RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2016.05
01

TB:0
04:28
Category : セロー225
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



ただいま、A.S.H.のブレーキフルードの「お試しキャンペーン」を開催しております。
通常1750円/本のところを、1400円/本でご提供いたします。

単体ですと送料が発生してしまいますので、他の商品とあわせてご検討ください。
(7840円以上お買い上げいただくと、送料無料になります)

にえガレのストア





コイルをノーマルに戻してから、市街地から高速走行まで、いくつかのシチュエーションを走らせてみました。


劣化したと感じるシチュエーションは、ほとんどありませんでした。


《始動性》
ほとんど遜色ありません。

《アイドリング安定性》
遜色ありません。
キャブセッティングを意識的にズラしてみましたが、許容度はむしろノーマルコイルの方が上かもしれません。※

《低回転》
ノーマルは、ストトトっと回転上昇する際の優しさがあります。
ウオタニは、タタッっと素早く駆け上がる印象。※

おもしろいなぁーと思ったのは、駆動系のショックはノーマルの方が大きいこと。
弛んでいるチェーンがスッと伸び、そのあとにトトっとくるので、ショックを感じるようです。
一方のウオタニは、チェーンのたるみが取れるのと、駆動がかかるまでの時間が短いので、ショックはあるけどシンクロするので、気にならないのかも。

《中回転》
ふわっとした豊かなトルクを、より感じ取りやすいのはノーマルです。※※
巡航や、優しく加速した時の力量差は、体感できるほどではありません。
(追い越し加速は、ウオタニが上)

《高回転》
パンチ力はウオタニが上です。明らかな力量差を感じます。
(トップスピードの優劣はなさそう)





次に、注釈(※)の部分を、詳しく解説していきます。

《※ひとつの部分》
とにかくノーマルは優しく穏やかです。
ウオタニは、よくいえばパワフルですが、枯れ枝を折るような硬質なフィールがあります。
振動の質も穏やかでなく、気忙しく神経質な印象があります。

走っていて「気持ちええわぁ」と感じるのはノーマルです。


《※※ふたつの部分》
ノーマルのエキパイやマフラーだったら「豊かなトルク」を「差」として感じ取れなかったと思います。
NGCのエキパイとマフラーで向上した豊かさを、活かせるか否か…これが、ここでの観点です。





私がウオタニのコイルを装着したのは、うちにきてすぐの頃です。

給排気系もノーマルでしたし、エンジンのOHすらやっていない状況でした。
この段階では、「ノーマルに戻す気など、さらさら」感じませんでした。


しかし、エンジンのOH、ポート形状の見直し、吸気系の変更(PWK化)、排気系の変更(エキパイ⇒マフラーへ段階的に)を進めていく過程で、”※ひとつの解説部分”で書いたようなことが「とても気になる」ようになってきたのです。


もしかして…イグニッションコイルなの???
そう感じるようになりましたので、疑念を払拭するために「ノーマル」に戻してみたわけです。


今の私の心境は「ほぼ、そうであろうと思う一方、100%言い切ることもできない」状況です。

ここで大事なのは「ウオタニに変更したことで、何が変わったのか?」です。


着火性能があがるということは、点火時期にも影響が及びます。
早く燃焼するのですから、当然ですね。

また、ノーマルのコイルとは放電特性も違うはずです。
(簡単にいうと、パンっ!と一気に放電するのと、長くバババっと放電する違いのようなもの)






先日、私のセローに試乗した人が、このように仰いました。

「すごいですね。ノーマルとは力が違う。これホントに225ですか?」と。

で、ノーマルとどっちが好きか?と尋ねると、
「すごいとは思うけど、ノーマルにある柔らかさがなくなってしまって、よくもわるくも”別のバイク”に感じる」と仰っていました。


はぃ、ノーマルのセローに乗ったことがある人が、私のセローに試乗すると、大なり小なり このような反応をされることがあります。
力量はともかく、”※ひとつの解説”に書いたことが気に障るからかなぁと思います。





パワフルさと、セローの特徴のひとつである柔らかな加速特性を高い次元で両立できないか?

これが目下の課題です。NGCのマフラーのおかげもあって、かなりよいところまで来ていると思うのですが…。


今のところ「点火時期」は、大きな要素だと思っています。
簡単に点火時期を変更できるなら、検証もやりやすいのですが…。




☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 作業依頼受け付けております(^-^)/
 お気軽にお問い合わせ ください。

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
スポンサーサイト