RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2015.10
25
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



お問い合わせをいただきました。

概略はこのようなものです。
「スイングアームピポットに使われてるベアリングがバラバラになってしまった。樹脂のようなものが部分的に無くなっているが、再利用は可能か」


現品をみていないので断定はできないのですが、おそらく「ポリルーブニードルベアリング」だと思います。
私の調べた範囲では、熱固化型グリースを封入したNTNの独自製品のようです。

パッと見、樹脂っぽいものが充填されたニードルベアリングで、比較的新しい車両のリンク周りに採用されているものです。


グリスの飛散を防止でき、また水分が浸入しても、グリスが流出しないなどのメリットがあるようです。

耐荷重もアップしているところからみると、保持具がない分、コロの本数を増やせているのではないかな?と思います。
潤滑性能うんぬんより、こちらのメリットの方が高そうに思います。

しかし、油のように当該部位の"周辺にある部品"の防錆までは担保できませんので、別途オイルシールを設けるのはもちろんのこと、グリース潤滑と併用せざるを得ないのではないかと思います。

お問い合わせにあるように、長く使ったものでは、樹脂っぽいものが欠落し、中のニードルがバラバラになることもありますが、グリースを充填すれば
(本来有する機能を、すべてまかなえるわけではないが)軸受として機能するとは思います。


なお、溶剤(アセトン、石油ベンジン、白灯油など)のかかる条件下では使用できないと明示されているので、洗浄時は洗い油に長時間浸漬することは避け、早めかつ確実にブローする必要がありそうです。



にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



「高性能オイル A.S.H. 取り扱っております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-7.html


「各種オリジナルパーツ取り揃えております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-20.html



「Nie's garageのHP」
「作業依頼受け付けてます」

お気軽にお問い合わせ ください。

twitterやってます。出没予告など、色々ぼやいています。IDは「mapleach」。
http://twitter.com/mapleach







スポンサーサイト

Comment

非公開コメント