RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2015.11
10
Category : アクシス90
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



新しい作業場は、飲み屋街のど真ん中ではないけど、はずれでもない場所にあります。

朝の飲み屋街って、妙に静かで閑散とした独特の雰囲気がありますよね。
夜の喧騒とのギャップが妙に心地よかったりして、私は好きです。



さて、周辺環境が変化することで、今までとは違った運転を要求されるようになりました。

ルートの8割は今までと同じなのですが…残りの2割が問題です。

まず、暗い。街灯が極端に少ないのです。夜中でも明るい大阪市内で育った私には怖く感じられて仕方がない…。
交通量の多くないルートは見つけたものの、住宅だらけで見通しが悪いんです。

こういうところでは、何があるか分かりませんので、モサーっとした特性のブレーキでは、心許なく感じられます。
実際、低速でガツン!と強く制動させることが増えました。巡航主体の使い方だと悪くなかったんですが、改良することにしました。





片押しピンスライドは構造上「逃げ」が多いので、ガツっと入力しても効力に反映されづらい特徴を持ちます。

ホースをステンレスメッシュにかえたり、パッドを変えることで、ある程度の改良はできるものの、構造に起因する本質的なところまで変えることはできません。

ですから、まず「片押しピンスライド」を捨て、対向式にする前提をおきました。


物理的な制約もありますので、ピストン径が大きすぎず、キャリパーの幅が広くない条件で探したところ、SUPER JOG ZR用(YG50Z JOG Z/3YK '95-'00)の対向式キャリパーに落ち着きました。

形状を模した安価なキャリパーもあるようですが、純正部品の信頼性には勝てませんので、中古で調達です。
(代表的な台湾のNCYあたりは、普通に使われているみたいですが)

15090431.jpg




私が欲しいのは、ウェットであろうが、砂が浮いていようが、その時々に応じてコントロールが容易で臆することなく操作でき、「最大の効力を容易に引き出すことができる」システムですから、例えば、こういうところから、手をいれます。

レバー形状の見直しです。
★レバーの形状を整えるだけでブレーキフィールが格段に向上
★レバーの形状を整える
★ウィンターグローブにあわせて、ブレーキレバーの形状変更



レバーを握った時に、もっとも力加減ができるように形状を整えています。
これをやらずに理想のブレーキシステムにはならないと断言します。


指が伸び切った状態や、握り切った状態で、握力検査をやりますか?やらないですよね。
すこし考えてみればわかることなのに、ほとんどの方は気にしません。

入力の入り口はレバーです。まずはそこからやるのは至極当然のことですし、ノーマルを基準に考えると、キャリパーの交換なんてのは、先の先にあるものです。


それなりのところまで手を加えてきたが、不足を感じたので「ようやく」キャリパーを交換するわけです。

キャリパー交換の部分だけを切り取って「さもそれが正しい」かのように解釈されるのは、本意ではありません。
よいブレーキにするには、よりよい部品をつければいいんだね…そんなことが言いたくて、この記事を書いているわけでもありません。
話しはそう単純ではないということです。




余談ですが、ロックするかしないかを効力の指標にする傾向がありますね。なんだかなぁ~と思ってしまいます。

いわゆる試験場などでやる「急制動」風に「クソ握り」すれば、大抵のブレーキは十分な制動力を発揮するものです。
しかし、公道で実際走っているときに「さぁ今から目いっぱい握ってね」なんて状況になることは極めて稀です。

ロックをするかどうかで論ずるなど、クソの意味もありません。






入手してから知ったんですが、ボルトオンみたいです。サポートを作らなきゃいけないと思っていたので、助かりましたぁ。
(ちょっと物足りないけど)


パッドは当然交換します。ベスラのメタルパッドにしましょうかね。(たぶんVD-256SJL)
効力の高さ、制動力の立ち上がり特性ともに、今のニーズにマッチするはずです。

15090432.jpg




訳あって、マスターシリンダーとセットになっているものを選びました。ホースの取り出し位置が違うので、ホースは作らないとダメかも。
ちなみに、マスターシリンダー径は11mmで、ノーマルと同じでした。レバーの形状は、これから確認です。

15090433.jpg



作業台もできたことですし、分解して状態確認に進みます。



にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



「高性能オイル A.S.H. 取り扱っております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-7.html


「各種オリジナルパーツ取り揃えております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-20.html



「Nie's garageのHP」
「作業依頼受け付けてます」

お気軽にお問い合わせ ください。

twitterやってます。出没予告など、色々ぼやいています。IDは「mapleach」。
http://twitter.com/mapleach







スポンサーサイト

Comment

非公開コメント