RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2016.02
10

TB:0
04:34
Category : R1-Z
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



ただいま、A.S.H.のブレーキフルードの「お試しキャンペーン」を開催しております。
通常1750円/本のところを、1400円/本でご提供いたします。

単体ですと送料が発生してしまいますので、他の商品とあわせてご検討ください。
(7840円以上お買い上げいただくと、送料無料になります)

にえガレのストア





前回の記事です。
フルードはとても綺麗だったけど、開けてみるとギトギトだったやつです。


ウェットな状態でもひどく見えますが、乾かしてみると更にひどさが際立ちます。
溝のほとんどが腐食生成物で埋まってます。珍しいことでもなんでもなくって、数年も放置すれば、このようになるのです。

16011259.jpg






やっているうちに、徐々にテンションが下がっていきます。

地味な作業だけど、嫌いな作業でもないのになぁ~と思ったら、時間を忘れて作業しちゃわないように流しているFMラジオのDJ(オオサカでは有名)のテンションのせいだと気が付いた。


そうだ!引越し作業中に発掘した、あのCDをかけてみよう。

16011305.jpg




いやー、森高はすごいねぇ。歌詞がええわぁ~。パンチ効いてるわぁ~。

当時は分からなかったけど、一端の大人になった今きくと「あぁ、そういうことね」と気が付かされることが沢山ありますね。




ということで、俄然ペースアップです。

おおよそ、カス取りができたら、ツールをチェンジ。

16011260.jpg




この状態でやめても、引きずり程度は解消されるかもしれませんが、すぐにダメになりますので、しっかり磨き上げます。
ソフトな圧力で、数を重ねることが肝要です。当然時間はかかります。

16011269.jpg



80年代から90年代にかけて、YAMAHA車に多く採用されたキャリパーです。
このキャリパー、ボディの間に入っているシールが単体設定されていないため「非分割」とする向きが多いようです。

しかしながら、これだけの作業を分割せずにやることは不可能です。


非分割指定のキャリパーを分解したらフルード漏れを起こすので、やめた方がいいという意見もあります。
大抵は、再利用したシールが原因ではありません。原因は、合わせ面のコンディションです。

16011263.jpg

16011264.jpg




こういうところを、しっかり綺麗にしないと、シール性が保たれるわけなどないのです。
この時代は、まだフライス目が細かいので比較的早く仕上がりました。最近のものはフライス目が粗いので、こうはいかないです。

16011268.jpg

16011267.jpg




あとはココ。パッドの耳?が接触する部分です。そもそも、このキャリパー、ココの仕上げも最悪なんですけどね。
それでも均した方がよいと思っています。

Before

16011265.jpg



After

16011270.jpg




マスターシリンダーのホーニングも完了。

16011261.jpg



バンジョーボルトの座も整えます。

16011271.jpg




ここで部品を再度洗浄します。





しっかり乾燥させたのちに、組んでいきます。

16011279.jpg



そういや、ピストン&シールセットについていたグリスの説明書。両面に言語違いの説明書がびっしり。

16011276.jpg



目に入ったら、どーのこーの的な内容です。訴訟リスクを嫌ってのことでしょうか。それにしてもやりすぎだろー。

16011277.jpg




ちなみに、これだけ言語があるのに、日本語はありません。

さらにちなむと、このグリス、私は使いません。別なのを使います。あー、もったいない。



パッドはコレを使います。

16011280.jpg




どうもこのキャリパーは好きになれません。

16011281.jpg



背面があいてないから、仕方ないところもあるとは思うんですけどね。

パッドを外すと、ピストンに微妙に干渉するんです。
ここまで強くパッドを押さえなくてもいいと思うんだけどなぁ。

 ・汚れたピストンでも押し込まないと外せない(外しづらい)

 ・ピストンが飛び出た状態で、ピストンを回すと、ピストンがパッド押さえに干渉したまま回されてしまう

 ・背中があいてないから、反対側はピストンを回さないと洗えない(でも回せない)


整備性悪すぎます。



ピンは新品に交換します。ねじ部とシャフト部は潤滑目的が異なりますので、別のものを使います。

16011282.jpg



ブリードスクリューのカバーが欠落していましたので、新品を取り付けます。
YAMAHAは単体部品設定されていませんので、HONDAの部品を使います。

16011283.jpg






マスターシリンダを組んでいきます。シールが組み付けられていないタイプでした。

16011272.jpg



グリスをてんこ盛り。

16011273.jpg



一度組んでから、外し、極端におかしく当たっていないか確認します。
もう一度、グリスを塗布して、組立てます。

16011274.jpg




ブーツはクシュっとつぶして組みます。じゃないとストロークした時に空気の逃げ場がなくなり、ブーツが抜けてしまうことがあるからです。
(ある程度は膨らむけどね)

16011275.jpg




組み上がりました。バンジョー部から、組み付け時に使用したケミカルが垂れ落ちないよう、ジュラコンで作ったカラーを装着しています。
異物の進入も防げるし、一石二鳥です。

16011284.jpg




このキャリパー、それほどいいものだと思わないのですが、YAMAHAが長期に渡り、多くの車種に採用し続けた理由が、よく分からずにいます。


ちなみに、この個体については、もう一度腐食させてしまったら、アウトだと思います。
シルバー色は、販売終了ですが、他の色なら、まだ新品で入手可能です。35000円近くしますが…。



少々長くなってしまいました。これでもずいぶん間引いて書いたつもりです。
実際は、もっと多くの工数がかかっています。

以降は、フルードの交換をこまめに実施し、延命いただくようお願いします。

OHにかかる手間やコストを考えると、フルード代など安いものです。



にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



「高性能オイル A.S.H. 取り扱っております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-7.html


「各種オリジナルパーツ取り揃えております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-20.html



「Nie's garageのHP」
「作業依頼受け付けてます」

お気軽にお問い合わせ ください。

twitterやってます。出没予告など、色々ぼやいています。IDは「mapleach」。
http://twitter.com/mapleach
スポンサーサイト