RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2016.05
14

TB:0
04:08
Category : 交換試乗記
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



ただいま、A.S.H.のブレーキフルードの「お試しキャンペーン」を開催しております。
通常1750円/本のところを、1400円/本でご提供いたします。

単体ですと送料が発生してしまいますので、他の商品とあわせてご検討ください。
(7840円以上お買い上げいただくと、送料無料になります)

にえガレのストア





今回のツーリングで3台の車両の交換試乗をしました。

オーナーさんが手塩にかけて育て上げた車両には、大いなるヒントが隠されているものです。
自分がまったく意識していなかった視点であったり、着想であったり…自身の車両に投影できることは少なくありません。






まず、まめしばさんのGS750から。
(今回、主にNGCジャパンの小林さんが乗車されていました)

16012055.jpg




この車両には、一度乗らせていただいたことがあります。
街中でちょろっと乗っただけだったので、がっつり乗らせていただくことにしました。

パッと見、キャブとマフラーとリヤサスが変わってるくらいにしか見えませんが、侮れないパフォーマンスを発揮します。

純正のO/Sピストンを用いて丁寧にOHしたエンジンに、ファクトリーまめしば謹製「CR-M」と、最新の点火システムが組み合わされています。
足回りも秀逸です。スポーティな特性で、恐ろしく軽快に走ります。

「エンジンを、車体がほんの少し上回っている」状態に整えられていますし、出力特性も暴力的でないので、開けて走るのにためらいがありません。

もっと大きな出力を発揮する車両と「高速」で競争などしないかぎり、不足を感じることはまずないでしょう。
非常に高いバランスで構築された、素晴らしい出来ばえです。





次は、同じくまめしばさんのZ1000LTDです。

16012057.jpg



「これZだよね。なんかZっぽくないな」これが乗ってみての第一印象です。


モデルによって多少の違いこそあれど、Zはリヤの動きにフロントが影響されるきらいがあるように思います。

リヤがうねうね動くと、つられてフロントタイヤがキョトついたり、インに入りこもうとしたりね…。

フロントが18インチにされちゃったりなんかすると、さらに顕著です。

Zに慣れた方には普通かもしれませんが、YAMAHAに長く乗っている私には「なんだかな」と感じるところです。
リヤの動きに影響されるもんだから、リヤをハードに固めてしまえ!みたいなセッティングの方向性もあり…ではあるのですが、
柔らかめの足が好きな私は、別の方策を取りたいと考えていました。

具体的には、スイングアームを長く、キャスターを寝かせたいなと考えていたところです。


で、この車両、すでにこれらの方策を講じられていますので、何が何でも試乗したかったのです。
(確か、GS1000のスイングアームを使い、キャスターは1.5度寝かせ、オフセットも変更されています)

私がZに感じていたネガな部分が、かなりのレベルで払拭されています!!
無論、それだけで実現できるものではなく、細部の詰めもあってのことなのでしょうが「こんな風になるんだ。成せば成るんだ」と感じました。


前後の足回りのセッティングは、私の好みにかなり近く、前述のGS750とはまるで違います。
フロントタイヤの動きはパッパとしたものでなく、綺麗に軌跡を描きながら旋回するイメージです。

操安はどっしりとしており、柔らかさの中に節度を感じます。んー、好みだ(^^)


フロントフォークのスプリングレートを確認するとなるほど…の設定です(数多く試されたそうな)。
レートアップされているのに、伸び側減衰がしっとりと効いているのを不思議に思い「何かやったでしょ?」と尋ねると、そうじゃないとのこと。
使用されているアドバンテージKYBの特性らしいですが、こりゃいいね~。


リヤサスペンションは、Aragostaのサスペンションに換装されています。
レートを確認すると、先ほど試乗したGS750より固いものが使われています。

本体は同じものが使われている※のですが、乗った感じは、明らかにGS750の方が硬い…いや、ドタバタしているのにです。
まめしばさんにその点を問うと「車重の問題もあるだろうけど、スイングアームの長さもあるんじゃないの」とのこと。

GS750のスイングアームは、(GS1000より)短いみたいです。なるほどなー。

※2台とも、PHASE1 1WAYダンピングアジャスター・エマルジョンタイプ



足回りのことばかり書いてしまいましたが、エンジンの仕様も実に好みでした。

ノーマルと同じボアのSOHCエンジニアリングのピストンを使って組まれています。
車体の特性がよい意味で穏やかなので、私のようなへなちょこでもきっちり開けることができます。

CR-M35が使われているのですが、低開度からラフにあけても普通についてきます。
スロットルは軽く、ドライバビリティも申し分なし…。


試乗した翌日、あるルートでGX750と交換して移動したのですが、楽チンそのものでしたよ。
加速したければ、びゅっとスロットルをひねればOK!操安は自然で、直進安定性も申し分ありません。

かといって運動性が低い訳じゃないので、操っての楽しさもあります。ものすごい完成度です。


1年足らずの短い期間で、ここまで仕上げてくるとは…まさに執念です。
私も負けちゃおられません(^^)



☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 作業依頼受け付けております(^-^)/
 お気軽にお問い合わせ ください。

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
スポンサーサイト