RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2016.06
06

TB:0
04:09
Category : KZ1000
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



ただいま、A.S.H.のブレーキフルードの「お試しキャンペーン」を開催しております。
通常1750円/本のところを、1400円/本でご提供いたします。

単体ですと送料が発生してしまいますので、他の商品とあわせてご検討ください。
(7840円以上お買い上げいただくと、送料無料になります)

にえガレのストア






まず結論から。アドバンテージKYBの記事にも記述しましたが、ノーマルのZのフロントアクスル周りの構造は「問題だらけ」です。

特に、対向キャリパーを使うには、全く理に適っていません。
人気車種だけあって、ブレーキ周りのボルトオンキットが多数存在しますが、このような構造のままで、対向キャリパーを装着するのは相当に問題です。





順を追って説明していきます。

スタンドでフロントを持ち上げます。やはりZには細いフォークがよく似合います(^^)

16012320.jpg



固着している個所がないか点検します。

16012321.jpg




ここが固着していました。本来は「シャフト」と「両端にカラー」が正解でして、このように合体していません(笑)

16012322.jpg




何とか外れましたぁ。

16012325.jpg




一か所だけ擦れたあとがあります。シャフトは微妙に曲がっていました。

16012329.jpg




キャリパーサポート設計のために、アドバンテージKYBを組もうと思ったら…。
アンダーブラケット側の締結部のねじがズッコケていました。怖っわぁ~。このまま乗らなくてよかったです。
現状渡しの中古車=そういう契約なわけで、こんなもんだと思わないとダメです。

16012323.jpg




アクスルのクランプ部は、セレートつきのフランジボルトとスプリングワッシャの組み合わせでした。なんだかなぁ~。

16012324.jpg





ノーマルのディスクを外します。

16012326.jpg




サンスターのディスクを装着します。バックオーダーがかかっていたのが、ようやく納品されました。
ノーマルと比較すると(板厚が1.0mm薄いこともあって)かなり軽量になっています。

16012329.jpg






クランプとアクスルをフリーにした状態で、ホイールを片方のフォークに寄せると、このように大きくすき間があきます。

16012330.jpg




アクスルを全く締め付けない状態で、アウターチューブの内側の寸法を計測します。

16012333.jpg




ホイル側は、カラーやメーターギヤユニットを組んだ状態で幅を計測します。

16012335.jpg

16012334.jpg



実測値です。実測による試算結果からも、2.4mmすき間ができることが分かりました。

16012336.jpg




こんなにすき間があったらダメなのは言うまでもありません。

ノーマルの構造だと、このままギュゥギュゥ締め付けないと仕方がありません。
締め付けるとどうなるか…左右のフォークが内側に傾ぎます。

これに伴い、フォークに取り付けられたキャリパーのセンターも自ずと傾ぎます。

対するディスクはホイールに対して真っ直ぐに装着されています。どうなるかは自明です…。






すき間を埋めるため、にわか仕立てでカラーを製作しました。
(もちろん、最終的には、こんなものを使わなくてよいよう、各部を設計します)

16012337.jpg




このカラーを挟むことで、フォークが傾ぐ現象は防げます。

しかし、まだ問題はあります。ホイールのセンター出しが容易でないのです。

長くなってきたので、また別の記事にまとめます。




☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 作業依頼受け付けております(^-^)/
 お気軽にお問い合わせ ください。

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
スポンサーサイト