RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2016.01
09
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



昨日の記事でリヤサスのOHについて記述しました。
今回は更に?発展し、スイングアームピポットのベアリング化です。

R0016444.jpg

R0016447.jpg




セローは、当時併売されていたDTシリーズと比べると、明らかにローコストな設計思想で作られたことが見て取れます。
古いから…ということではなく、明らかに(当時の水準ですら)コストを下げるための設計がなされているということです。

そういうところを少しずつ「本来の姿」に戻してやることで、ずいぶん上質な動きになるものです。
これに限らず、つまるところ、うちでやっていることの大半は「この手」の話しなんですけどね。

時代背景や、コストの問題で、当時の技術者がなくなく「そうせざるを得なかった」ところを、「本来の姿」に戻してやる…
ひとつひとつは小さなことでも、積み重ねれば大きな違いになります。







スイングアームピポットをベアリング化すると、当時の記事にも書いていますが、動きが抜群によくなります!

といっても、今どきの車両では「当たり前にベアリングが入っている」ので、それに並んだだけなんですけどね(-_-)


伸び側の動きが上質になるので、路面への追従性が増します。
動きが上質になった恩恵は、リーンさせたときに強く感じられます。


曲がっている間中、潤沢な安心感と気持ちよさに包まれます。これぞ上質…。ということで★5つです!
ノーマルのサスペンションでも、鉄のスイングアームであっても、ちゃんと整備し、組んでやれば、上質になるんですよ。


なお、Nie's garageでは、10,000円~(※)で承っております。
これは、ベアリング着脱のみの費用です。ベアリングなどの部品代は別途となります。また、スイングアーム単体で洗浄済みであることが条件です。


車両持ち込みでも構いませんし、ギットギト状態でもがんばらせていただきますが、別途費用が発生します。
大抵の場合、ベアリングの着脱よりも、時間と手間がかかるからです。
(ディスク仕様はさらに厄介です)


※注記
激しく固着している場合など、著しく作業時間が増えた場合は、別途ご請求させていただきます。ただし、ケースとしては極まれです。




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



「高性能オイル A.S.H. 取り扱っております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-7.html


「各種オリジナルパーツ取り揃えております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-20.html



「Nie's garageのHP」
「作業依頼受け付けてます」

お気軽にお問い合わせ ください。

twitterやってます。出没予告など、色々ぼやいています。IDは「mapleach」。
http://twitter.com/mapleach







スポンサーサイト

Comment

非公開コメント