選ばぬ手はありません。


周囲の色目とあわせるために「黒」を選びました。

16012358.jpg






欲しかった機能を、RZ用に設計したものと対比させながら紹介していきます。

1.調整部が6角断面であること→2面方式は調整しづらいので嫌だ

2面方式だとスパナしか選択肢がありません。回しにくいったらありゃしません。
6角断面だと、T型のハンドルを使えば簡単に回せます。
(スライドハンドル&エクステンション&ソケットは常時車載しています)


《RZ用》
16012355.jpg

16012356.jpg



《まめしば製》
16012358.jpg





2.調整幅が10mm以上あること→極端に振らなきゃいけない場合があるから

十分な調整幅が確保されています。
私が設計したものは、フォーク内に収まる部分で長さを吸収するのに対し、まめしば製はフォーク外で対応しているのが違いです。
まめしば製は、既存のキャップとの「単純な置き換え」が設計要件なので、納得の設計です。

《RZ用》
16012357.jpg



《まめしば製》
16012359.jpg



ちなみに、まめしば製は、アジャスターのピッチが1.0mmです。こだわったことは想像に難しくありません。
(私のは1.5mmです)

16012360.jpg



3.スプリング受けのプレートがしっかりしたものであること→変形するようでは話しにならん

純正パーツでもお椀型に変形しているものがあります。
ぺらっぺらの板を使っているので当然そうなります。

うちのRZ用は、ジュラルミンの極厚材を用いていますが、まめしば製は鋼製です。
こういうところにもしっかりと表面処理が施されています。さすがだぁ。

16012361.jpg



アジャスター側とのクリアランスも絶妙です。

16012362.jpg







4.プシュっとバルブがついてること→なにはなくともコレは必須!

どちらもグローブを装着したままで操作できます。信号待ちでプシュっとやりますので、結構重要だったりします。


《RZ用》
16012357.jpg


《まめしば製》
16012363.jpg






色目以外の姿かたちは、私がRZ用に設計したものと、似たり寄ったりです。
同じ機能を求めれば、こうなるのは当然のことです。

ちょっと違うのはプシュっとバルブくらいです。
(まめしばさんとこのは、市販のバルブを使っています)


操作感もいいです。Oリング径と溝寸法の設計がしっかりしていないと、このようには動いてくれません。
また、ちゃんとグリスアップされているのも流石!です。

16012359.jpg




これだけのスペックを考えると破格です。


ちなみに…ノーマルのトップブリッジ&ハンドルではフォークが支えるので使えません。

私の場合、PMCのステムキットにハンドル位置をプルバックするライザーを取り付けて対処します。
イニシャルアジャスターさえ使わなければ、ライザーは不要です。そう、アジャスターを使うため、わざわざ手配したということです。

アジャスターがないと、出先でフロントフォークをバラすはめになります。なけりゃないでやるんですけど(笑)、できれば避けたいですからっ。




☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 作業依頼受け付けております(^-^)/
 お気軽にお問い合わせ ください。

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
スポンサーサイト