RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2015.12
13
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



オーナーさんがインプレを送ってくださいました。
ご了解をいただきましたので、原文のまま引用させていただきます。

15100511.jpg




《ここから》

おかげさまで、GN125用のクロモリシャフトを体感することができました。
まだ一時間程度しか走っていないのですが、ここまでで感じたことを報告します。

まず装着後、車体を押しただけで、その力が軽くなっていることに驚きます。
次に、走り始めた途端に2本のフロントフォークの下側から、何か見えない力にフワッと押されて(支えられて)いるような違和感を覚えます。
道路の継ぎ目や段差を通過する際のショックが大幅に減りました。
ラフなシフト操作等でフロントホイールが暴れた時も、その振動が収束するまでの時間が大幅に短くなっていると思います。
それから、ブレーキの制動力がイメージで5~10%近く上がったように感じます。
これは直接ブレーキの効力に作用するものではなく、フルブレーキ(フルボトム)時の安定度が上がったため、
より安全に強くブレーキを掛けられるようになったからだと思います。
ステアリングのグリップに伝わる振動も、大幅に減って快適になりました。

そして何よりも楽しかったのは、コーナー進入時と切り返し時の安定感(安心感)です。
とても走りやすくなりました。ジムカーナ等の競技車両には特におススメしたいですね。

とにかくフロント周りの「一体感」を非常に強く得られるのですが、それは足回りをガチガチに固めてしまう類のものではなく、とてもしなやかで快適なものです。

今回のシャフトの直接の影響範囲は、フロントホイール・ステアリング・ガソリンタンク周辺までと
(当然ながら)限定的ようですが、今後、ピボットシャフト・リヤアクスルシャフトと主要な三本の柱を
すべて高強度のシャフトに交換できたらと考えると、楽しみが広がっていくようです。

今回は取り急ぎのインプレッションですので、この部品に関して更なるメリットや、予想外のデメリット等ありましたら、また報告させてもらいます。現時点で大変満足しています。ありがとうございました。

《引用おわり》




大変気に入っていただいたようです。ありがとうございます。


GN125Hは、どちらかというと効果がでやすい車両だと思います。

フロントフォークも比較的長いですし、お世辞にも剛性が高い車体ではありませんからね。アクスルシャフトによる締結を強化することでチグハグした動きが抑制され、種々の効果に繋がったのではないか…そのように考えています。


例えば、フロントフォークです。フォークをスムーズに動かそうと思ったら、左右が完全にシンクロしている方がよいはずです。
どちらか一方が動いたり、動かなかったりすると、フォークがたわむ方向に力がかかり、スムーズな動作を妨げるからです。

同じように動いているように見えても、実際はそうではありませんからね。


ブレーキがよく効くようになったのも、左右のフォークがよりシンクロしてストロークするようになったせいでしょう。

シングルディスクで、フロントフォークの剛性が高くない車両の場合、”ディスクがついていない側のフォークオイルの汚れがひどくなる”ことが多いです。
ディスクがある側は、ブレーキをかけることによって動きが抑制されますが、そうじゃない側には揺り動かされるような力が働くからです。結果、シンクロできず、フォークがたわんだ状態でストロークさせられるので、汚れやすくなると。


サスペンションに本来の仕事をさせてやれるようにしてやれば、しなやかに動くようになるのは、なんとなく想像できると思いますし、
サスペンションが仕事をきっちりできるようになるのですから、必ずしも硬くなったり、乗り心地が悪くなるわけではないということです。







さらに追加?で、スイングアームピポットシャフトとリヤアクスルシャフトの製作を検討したいとのこと。
同じシャフトであっても、周辺構造が異なるので、作用する力がかわってきます。どのような効果がでてくるのか、楽しみながらトライいただければと思います。

サンプルを送っていただきましたので、設計に着手します。



にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



「高性能オイル A.S.H. 取り扱っております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-7.html


「各種オリジナルパーツ取り揃えております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-20.html



「Nie's garageのHP」
「作業依頼受け付けてます」

お気軽にお問い合わせ ください。

twitterやってます。出没予告など、色々ぼやいています。IDは「mapleach」。
http://twitter.com/mapleach







スポンサーサイト

Comment

非公開コメント