RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2015.07
04
Category : セローにPWK
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



近ごろ、セローでお散歩するのが気持ちよくって仕方がありません。

RZも気持ちいいんですが、RZに乗るときにはそれなりの儀式が必要です。
例えば服装。それなりに気を使ってしまうんですね。

これがセローだと、作業服の下に胸部&脊椎プロテクターの入ったベストを着こんで、ブーツを履けばOKです。
ただの汚いオッサンですが、セローだと気になりません(笑)

ということで、セローの走行距離ばかりが伸びてしまいます。





私のセローは、ノーマルのセローとは比べ物にならないほどの中低速トルクを発揮しますので、ノーマルのセローしか知らない人が私のセローに乗ると、大抵「発進でのけぞり」「あわてて2速にいれて、またのけぞり」ます。

ロードだと、すぐに慣れてしまいますし、好ましい面の方がはるかに多いのですが、
「すごいけど、オフロードではどうなんですかねぇ」なんて疑問を突き付けられると、うーむ…と唸ってしまうところもありました。



セッティングにでかけた帰り道のこと。

DT200Rに乗っていたころに走り回っていた林道の入り口がみえました。

帰るつもりだったのですが、気が付けば突入していました(汗)





結論からいうと、笑いが止まらず、帰る気が失せました。

R0019672.jpg




スロットルが開けやすいったらありゃしません。セッティングが進んだせいで、豊かな中低速トルクを柔らかく引き出せるようになっています。

リヤを無駄に流さず立ち上がれます。イン側の足を出さずにズワァーっと滑らかに走ることができます。


登りもいい感じです。

具体的には、低いギヤで、回転数はきっちりあがっているけど、スロットル開度は抑え目な状態です。
このような状況でビャッと吹けたり、失速することがありませんので、過度な緊張を強いられることもありません。


その時々の状況で、元気に走ることもできれば、手綱を緩めて走ることもできます。


敢えていうなら、スタックしてしまった後の発進や、Uターンには若干気を使うかな。
(あくまでノーマルとの比較ですが)


思った以上に気持ちよかったです。再び林道通いをしてしまいそうです(^^)



にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



「高性能オイル A.S.H. 取り扱っております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-7.html


「各種オリジナルパーツ取り揃えております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-20.html



「Nie's garageのHP」
「作業依頼受け付けてます」

お気軽にお問い合わせ ください。

twitterやってます。出没予告など、色々ぼやいています。IDは「mapleach」。
http://twitter.com/mapleach







スポンサーサイト

Comment

非公開コメント