RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2016.04
30

TB:0
04:24
Category : GX750(3W8)
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



ただいま、A.S.H.のブレーキフルードの「お試しキャンペーン」を開催しております。
通常1750円/本のところを、1400円/本でご提供いたします。

単体ですと送料が発生してしまいますので、他の商品とあわせてご検討ください。
(7840円以上お買い上げいただくと、送料無料になります)

にえガレのストア





今日からいよいよツーリングです。

旅程は大幅に変更になっておりまして、私の住まいからみると「北」に向かいます。

今日の目的地は長野の白馬です。明日は能登半島へ向かいます。

その後は、仕事も片付けないといけませんので、本体とは離脱し、帰阪の予定です。






さて、先週末の日曜日のこと。

いつものワインディングにでかけて、足回りのセッティングを煮詰めることにしました。
ポジションを変更して以降、快適に街乗りできる程度にはアジャストしたのですが、その程度のセッティングで丸一日ワインディングを走り回ることはできませんからね。


ポジション変更後にやったのは、主に姿勢の調整です。

GT601は、負荷の強弱による影響が高いタイヤです。リヤを腰高傾向に調整しないと軽快さがでません。


GX750に使っているWPのサスペンションは車高調整機能がついていませんから、リヤのイニシャルをあげて調整するしかありません。
伴い、リヤの反力が増しましたので、リヤがヒョコヒョコ動くようになりました。


旋回中の姿勢を保つことができず(しかもシャフトドライブ)フワフワと安定しません。
伸び側減衰を確認してみると「2」になっていました。


あー、そうだそうだ。GT601に交換した時、フロントの位置が高くなると、途端に曲がらなくなるので、リヤの伸び側減衰を目いっぱい抜いてごまかしたんだっけ。

でも、そのあとに、フロントフォークの伸び側減衰をあげるためにダンパーロッドを加工したんだよなぁ。

伸び側減衰向上のためにダンパーロッドを加工




進入でうまく沈めてしまえば、(以前よりも)フロントが伸びあがることはないから、リヤの伸び側減衰をあげても(フロントの姿勢への)影響は低そうです。

リヤの伸び側減衰を段階的にあげてみましょう。

伸び側減衰をあげると、動的なリヤの高さが変化しますので、イニシャルも見直します。
伸び側減衰を「2クリック」ずつあげながら、イニシャルを複数水準試し、傾向をさぐります。


試していく中で、ポイントがおぼろげに見えてきました。
シチュエーションに応じて、現場でアジャストできるようになったので、ひとまず合格です。


リヤの落ち着きが増すことで、接地感が増しました。ギャップでの走破性も向上しました。

フロントにPDバルブを装着したことも効いてると思いますが。

《参考》
GX750にPDバルブを装着
PDバルブのイニシャル調整




が、問題がないわけでもありません。少々乗り心地が犠牲になりました。
300キロ程度だと、さほど疲労は感じませんが、500キロを超えるとどうかですねぇ。


ちなみに、エア圧はフロントが190KPaで、リヤが210KPaです。

《参考》
GX750における、GT601の最適エア圧を探る






こないだ洗浄したキャブのおかげもあってか、エンジンはすこぶる快調です。

ここでふと気が付きます。「あれ?いつもこんなに回してたっけ??」


オイルのせいですねぇ~。今使っているのは、黄色い缶のA.S.H.VSE10W-50です。


高回転が、まるで得意でないGX750が、ここまで豹変するとは驚きです。
400マルチを走らせているときのよう…といえば大げさですが、今までならシフトアップしていた状況でも、そのままのギヤで引張っています。

そうやって走るのが気持ちいいのです。思わず笑いがこみあげてきます。
大らかなGX750には不釣り合いな走り方かもしれませんが、これはこれで面白いです。

ある回転数を超えると、腹の下から独特のギヤの音が聞こえてくるのです。これがまた官能的なんですね~。
ネガな部分が強調されがちなシャフトドライブですが、チェーンでは味わうことができないところもあるんですよ(^^)



帰宅後、オイルを交換しました。

16012041.jpg





交換以降、ほとんど走らせることなく車検が切れてしまいましたので、交換したのは2年前です。
この間、たまにエンジンをかけるか、ちょぃ乗りばかりで、オイルにとっては最悪の環境だったので交換しておきます。


フィルターカバーの裏側です。まったく拭き取らなくてもこの状態。
ノンポリマーのA.S.H.のおかげで、スラッジの類は皆無です(^^)

16012044.jpg




VSEの美点を大いに味わったところですが、元気に回りすぎて、ロングツーリングには気ぜわしいかも…と思い、あえてPSEに戻しました。

作業後に試運転しましたが、やはりVSEの方が官能的に回ります。

うー、差は歴然。PSE⇒VSEにしたときに感じる差よりも、元に戻した(VSE⇒PSE)の方が差を強く感じます。

失敗したか(; ̄ェ ̄)

ま、いっか。

とにもかくにもいってきまーっすヽ( ̄▽ ̄;)ノ



☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 作業依頼受け付けております(^-^)/
 お気軽にお問い合わせ ください。

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
スポンサーサイト